ビッグプレイ:カジノデモンテカルロレビュー
私たちのモンテカルロカジノレビューで密かにギャンブルアートを覗き込めます。 あなたのカードをプレイして、オペラハウスやもっとたくさんのシーンを見てみましょう!

モンテカルロ・カジノは3本のジェームズ・ボンド映画に登場したが、世界で最も人気のあるカジノの1つです。 洗練された中庭やオペラホールもあります。

モンテカルロ・カジノではモナコでの賭けやエンターテイメントをお客様に提供し続けています。 モンテカルログランドシアターとモンテカルロバレエ団本部があります。 モンテカルロのカジノスクエアにあります。

 

 

カジノデモンテカルロへ行く方法とは

 

モンテカルロのカジ丿スクエアには豪華なホテルやレストランがあります。 カジノデモンテカルロもここにあります。 ・ホテルデパリモンテカルロはカジノモンテカルロ徒歩で行けるホテルの1つです。 カジノデモンテカルロの近くをご希望の場合は、カジノスクエアのどのホテルでもご利用いただけます。

モナコには空港がありません。 モンテカルロに旅行する場合は、フランスのニース空港からこの地域に行かなければなりません。 オプションは次のとおりです:

1. ニース空港からカジノモンテカルロまで110エクスプレスバスライン(7~24ユーロ)でご利用いただけます。 バスで約45分かかります。
2. モンテカルロまで電車(7-12ユーロ)で行きたい場合は、52、23、94、N4、70番のバス路線(7ユーロ)でサンローランデュヴァールまで行けます。 列車を降りると、ジノスクエアにあるカジノデモンテカルロまで徒歩で行けます。
3. ニース空港の送迎サービス(21ユーロ)を利用して、カジノデモンテカルロに直行できます。 ニース空港で110番急行に乗ります。

 

 

カジノデモンテカルロの内部

 

カジノそのものに加えて、ビルの中庭や劇場も見学できます。カジノデモンテカルロは単なるギャンブルではなく、世界中からの観光客を定期的に受け入れています。

カジノデモンテカルロの内部と外部の両方は鮮やかなビュティーアートを持っています。 18世紀初頭に用いられました。 壮大な出入り口、平らな屋根、複雑な窓のデザインを通して分かることができます。 高い天井と金色の装飾が施された壁は、この建物の多くの部屋の特徴です。 いずれもビュティーアートスタイルの特徴です。

建物の内部には様々なアイボリーのマーブルの柱があります。 大半の部屋は特にカジノのプライベートゲームルームには重厚な金枠のついたアートワークも並んでいます。

カジノデモンテカルロは午前9時から午後1時まで見学可能です。 カジノのギャンブルルームやオペラハウスも見学できます。 スロットマシンは早くも午前10時にオープンしています。 午後2時から他のカジノゲームを始めます。

 

アトリウム

ビルに入ると、中庭はあなたを歓迎します。 広々とした間取りで、アイボリのマーブルの柱と複雑なデザインのガラス製の天井が特徴です。

中庭からは2階の壮大な欄干も見えます。 ビルのラウンジとして、中庭がゲームセンターや大劇場にご案内します。

ポップアップアート装置は年に2~3回、中庭で展示されています。 入場料も年齢制限もありません。 未成年者も自由に中庭を見学できます。 中庭内には土産物店も併設されています。 開館時間は午前9時~午後2時までです。

 

カジノデモンテカルロギャンブルルーム

カジノにはオープンギャンブルルームフロアプランです。 高い天井に大きなシャンデリアや油絵が飾られたギャンブルルームがあります。 中庭から見た黄金のアクセントはカジノのギャンブルルームの壁でも見ることができます。  

カジノでは以下のゲームをプレイできます: 

1.ブラック・ジャック 
2.クラップ

3.イングリッシュルーレット

4.フレンチルーレット

5.スロットマシン

6.ポーカーテキサスホールデムアルティメット

7.プント・バンコ

8. 30および40

9. カジノデモンテカルロには100台のスロットマシンがあります。 さらに、モナコでクラップ、フレンチルーレット、30と40を提供する唯一のカジノです。

 

入場料は不要ですが、午前9時から午後1時までの間はアドミッションフィを支払う必要があります。 大人は14~17ユーロ、子供は6~8ユーロです。 入場料を払えば、カジノ内のさまざまなプライベートゲームルームを見学することもできます。  

プライベートゲームルームやプライベートラウンジを除き、この部屋からあの部屋まで簡単にカジノゲームを見学できます。 ほとんどのカジノのゲームルームは相互接続されているので、簡単に探検できます。  

カジノデモンテカルロには、次のようなギャンブルルームがあります: 

1.サルルネッサンス

2. サールヨーロッパ 
3.サールデアメリキュズ
4.サレブランシュ 
5.サールメデチエン
6.サールズ・トゥーゼット(北室と南室) 

 

サールルネッサンス

サルルネッサンスはすべてのプレイヤーに開放されているゲームルームの1つです。 ここは3つカジノ部屋のうちの1つで、スロットマシンで遊ぶことができます。 自分のバーもあり、遊びながら飲み物を注文することができます。  

ゲ入り口はカジノの中庭です。 サルルネッサンスを経由すれば、カジノ内の他のゲームセンターを見ることができます。  

午前9時から午後1時まで、サルルネッサンスを訪れることができます。 ゲームは午前10時から開始します。 午後7時までは、ギャンブルルームでは半ズボン、Tシャツ、ジャージの着用は禁止されています。  

 

サレブランシュ

サレブランシュはカジノデモンテカルロにある専用のプライベート・ゲーム・ルームです。 テーブルゲームをしながら海の景色を楽しむことができます。 モザイクバーもあり、プレイヤーに飲み物を提供しています。  

マイモンテカルロ・ロイヤルティ・プログラムのメンバーだけがサレブランシュでプレーできます。 ただし、会員でない場合、午前9時から午後1時までサレブランシュを訪れることができます。 プライベートゲームは午後2時から始まるので、ご注意ください。 また、男子プレイヤーは正式なジャケットを着用する必要があります。 

 

サールヨーロッパ

サールヨーロッパはジェームズ・ボンド映画シリーズに登場したことがあって、カジノデモンテカルロで最も人気のある部屋です。 午前9時から午後1時まで見学でき、ゲームは午後2時に始まります。全てのカジノプレイヤーに開放されています。  

カジノのゲームホールの真ん中にあるので、簡単に見つけることができます。 サールヨーロッパはカジノのレストランレ・トレイン・ブルとサロン・ローズにも直接アクセスできます。 木曜日の夜にはライブミュージックを楽しむこともできます。  

サールヨーロッパではスロットマシンやテーブルゲームを楽しむことができます。 ここはクラップできる唯一のところです。 

 

サールデアメリキュズ

サールデアメリキュズもすべてのカジノプレイヤーに公開されています。 このギャンブルルームはスロットマシンに特化しています。  

男子プレイヤーは正式なジャケットを着なければならないです。 ただし、ルーム内ではダーク・ジーンズとカジュアルなスマート・スニーカーを履くことができます。 

 

サールメデチエン

サールメデチエンはVIP専用のテーブルゲームを楽しめるプライベートなラウンジです。 ギャンブルルームには地中海を一望できる大きなテラスがあります。  

カジノデモンテカルロの特別イベントがここで開催されています。 サール・メデチエンで開催されるイベントにはガラ、コンサート、スペシャル・ダイニング・イベント、国際ボクシングチャンピオンシップなどがあります。  

当ラウンジの会員でない方は、毎日午前9時から午後12:30まで当ラウンジを訪れることができます。 

 

サールズ・トゥーゼット 

サレス・トゥーゼットはカジノデモンテカルロトーナメントが年中開催される場所です。 ゲームルームには2つのプライベートラウンジがあります。  

サレス・トゥーゼットではルーレット、パントバンコ、ブラックジャックなどのテーブルゲームができます。パントバンコトーナメントのプライズプールは100万ユーロに達することができます。 当ラウンジの会員でない方は、毎日午前9時から午後1時までご来場いただけます。 

 

オペラガルニエモンテカルロ

オペラガルニエモンテカルロはサル・ガニエとしても知られ、1879年1月25日に一般公開されました。 長年、多くの国際的なスターがオペラハウスで公演してきました。 国際的なスターの中にはプリンス、ライオネル・リッチ、ラナデル・レイがいます。  

このオペラはカジノデモンテカルロのジュエリーと呼ばれています。優れた音響とグランドな内装デザインを持っているからです。 赤いベルベットのカーペットで飾られ、入念にペンキが塗られた高い天井、特別なゲストのための豪華なバルコニーが飾られています。 同時に324人収容できます。

モンテカルロ・ジャズ・フェスティバルは毎年オペラ・ホールで開催され、世界で最も偉大なジャズ・ミュージシャンが参加します。  

 

 

ダイニング

 

カジノデモンテカルロにはバーやレストランがあり、飲み物や料理を楽しむことができます。 カジノ内にあるレストランにはル・トライン・ブル、ル・サロン・ローズ、カフェデ・ラ・ロトンデなどがあります。

 

 

カジノデモンテカルロでのレストラン

 

ル・トライン・ブル

プレイスデユカジノを見下ろすこのレストランでは野生の魚やラングスティン、その他の種類のシーフードを豊富に取り揃えた地中海メニューを提供しています。 シェフティエリー・セズ・マンザナレスは料理の品質を包括的に管理しています。  

このレストランは20世紀初頭の列車食堂の完璧な複製品です。木製品と実色を使用しています。 ル・トライン・ブルは毎晩7時から深夜までやっています。 

 

ル・サロン・ローズ

レ・サロンローズではアジアと地中海の融合料理を正午から午後11:45まで提供しています。 サラダ、パスタ、タルタル料理も楽しめます。 より完璧な料理体験をお望みなら、レストランのソムリエに、あなたの料理に合う最高のワインを注文してください。  

イタリアの芸術家マッシミリアーノ・ギャレリの作品レス・フミュエスはレ・サロン・ローズで展示されています。 ル・サロンローズで30ユーロを消費した場合、カジノ・ゲームセンターの入場料10ユーロが払い戻されます。 しかし、1人当たり30ユーロなので、ご注意ください。  

ルサロンローズの食事のクオリティもシェフティエリー・セズ・マンザナレスが管理しています。 

 

カフェデ・ラ・ロトンデ

中庭にあるカフェデ・ラ・ロトンデでは、コーヒーからカクテルまで、さまざまな種類の飲料を提供しています。 また、チップ、マフィン、アイスクリームなどのスナックも提供しています。  

このカフェのカクテルはVesper Casino Royal(カジノロイヤル)、Mint Julep(ゴールデンアイ)、Rhum Collins(サンダーボール)など、ジェームズ・ボンド映画のドリンクを元にしています。 

 

 

カジノデモンテカルロ以外のダイニングオブション

 

カジノデモンテカルロはカジノスクエアの中心部に位置し、近くに高級レストランやバーがあります。 カジノ近くのレストランにはルルイXV、マダワン、サールエンパイアなどがあります。

 

ルルイXV

ル・ルイスXVはシェフのアラン・ダッカースが運営しているフレンチレストランです。 ミシュラン3つ星付きで、世界でもトップクラスのレストランの1つとされています。 このレストランのワインセラーも40万本のワインを持っているので人気があります。

 

マダワン

マダワンは新しくオープンして地中海とカリブ海料理のヘルシーなメニューを提供するレストランです。 マルセル・ラヴィンが所有していまして、朝食、昼食、夕食、飲み物を提供しています。

 

サールエンパイア

サールエンパイアは地中海、ヨーロッパ、フランスの料理を提供しています。 ここは19世紀末の史跡として登録されています。 その時から、久しく名声を博していた文芸のガラがここで催されていました。

 

 

泊まり

 

カジノデモンテカルロはホテルを持ってないですが、カジノの近くには宿泊可能なホテルがあります。 ホテルエルミタージュモンテカルロ、ホテルドゥパリモンテカルロ、モンテカルロビーチです。

 

ホテルエルミタージュモンテカルロ 

カジノデモンテカルロから徒歩4分にあるホテルエルミタージュモンテカルロはミシュランの星付きの豪華なホテルです。海の景色も見ていますが、プライベートビーチへアクセス可能です。

 

ホテルドゥパリモンテカルロ

この国際的に有名なホテルは4年のリニューアルを経て、昨年2018年に再オープンしました。 現在のホテルにはレストラン・ルイXV、6600平方メートルのスパとプールがあります。

 

モンテカルロビーチ

モンテカルロビーチは長年の持続可能性を評価して、2014年にグリーン・グローバル認定を取得しました。 インドマハダビによって設計されたこのホテルでは、パラシュート、Flyboard®、オイルパイプなど、さまざまなウォータースポーツも提供しています。

 

 

歴史

 

計画と建設は1850年代後半に始まりましたが、カジノが初めてオープンしたのは1863年でした。 モナコ王室は破産寸前のロイヤル・グリマルディを救うためカジノを開くことを思いつきました。  

フランソワ・ブランコは1863年にカジノを経営した最初の男でした。 彼はブラジル商業銀行(SBM)の創設者の一人です。 現在でもカジノやその他の豪華なホテル、レストラン、バーを所有しています。  

ゴビノ・デラ・ブレットンナリは初めてカジノを設計した建築家です。 彼は同じくカジノプラザにあるパリのホテルを設計したことで知られています。  

カジノデモンテカルロは1978年にヨーロッパで認められてから拡大を開始しました。 建築家ジュールズ・ドゥトルとチャールズ・ガニールはこの建物を以前よりも豪華に見せるように改造しました。 ガーニエもパリ・オペラの建築家です。 

 

 

カジノデモンテカルロトリビア

 

1. ローマ教皇レオXIIIはカジノデモンテカルロの初期の著名投資家の一人でした。  
2. パーキングボーイは「遺体安置所」と呼ばれる小さな部屋で休憩します。 この小さな部屋は家を失った後にカジノで自殺した客の遺体を一時的に保管するために使われていました。  
3.  カジノデモンテカルロには36000ペアのカードがあります。 使用しない場合は、20℃の恒温室に保管しています。 これはシャンパンを保管している部屋と同じ温度です。  

 

 

 

関連記事:

 

世界中のすべてを訪問する土地のカジノ

 

モンテカルロの完璧なシナリオ:カジノともっと