スプリンターズステークスへのガイド: 力と速度の究極テスト
スプリンターズステークスは、グローバルスプリントチャレンジシリーズの第7戦です。 日本の競馬におけるパワーとスピードのテストである理由については、このページをご覧ください。

競馬は一流で辛抱が必要なスポーツで、その性質を決めるのはある程度の構造化された階層です。競馬はどう開催されるかは国によって違いますが、日本はどうその競馬を実施し、勝ったものを褒めるかを見てみましょう。

 

年間予定される21,000の競馬のうち、ジャパンカップは間違いなく競馬カレンダーの頂点にあります。確立された独特のイメージと歴史的なフィニッシュに加えて、このページはもう一つの人気を持つG1競馬(グレード1競馬)のスプリンターズステークスはなぜ力と速度の究極テストであるかについてすべての情報を提供します。スプリンターズステークスは何であるか、それにどんな条件がついてあるのかからどこにあるか、これらすべてとこれ以上の情報が以下に詳しく説明されています。

 

スプリンターズステークスについて

 

スプリンターズステークスはG1平地競馬で最も挑戦的で高く評価されている短距離競馬とグレードステークスといった2種類の競馬がその中心にあります。

 

競馬は多数ですが、距離ベースの2種類の競馬はスプリンツ(短距離競馬)とルーツ/ステイング競馬(長距離競馬)です。前者は馬のフィットネスと胸部と後部(後端)の筋肉量の構成に基づく力と速度のテストです。一方、後者は辛抱、スタミナ、また速度のチャレンジです。

 

その結果、競馬条件に応じて適応される競馬戦略が違うという意味にもなります。数学者によると、短距離競馬に勝つ黄金律は最初は速く走りながら最終走のために力を保つことです。中・長距離競馬の両方には、強くスタートを切り、落ち着き、最後のキックでダッシュした方が勝ち目が良いと思われます。

 

ですから中・長距離競馬の両方に優れるサラブレッド馬が少ないです。それぞれが現場に表示する能力と才能が独特です。スプリンターズステークスの1着馬たちを知るのにもっと読んでください。

 

グレード1ステークス競馬 

 

スプリンターズステークスを他の日本の短距離競馬と離れて置くもう1つの注目すべき要因は、それがグレード式のステークスイベントであるということです。

最初の競馬は1967年であったことと印象的なフィニッシュレコードと偉い対抗馬のおかげで1984年の国内G3 (grade 3ーグレード3)の立場からようやく1990年に国内G1競馬への移動が可能になりました。

 

前述のとおり、競馬は構造化された階層を従います。そのピラミッドの頂上にステークス競馬とハンデキャップ競馬があります。これらは馬の持ち主が出馬登録料、入場料や開始料の料金を払い、それが本賞金に加わっていくイベントです。

 

すなわち、もっとも有能で成功したサラブレッドステーク馬を表示する業界で彼らは最高によりすぐった人です。馬がそうなるためには、条件を満たし克服して、階層に上がるべきです。後者は馬を距離、年齢、性別、勝利数と総収得賞金で分類する物理的要件のセットです。

 

スプリンターズステークスの条件

 

スプリンターズステークスの条件は16頭の3才以上のサラブレッド馬を招待することです。それらは中山競馬場の右の芝に1,200メートル(約6ファーロング)走ります。これは毎年9月下旬や10月上旬に開催されます。50年間に開催されなかった唯一のシーズンは1980年にあります。

 

ただし、体重の具体的な要件は性別・品種・年齢によって違います。日本中央競馬会の公式サイトに掲載されている通り、詳しくは下記通りです。

 

  1. 北半球品種
  • 4才牡馬とせん馬 57キロ
  • 4才子牝馬と牝馬 57キロ
  • 3才牡馬とせん馬 55キロ
  • 3才子牝馬 53キロ 

 

  1. 南半球品種
  • 4才牡馬とせん馬 57キロ
  • 4才子牝馬と牝馬 57キロ
  • 3才牡馬とせん馬 53キロ
  • 3才子牝馬 51キロ 

 

体重が違う理由は馬の仮説的生年月日です。北半球に生まれるサラブレッドは1月1日に公式に年を取るとみなされますが、南半球に生まれた場合は8月1日に年を取ります。

 

ボーナス競馬:世界スプリントチャレンジ

 

2005年から開催されている世界スプリントチャレンジは、オーストラリア、イギリス、香港、日本、ドバイの5つの競馬管轄区域にまたがる10シリーズの評判の高いG1競馬です。2018年までは、賞金が1、200万米ドル以上でした。

 

スプリンターズステークスはこのチャレンジの8番目のレグです。高松宮記念と一緒に日本の2番目のG1短距離競馬です。なお、その前にイギリスのジュライカップがあって、その後にはオーストラリアのザ・エージ・クラシックが続きます。

 

賞金

 

ステーク競馬としてスプリンターズステークスは現在281、800、000円(約2、683、000米ドル)に至る賞金を持っています。以下は1着馬がもらうそれぞれの賞金額です。

 

  • 1着馬   : 130,000,000円(1,238,095米ドル)
    • 馬の持ち主   : 4,000,000円(38,095米ドル)
    • 馬の調教師   : 80,000円(762米ドル)
    • 騎手/調教アシスタント/厩務員: 40,000円(381米ドル)

 

  • 2着馬   : 52,000,000円 (495,238米ドル)
  • 3着馬   : 33,000,000円 (314,286米ドル)
  • 4着馬    : 20,000,000円 (190,476米ドル)
  • 5着馬   : 13,000,000円 (123,810米ドル)

 

現場について:中山競馬場

 

競馬は中山競馬場に開催されますが、2002年と2014年の競馬は中山競馬場のグランドスタンドが改修されていたので新潟競馬場に開催されました。

 

どちらもJRA(Japan Racing Associationー日本中央競馬会)が所有・運営していますが、中山競馬場は東京競馬場に次ぐ日本・世界で2番目に広い競馬場として有名です。さらに良いことに、その最大の資産の1つは、その多角の競馬場です。メイン芝コース、ダートコースと障害(ジャンプ)コースの3つのコースがあります。

 

メイン芝コースは、内回りコースと外回りコースの2つに分かれています。それぞれが別々の距離の競馬に対応します。1200メートル競馬であるスプリンターズステークスは外回りコースに行われるイベントの一つです。対抗馬は200メートルの下り坂から来てコースのバックストレッチにスタートを切ります。そして彼らは右に回って400メートルまで走り、最後の200メートルにある高められた未舗装道にたどりつくまで急カーブを取って300メートル真っすぐ走ります。

 

グランドスタンドについて

 

適切な場所に座っている限り、よくて夢中になるほどの競馬体験に勝つものはありません。イベントの最高のビューを取得できるようグランドスタンドの迅速なウォークスルーをします。大規模な屋根付きポディウムには、6つのレベルと1つの内部区域があります。以下は、各階にあるさまざまな種類の座席と施設です。

 

  • B1F : こちらは1階です。座席はありませんが指定席の切符売り場・レストラン・ファストフード店・ギフトショップや競馬ギャラリーなど多数の施設があります。
  • 1F : 2つの非指定席があります。
  • 2F : シルバー席と1つの非指定席があります。
  • 3F : 4つの指定席(A席、 B席、 K席、 and K席(+i)があります。
  • 4F : 2つの指定席(V席とBOX席) があります。
  • GF : 2つのG席があります。

 

競馬の賭け事に興味のある観客には、各階にベット機、ペイオフ機、パリミューチュエル店員がいます。これらは中央に位置付けられるのが多いので、簡単に見つけることができます。

 

21世紀の1着馬

 

これらが21世紀のスプリンターズステークスの傑出した1着馬です。1994年から、外国で調教されたサラブレッドの馬も受け入れられるようなりましたが、著名なチャンピオンのほとんどが日本の馬です。ロードカナロア、レッドファルクス、グランアレグリアを御覧下さい。

 

2000年 : ダイタクヤマト   

 

1994年に生まれ、ダイタクヤマトはダイタクヘリオスとダイタクブレインズの茶色い馬でした。彼の日本での39回のスタートのうち、10回が1着で、総収得賞金は438,204,000円でした。

 

2001年 : トロットスター

 

トロットスターはダミスターとカルマンシータの茶色い馬でした。スプリンターズステークスを受賞する前、彼は2001年の高松宮記念で勝ちました。

 

2002年 : ビリーヴ

 

ビリーヴはサンデーサイレンス(アメリカ育ちサラブレッド競走馬で父)とグレートクリスティンの茶色い牝馬でした。2003年にもう一度スプリンターズステークスに参加しましたが2着馬として勝ちました。

 

2003年 : デュランダル

 

デュランダルも父はサンデイサイレンスでしたが、母はサワヤカプリンセスでした。彼の競馬キャリアはとても印象的でした。スプリンターズステークスでの2003年のチャンピオンと2回2着馬(2004年と2005年)でありつつ、彼は2003年と2004年にマイルチャンピオンシップにも勝ちました。彼の総収得賞金は503,232,000円でした。

 

2004年 : カルストンライトオ

 

カルストンライトオは、日本で35回のスタートを切り、422,044,000円の総収得賞金を得ました。彼は多数の競馬に参加しましたが、中で注目すべきG1競馬はスプリンターズステークスと高松宮記念でした。

 

2005年 : サイレントウィットネス

 

1999年に生まれたサイレント・ウィットネスは、中国で育てられた優れた黒い短距離騸馬でした。パリのLWBRR(Longines World’s Best Racehorse Rankingsーロンジン世界最高競走馬ランキング)は、2003年から2005年まで彼に世界最高の短距離馬のタイトルを授与しました。

 

2006年 : テイクオーバーターゲット

 

テイクオーバーターゲットは、イギリス、日本、シンガポールでのトップフライトレースで競い勝ったことで有名であるオーストラリア育ちのステークスホースでした。巨額の賞金を別として、2006年に前述のグローバルスプリントチャレンジチャンピオンを完了したため、彼は2005年から2006年までオーストラリアチャンピオンスプリンター賞を受賞しました。

 

2007年 : アストンマーチャン

 

アストンマーチャンはアドマイヤコジーンとラスリングコプスの黒い牝馬でした。彼女は2006年の阪神ジュベナイルフィリーズで2着であったことをおいて、ほぼすべての競馬に勝ちました。

 

2008年 : スリープレスナイト

 

スリープレスナイトはクロフネとワットケイティ―ディッドの黒い牝馬でした。

 

2009年 : ローレルゲレイロ

 

ローレルゲレイロは、キングヘイローによって、ビッグテンビーから生まれました。Laurel Racing Co. Ltdが彼を所有していることから名付けられたものです。

 

2010年 : ウルトラファンタジー

 

ウルトラファンタジーは、オーストラリアで育ち調教を受けたサラブレッド競走馬で、スプリンターズステークスで21世紀の最高齢の1着馬です。彼は8才で競い勝ちました。

 

2011年 : カレンチャン

 

カレンチャンはカレンチャンは、広く成功している日本の灰色の牝馬です。5つの連続競馬に勝って、2011年に彼女はトップクラスの短距離馬になりました。2011年から2021年に亘ってJRAは彼女にベストスプリンターオアミラー賞を授賞しました。

 

2012年と2013年 : ロードカナロア

 

ロードカナロアはスプリンターズステークスで4番目の連続チャンピオンですが、21世紀でそれを達成する最初の競走馬です。その偉業は、サクラバクシンオーを次いで約10年後のことでした。彼は著名な競走馬で、父でワールドクラスのスペシャリスト短距離馬です。主要な勝利の中で、光栄なG1香港スプリントを獲得した最初の日本馬として彼は記録を残しました。2013年にJRAは彼に年度代表馬の賞を授賞しました。

 

2014年 : スノードラゴン

 

スノードラゴンはかなり幅広いキャリアを持っています。2011年から2018年に亘って彼は合計で61回のスタートー8勝と20プレーシングを持っています。

 

2015年 : ストレイトガール

 

名前通り、ストレイトガールは謙譲な対抗馬です。マイナースプリント競馬でゆっくりとスタートを切り、彼女はシルクロードステークスとビクトリアマイルを勝って引退しました。彼女は香港スプリントで3着になりました。

 

2016年と2017年 : レッドファルクス

 

レッドファルクスは、5番目の連続スプリンターズステークスチャンピオンです。 彼はスエプトオーバーボードが父でベルモットから生まれました。

 

2018年 : ファインニードル

 

ファインニードルは、アドマイヤムーンが父でニードルクラフトから生まれました。彼の28回のスタートのうち、彼は1200メートル競馬を9つ、1400メートル競馬を1つ勝ちました。

 

2019年 : タワーオブロンドン

 

タワーオブロンドンは、有名な騎手クリストフ・ルメールが最初に乗ったスプリンターズステークスの競走馬です。彼はレイヴンズパスが父でスノーパインから生まれました。彼は18回のスタートのうち、1200メートル競馬・1400メートル競馬・1500メートル競馬・1600メートル競馬に勝ちました。

 

2020年 : グランアレグリア

 

クリストフ・ルメールが乗っていたもう1頭の馬、グランアレグリアは父であるディープインパクトによって産まれた9番目の産駒の中の1頭です。2018年にG3サウジアラビアロイヤルカップで優勝した後、彼女は有望なキャリアを表示しました。そして2020年に彼女は安田記念、マイルチャンピオンシップ、スプリンターズステークスを勝ちました。これらの業績は彼女に2020年ベストスプリンターオアミラーのJRA賞を与えてくれました。彼女の総収得賞金は720,215,000円です。

 

過去の1着馬

 

1967年から競馬G1イベントは素晴らしいパフォーマンスの圧倒的な記録を持っています。 以下はその過去のチャンピオンです。

 

1960年代

  • 1967年 : オンワードヒル
  • 1968年 : スズハヤテ
  • 1969年 : タケシバオー

 

1970年代

  • 1970年 : タマミ
  • 1971年 : ケンサチオー
  • 1972年 : ノボルトウコウ
  • 1973年 : キョウエイグリーン
  • 1974年・1975年: サクライワイ
  • 1976年 : ジャンボキング
  • 1977年と1978年: メイワキミコ
  • 1979年 : サニーフラワー

 

1980年代

  • 1980年 : サクラゴッド
  • 1981年 : サクラシンゲキ
  • 1982年 : ブロケード
  • 1983年 : シンウルフ
  • 1984年 : ハッピープログレス
  • 1985年 : マルタカストーム
  • 1986年 : ドウカンテスコ
  • 1987年 : キングフローリック
  • 1988年 : ダイナアクトレス
  • 1989年 : ウィニングスマイル

 

1990年代

  • 1990年 : バンブーメモリー
  • 1991年 : ダイイチルビー
  • 1992年 : ニシノフラワー
  • 1993年・1994年: サクラバクシンオー
  • 1995年 : ヒシアケボノ
  • 1996年 : フラワーパーク
  • 1997年 : タイキシャトル
  • 1998年 : マイネルラヴ
  • 1999年 : ブラックホーク