中山競馬場について

5月 7, 2022

Nakayama Racecourse is one of the oldest racecourses in Japan. Nakayama Racecourse has been open to the public since 1990 and is located in Funabashi City, Chiba Prefecture.

中山競馬場は、中央競馬の管理をしている日本競馬協会が所有しています。日本中央競馬会は、中央競馬の管理をし、また国内と海外の馬が競走するさまざまな競馬イベントの主催、競馬の賭けの管理、そして馬の訓練が行われる施設などの運営を行っています。

中山競馬場には、日本国内で最も大きなレースコースがある競馬場の1つです。中山競馬場は165,676人以上を収容できる競馬場です。そして、中山競馬場では、主に国内と国際的な平地競走とジャンプレースが開催されます。

中山競馬場で行われる競馬は国内テレビ局と国際的ネットワークを通じて日本とアメリカで放送されます。競馬を放送する日本とアメリカのネットワークは以下の通りです。

放送ネットワーク 放送日程
テレビ東京 土曜日
フジテレビ 日曜日
TVG ネットワーク (USA) 競馬がある日
NHK 特定の競馬が行われる日

中山競馬場の入場料は、わずか200円です。入場すればすぐに競馬に賭けて観戦することができます。

中山競馬場内には1階から3階にかけ、競馬を観戦できる大きなモニターがあるメディアホールが設けられています。そして子供や高齢者のための設備も充実しています。お子様と一緒に遊べる子供コーナーは無料で利用することができます。

また、中山競馬場内は、多くの屋台やレストラン、そしてベンジャミンプラザ内の喫茶店などの設備が充実しています。

中山競馬場への行き方

中山競馬場は、〒273-0037 千葉県船橋市1丁目1−1にあります.競馬場へ行かれるのであれば徒歩とバスの選択肢があります。

バスを使えば15分でJR西船橋駅に着きます。駅から競馬場へは歩いて30分です。

またJR西船橋から専用地下道を使えば10分で競馬場に着きます。これは、ナッキーモールの動く歩道設備です。

バスに乗り、10分もすると京成東中山駅に着きますので、そこで降ります。その駅から競馬場へは歩いて20分です。

JR武蔵野線船橋の宝殿駅の仮設改札口から地下道で競馬場に直接行くことができます。ただし、これは競馬のある日だけで、かつ駅に駐車していることが利用条件となります。

中山競馬場のレースコース

中山競馬場は、距離が異なる3つのレースコースがあるため、さまざまな競馬が開催されます。コースの詳細は次の通りです。

メインコース

メインコースでは、数多くの競馬が行われます。中山競馬場のメインコースは、芝コースで馬が全速力で走るには絶好のレースコースです。

このメインコースは、内回りと外回りを含む距離がそれぞれ異なるレースコースが3つあります。内回りの距離と幅は以下の通りです。

コース 一周距離 幅員
A コース 1,667 m 20 ~ 32 m
B コース 1,686 m 17 ~ 29 m
C コース 1,705 m 14 ~ 26 m

外回りの距離と幅は以下の通りです。

コース 一周距離 幅員
A コース 1,840 m 20 ~ 32 m
B コース 1,859 m 17 ~ 29 m
C コース 1,877 m 14 ~ 26 m

ダートコース

ダートコースは、競馬場で競走するのが最も難しいレースコースの1つです。日本のダートコースは、アメリカなどの諸外国のように土ではなく、砂から作られているため、レースを走るために、より多くの脚力が馬に必要とされます。

日本のダートコースと比べて西洋諸国のように土でできているダートコースは、地面が硬いため、より小さな力で地面を蹴り走ることができます。そして土で出来たレースコースの方が走調をより良く管理できます。このため、外国の馬は、日本のダートコースで競走する際に地面が柔らかいという難点を克服しなければならないことを意味します。

中山競馬場のダートコースの一周の距離は、1,493メートルあり、幅は25メートルあります。

障害コース

中山競馬場では2つの最大級の国内と国際的な障害競走が開催されます。障害コースにはさまざまなフェンスやハードルおよび障害が配置され、馬はその技量と能力を活かし1着を目指して走ります。

At Nakayama Racecourse, there are two race courses with different race distances for the jump course. There are two courses called O-LIne (O-LIne or lap course) and X-line (X-Line or Tasuki course). The distance and width of the orline are as follows.

Line (lap) One lap distance Width
O line 1,456 m 20 ~ 30 m

The distance and width of the X-line are as follows

Line (tasuki) One lap distance Width
X-line 447 & 424 m 20 ~ 30 m

Nakayama Racecourse Race

At Nakayama Racecourse, not only famous domestic races but also many internationally famous horse races are held. Horse racing held annually includes:

race grade Course and distance
Satsuki Sho Grade 1 Turf course 2000m
Sprinters stakes Grade 1 Turf course 1200m
Arima Kinen Grade 1 Turf course 2500m
Hopeful stakes Grade 1 Turf course 2000m
American Jockey Club Cup Grade 2 Turf course 2000m
Nakayama Kinen Grade 2 Turf course 1800m
Yayoi Award Grade 2 Turf course 2000m
Spring stakes Grade 2 Turf course 1800m
Nikkei Award Grade 2 Turf course 2500m
New Zealand Trophy Grade 2 Turf course 1600m
St Lite Kinen Grade 2 Turf course 2200m
All Comers Grade 2 Turf course 2200m
Stayers stakes Grade 2 Turf course 3600m
Nakayama Kimpai Grade 3 Turf course 2000m
Fairy stakes Grade 3 Turf course 1600m
Ocean stakes Grade 3 Turf course 1200m
Flower cup Grade 3 Turf course 1800m
Nakayama Himba Stakes Grade 3 Turf course 1800m
March stakes Grade 3 Dirt course 1800m
Lord Derby Challenge Trophy Grade 3 Turf course 1600m
Shion Stakes Grade 3 Turf course 2000m
Keisei Hai Autumn Handicap (Autumn) Grade 3 Turf course 1600m
Turquoise stakes Grade 3 Turf course 1600m
Capella stakes Grade 3 Dirt course 1200m
Nakayama Grand Jump Grade 1-Steeplechase Turf course 4250m
Nakayama Daishogai Grade 1-Steeplechase Turf course 4100m

Read more:  The most popular racetrack in the world

Clear