アーク賞とは?
アーク賞とそこで競走する馬ははどのようなものか見てゆきましょう。また賞金額はいくらか、そして競走で勝利した注目すべき馬についても学んでゆきましょう。

アーク賞は、以前凱旋門賞と呼ばれていました。ヨーロッパではエプソムダービーの次に有名な平地競走で1920年に始まり、毎年10月の第1週の日曜日に開催されるグループ1(日本のグレード1に相当する)トーナメントです。

 

このフランスのアーク賞の最も有名なスローガンの1つに2013年に公開された「Ce n'est pas une course, c'est un monument」がありますが、それを訳すと「アーク賞は単なる競走’ではなく、記念碑である」という意味になります。

どうしてこのようにアーク賞が表現されたのかは、世界的に大変有名な記念碑である凱旋門にちなんで命名されたからです。このアーク賞で競い合う馬は、3歳以上のサラブレッドの馬で、アーク賞の特定された必要条件を満たす限り外国産でフランスで調教された馬が参加できますが、せん馬は、競走に参加することができません。

3歳のサラブレッドには56,5㎏の負担重量が課せられ、4歳以上の馬には59㎏以上の負担重量が課せられ、牝馬には1.5㎏の負担重量が課せられます。

フランスのアーク賞で競走するほとんどの馬は、その年の競馬産業でベストであると高く評価されます。さらに、アーク賞で勝利を収めるような馬は、しばしばチャンピオンの馬であると考えられますが、これはサラブレッド種の他の馬に対して第1級の馬であることを意味します。

 

 

アーク賞の賞金

 

フランスのアーク賞は、賞金総額が2018年時点で500万ユーロ(およそ6億1千125万2千517円)と高額のため、オーストラリアのエベレスト杯に続いて世界で2番目に高い賞金額で、芝生面での競走です。

このアーク賞の優勝馬は、285万7千ユーロ(およそ3億4千926万9千688円)を獲得することになります。

 

 

アーク賞の競馬場のレースコース

 

アーク賞は、フランスのパリにあるロンシャン競馬場で毎年開催され、サラブレッドの馬は2,400メートル(1.5マイル)の右回りの芝生面の競馬場を疾走します。ほとんどの競馬場は、左回りですが、この競馬場では右回りです。

 

 

アーク賞の注目すべき馬

 

アーク賞で優勝する馬は、チャンピオンであると考えられているため、それらの馬は、全て優秀な馬であることを意味しますが、アーク賞の歴史の中で長い年月にわたり注目すべき記録を残した数頭のサラブレッドの馬がいます。それらの馬は、ファウンド、モトリコ、およびクサールです。

ファウンドファウンドは、2016年に凱旋門賞を制覇したアイルランドのサラブレッドの牡馬で、その凱旋門賞で優勝した時は、2分23秒61ミリ秒でフィニシュし、最速の記録を塗り替えました。

モトリコモトリコは、1930年と1932年の2回アーク賞を制覇したため、アーク賞で優勝した最も注目すべき馬の1頭となり、さらにアーク賞で2回目に優勝した時は、7歳の時で、これは最年長の馬でるも知られています。

クサールクサールは、1921年と1922年の2回アーク賞を制覇したため、アーク賞で優  勝した最も注目すべき馬の1頭となり、また1931年にフランスのすぐれた種牡馬賞が授   与されました。

 

 

どこで賭けたら良いのでしょうか?

 

アーク賞に賭けることができる競馬産業のスポーツベッテングサイトを知りたいのであれば、徹底的なレビューを提供するGamble.jpが紹介するブックメーカーを是非ご覧ください。あなたにピッタリのオンラインスポーツブックをぜひ見つけてください!

 

 

続きを読む: 世界各地で開催される知っておくべき競馬レー