人種

ブックメーカーを使って2022年秋華賞実践してみました

目次 1.秋華賞2022年のレース概要と日程 2.秋華賞2022年のブックメーカーオッズ比較 2.1 bet365 2.2 Sportsbet.io  2.3 JRA 3.実践結果 1.秋華賞2022年のレース概要と日程  秋華賞とは、2022年10月16日に阪神競馬場で行われる、3歳牝馬の3冠レースの最終戦です。今回は様々なブックメーカーを比較して実践プレイをしてみようと思います! 2.秋華賞2022年のブックメーカーオッズ比較 2.1 bet365 Bet365 odds オッズ表画像(2022年10月12日日本時間18時時点)  イギリス有名なブックメーカーの1つであるbet365が発表している秋華賞2022年の最新オッズは以下の通りです。 2.2SportsBet.io SportsBet.io オッズ表画像(下記は別レースです後日編集します)  スポーツベットアイオーは凱旋門賞に唯一仮想通貨で直接賭けることができるブックメーカーです。オッズが固定されているブックメーカー方式と日本の競馬と同じパリミュチュエル方式を選ぶことができます。複数に賭けてオッズを上げる(ブースト)ことができる「プライスブースト機能」も競馬で利用可能です。 2.3 JRA NETKEIBAより参考。(2022年10月12日日本時間18時時点)JRAからは前日より情報解禁。 3.実践と総評 私が実践した後に再度編集します。 今年は、秋華賞当日の午前中に雨予報が出ている為、不良馬場での競争がどうなるか予想を付けづらいです。  今回私が注目している馬を紹介します。 https://db.netkeiba.com/horse/2019104740/ 出典netkeibaより 桜花賞、オークスで勝利し、牝馬2冠となっている。 オークスからケガで休養中であるが、時間をかけて万全の体制で牝馬3冠勝負に臨む。 2020年のデアリングタクト以来三冠牝馬となるか楽しみです。 ウマ娘的予想  競馬の参考にあまりなりませんが、ウマ娘プリティダービーという日本のソーシャル育成ゲームがあります。実際の競馬をモチーフにしたゲームです過去にG1優勝等を果たした有名な馬を擬人化、ただしこれまでの競馬のゲームと違い美少女化して、プレイヤーがトレーナーとして育成して日本の名立たるレースに勝利することを目指すゲームです。  そこでプレイアブル化している馬(ウマ娘)の血統馬を紹介しましょう。知名度や現地での声援などで、もしかしたらあなたの馬券やオッズに絡むかもしれません。

天皇賞とは?

天皇賞は、1938年に最初に開催されて以来年2回開催される日本の競馬競走トーナメントの1つです。毎年春と秋に国際的なグレード1のレースが開催されます。 春の天皇賞は、4歳以上のサラブレッド馬だけが出馬することができます。必要とされる資格を満たせば外国の馬も国内の馬も参加することができます。馬には58㎏の負担荷重が課せられますが、4歳以下の牝馬と5歳以上の5歳以上の牝馬には、2㎏の免除(減量)があります。また2015年に生まれ、育成された南半球のサラブレッドの馬には1㎏の免除(減量)があります。春の天皇賞に参加する馬の指名は、3月中旬から競走に出馬する最終馬が発表される数日前まで行われます。競走が始まる数日前にアナウンスされるまで行われます。 春の天皇賞は、3歳以上のサラブレッドの馬のための平地競走で3歳の馬には、56㎏の負担重量が課せられ、一方4歳以上の馬には58㎏の負担重量が課せられます。また4歳以下の牝馬と5歳以上の牝馬、および2016年に南半球で生まれ、育成された馬には2㎏の免除(減量)があります。 秋の競走はしばしば10月後半に開催され、一方競走する馬の指名は、9月始めに始まります。競走に参加する最終馬は、通常レースが始まる数日前にアナウンスされます。 春の天皇賞も秋の天皇賞のいずれも競走に参加することができる外国馬の頭数は、特定されていませんが、春の天皇賞も秋の天皇賞も同じ18頭の馬で開始されます。 天皇賞の賞金 京都で春に行われる天皇賞と東京で秋に行われる皇賞の賞金は、馬が走る距離が違うのに同じ賞金額で、各競走の賞金総額は3億2千500万円(およそ1万304千米ドル)です。 春と秋の天皇賞の勝利馬には、1億5千万円(約130万4千米ドル)が与えられます。 天皇賞の競馬場 春の天皇賞は毎年京都競馬場で開催され、日本中で一般的に見られる左回りでなく、右回りのコースです。ここで、馬は3,200メートル(約16ハロン)の距離の芝生面を疾走します。 一方、秋の天皇賞は、毎年東京競馬場で開催されます。この競馬場は、日本を含むアジアとヨーロッパ中で最も一般的に見ることができる左回りです。サラブレッドの馬は、2,000メートル〈訳10ハロン)の距離の芝生面を疾走します。 天皇賞で最も注目された馬 日本の春と秋の天皇賞の両方は、国産馬と外国の馬が競走する最も名誉のある競走の1つと考えられます。つまり、競馬場で、技術、スピード、および能力を示した多くの注目された馬がいたと言うことです。 その注目された馬は、メジロマックイーン、トーセンジョーダン、キタサンブラックです。 メイジロマックイーン→ メイジロマックイーンは、1991年と1992年に春の天皇賞を制覇した数頭の馬のうちの1頭で、最初に優勝した時は3分18秒8ミリ秒で完走し、2回目に優勝した時は3分20秒以内で完走しました。 トーセンジョーダン→トーセンジョーダンは1回目に秋の天皇賞を制覇した時は5歳でした。このサラブレッドの馬は、1分56秒1ミリ秒で完走して有名になりました。 キタサンブラック→ キタサンブラックは、春と秋の天皇賞の両方を制覇した国内産のサラブレッドで、2016年と2017年に春の天皇賞を制覇し、さらに2017年に秋の天皇賞をも制覇しました。 どこで賭ければ良いのでしょうか? 天皇賞に賭けるのに使うことができるスポーツベッテングサイトは多数ありますが、ベストのスポーツブックを知りたいのであれば、情報満載なレビューを提供しているGamble.jpが紹介しているブックメーカーを是非ご覧ください。ゆっくりとくつろいで、オンラインブックメーカについて知らなければならないすべてを一目で簡単にチェックすることができます。 続きを読む: 世界各地で開催される知っておくべき競馬レー

東京優駿(とうきょうゆうしゅん)とは?

東京優駿は、日本の最も有名な平地競走の1つで、日本ダービーとも呼ばれています。1932年に始まり、イギリスのエプソムダービーと同等の大きな競馬イベントです。 東京優駿はまた日本トリプルクラウンの2番目の競走であるとも考えられ、1着を制覇した馬に与えられる賞です。1番目の賞は皐月賞で、3番目の賞は菊花賞です。 このトーナメントで競走するのは、サラブレッドの4歳以下の牡馬と4歳以下の牝馬で、せん馬は出馬できません。 日本は、国際競馬当局連盟のICSパート1カテゴリーに加盟しているので外国産や訓練された馬も出馬できることができます。つまり、海外の馬は、日本競馬協会(JRA)が開催する競馬に出馬することができますが、JRAのすべてのグレードの「ブラックタイプ」の競走だけに出馬することができます。 日本ダービーでは4歳以上の牡馬には57kgの負荷重量が課せられ、また4歳以下の牝馬には55㎏の負荷重量が課せられます。 皐月賞で上位5着に入賞した馬は、日本ダービーに出馬することができます。また青葉賞に2着以内で入賞した馬だけがこの日本ダービー出場の優先権が与えられます。そして、プリンシパルステークスに1着で入賞した馬には出馬権が自動的に与えられますが、京都新聞杯やNHKマイルカップなどに勝っても日本ダービーに出馬することはできません。 地方競馬協会(NAR)の馬もまた、日本ダービーに出馬することができます。日本ダービー以前にグレード2またはグレード3で勝利したサラブレッドの3歳馬も出馬することができますが、東京優駿に出馬できる馬は、最大18頭と決められています。 東京優駿の賞金 東京優駿の賞金は、日本の平地競走では最高額のうちの1つで、その賞金額は4億3千200万円(375万7千米ドル)です。2017年時点での1着の馬の賞金は、総額2億円(173万9千米ドル)で、残りの賞金は2着から10着で入賞した馬に分割されます。 東京優駿の競馬場のレースコース 日本ダービーは、東京府中市にある東京競馬場毎年開催され、12ハロン(2,400メートル、注:1ハロンは201メートル)にわたって熱戦が繰り広げられます。東京競馬場のコースは、馬が走りやすい芝面の左回りで、これは平地競走と障害競走では最も一般的な馬場(表面素材)の1つです。 東京優駿で最も有名な馬 東京優駿に出馬するほとんどの馬は、日本と外国でベストの馬のうちの1頭で、この競走で1着となる馬は、しばしば2分30秒の好タイムでゴールインします。1994年からの記録をさかのぼり、最短時間でゴールインした馬は、ロジャーバローズです。 ロジャーバローズは、2019年の日本ダービーに出馬し、1着を勝ち取った国産のサラブレッドの競走馬で、2分22秒でゴールインしました。 どこで賭けたら良いのでしょうか? この競争で賭けるのに使うことができるスポーツベッテングサイトは多数ありますが、ベストのスポーツブックを知りたいのであれば、Gamble.jpの包括的なレビューを是非参照してください。ランドカジノレビューやオンラインカジノレビュー情報が満載したものを提供しております。 続きを読む: 世界各地で開催される知っておくべき競馬レー

有馬記念とは?

Arima Kinen is one of two “all-star” flat races in Japan, known as the Nakayama Grand Prix when it was established in 1956, and is now the founder of this race. The name was changed to Arima Kinen after Yoriyasu Arima. 有馬記念は、3歳以上のサラブレッド馬のためのグレード1競走で、外国産の馬でも日本で調教されれば競走に出馬できる競馬競走の1つです。この競走は、日本秋季トリプルクラウンを獲得するために勝たなければならない競走でもあります。 有馬記念で熱戦を展開するほとんどの馬は、競馬ファンからの大多数の投票によって指名されます。このような馬の指名にはお金がかからないので、何千もの日本の人々は、投票に’参加します。 国産と外国産のサラブレッドは、3歳馬には55㎏の負担重量が課せられ、4歳以上の馬には57㎏の負担重量が課せられ、そして4歳以下の牝馬と5歳以上の牝馬、および2016年内に南半球で生まれ、育てられた3歳のサラブレッドには2㎏の負担重量の免除(減量)がありますが、負担重量は過去に何度も変更されました。 またこの有馬記念には何頭の外国の馬と国内の馬が出馬することができるのかについての制限はありませんが、競走に出馬できる最大頭数は、16頭と制限されています。 有馬記念の賞金額 有馬記念の賞金額は、日本の平地競走の最高額の1つでもあり、総額6億4千800万円(563万5千米ドル)です。 有馬記念の優勝馬は3億円(260万9千ドル)を獲得することができます。 有馬記念の競馬場 有馬記念は、毎年12月後半に開催され、競走の指定は毎年11月の始めから競走が行われる数日前までです。 サラブレッドの馬は、勝つために2,500メートル(12.5ハロン)を疾走します。馬は、芝生面の競技場を疾走しますが、芝生面は馬が短距離を疾走するのを容易にします。 有馬記念で有名な馬 有馬記念で2回優勝した馬は全部で6頭です。有馬記念で競走し、有名になった色々な馬がいますが、そのスピード記録で追従を許さない1頭の馬がいます。 それは、ゼンノロブロイと呼ばれている馬で2004年の有馬記念の優勝馬です。コースを2分22秒5ミリ秒で完走し、引退後種牡馬となりました。 どこで賭けたらよいのでしょうか? …

有馬記念とは? Read More »

中山大障害とは何でしょうか?

Nakayama Daishogai is one of the oldest and most prestigious horse races in Japan, and horse racing known as Nakayama Daishogai began in 1934 for all domestic thoroughbred horses. Initially, it was called Daishogai Special, but later it was renamed Nakayama Daishogai. 中山大障害は、1999年に中山大障害が中山グランドジャンプと再び名前が変更されるまで、当初は毎年2回春と秋に行われていました。 これは3歳以上のサラブレッド馬の日本のグレード1の競走です。この中山大障害に出馬するためには、3歳馬は61kg、4歳馬以上は63kgの負担重量が課せられます。しかしこれには許容制があり、4歳以下の牝馬と5歳以上の牝馬には、それから2kg免除(減量)があります。 中山大障害は、国際的な障害ジャンプ競走です。つまり、外国産の馬と訓練を積んだ馬が出馬を許されています。このトーナメントに何頭の馬が出馬できるかの規定はありませんが、毎年競走する馬の最大数は16頭と限られています。 中山大障害の賞金 中山大障害は、日本の障害競走で最も賞金額の多い競走の1つで、賞金額は総額1億4千266万円(およそ124万522米ドル)です。この額と同様な金額が馬と騎手と調教師が中山グランドジャンプで獲得できる賞金です。 1着から10着でゴールインで入賞した馬の賞金は以下の通りです。 着順   賞金額 1着 66,000,000円 2着 26,000,000円 3着 …

中山大障害とは何でしょうか? Read More »

エンデュランスレースとは?

エンデュランスレース(耐久レース)競走とは何でしょうか?またどのような仕組みのレースなのでしょうか?エンデュランスレースコースや良く使われる馬の種類など、エンデュランスレースついて紹介します。 一般的に、すべての競馬競走が短時間に完了すると思われますが必ずしもそういうわけではありません。より長い時間をかけて馬が走る競馬もあります。このようなレースは、管理された長距離のレースを通じて馬の耐久性を試すために設けられており、一般的にエンデュランスレース(耐久レース)として知られています。 厳密に言うと、この種のレースは長距離の競馬として行われますが、エンデュランスレースは、ほとんどの国々で一般的であるため、長距離レース自体がエンデュランスレースとしてしばしば知られています。 エンデュランスレースは、他の競馬の形態と同じものであると捉えてはいけません。その最大の違いは、馬と騎手のスタミナがレースに勝つために重要な要素であると考えられている点です。また、スピードも重要です。しかし、レースが行われている間、そしてレース後の馬の健康が、この競走において一番重要で、なおかつ必要とされる大きな要素とされています。健康状態が一番と考えられている理由は、1着になった馬が、レース後健康が良くないと優勝を失うことがあり得るからです。 エンデュランスレースは、国際馬術連盟(FEI)によって承認された馬術規律の1つです。 国際馬術連盟 FEIは、すべての馬術スポーツの国際的な運営団体です。これは、スポーツリーグの運営団体と同様のもので、FEIは、行動規範を設定し、馬の福祉を保護し、またイベントを管理します。 現在、FEIの会員である136の全国馬術連盟があります。これには、日本エンデュランスレースも含まれています。 定期的およびパラ馬術競技における地方運営団体の範疇に入る8つの規範は次の通りです。 ドレッサージュ(馬場馬術)→これは最も高度の形態の展示および競技用の乗馬の1つです。これは芸術的な競技としてと考えられています。 エンデュランスレースは、FEIにより認められていますが、競馬はまだ認められていません。これは、FEIが競馬の規則を作らないからです。さまざまな国のすべての地方団体にその責任があります。 長距離レースには、馬が参加し、賭けることができるさまざまな形態があります。その主な形態は、コンペティティブトレイルライディングとエンデュランスライドと呼ばれているものです。 コンペティティブトレイルライディング コンペティティブトレイルライディング (CTR)は、一種の馬術スポーツです。このスポーツでは、1日に15~40マイルもの距離を馬が走ります。ほとんどのCTR競技は1日以内に終了します。しかし、この種のレースの中には、馬と騎手が通過しなければならないコースが長いため、3日以上続くものもあります。 CTRの主な目的は、騎手と馬の間のパートナーシップを示すことです。 コンペティティブトレイルライディングには組織により開催される2種類のものがあります。時間を競う競技の場合、ペースレースと呼ばれており、そして時間を競わないCTRの場合、ジャッジドトレイルライドと呼ばれます。 またトレイルライディングには、さまざまな種類があります。その理由として、どの馬が勝つのか決定するのにスピードの他に考慮された他の要因があるためです。 例えば、馬の状態および獣医師が検査する間に回復する能力などが考慮されます。これは、馬が時間内に完走することができない可能性があるため重要なポイントとして考慮されます。さらに、レース中の馬のパフォーマンスやマナーなども考慮されます。これらすべての要素は、馬の順位を決定するのに考慮されます重要な要素です。 ほとんどのCTR競技は、公共の土地で開催されますが、私有地で開催されることもあります。 エンデュランスライド エンデュランスレース競技を開催するさまざまな組織や団体があります。この中には高齢者向けFEI世界エンデュランス選手権を管理するFEIなどが含まれます。そして世界中の他の組織でも、エンデュランスレーストーナメントが開催されます。 日本では、2000年からエンデュランスレースの管理をしてきており、通常、北海道で開催されてきました。ほとんどの馬産業が北海道に所在するため、レースは北海道で行われますが、日本の他の地域でもエンデュランスレースは行われます。現在、FEIのもとで2019年にて静岡県の伊東で2つのエンデュランスレース競技が計画されています。 エンデュランスレースには、4歳の馬が出馬することができます。そして高齢者の騎手だけがレースに参加することができます。 リミテッドディスタンスライド リミテッドディスタンスライド(LD)は、エンデュランスレースのより短い形態のレースのことを指します。このレースでも馬のスタミナとスピードが試されます。LDライドは、だいたい50~100マイルの距離です。(これは、およそ80~160キロメートルの距離になります。) 元々このレースは、若い馬と新しい騎手のために作られました。しかし、近年ではより経験のある騎手と馬がLDライドで競走するようになってきました。 また、LDライドの距離も以前と比べて長くなってきました。1日に1回以上開催されるようにもなりました。このレースは、米国のアメリカンエンデュランスライドコンファレンス (AERC)と英国のエンデュランスGBにより企画と運営・管理がされます。 エンデュランスレースのレースコース エンデュランスレースで馬が走る距離は、コースにより異なってきます。しかし、160キロメートルを越えることはほとんどありません。エンデュランスレースで勝つほとんどの馬は、160キロメートルのレースを約14~15時間かけて完走します。 このレースでは、馬の健康が第1に優先されるため、数キロメートルごとに馬に検査が行われるチェックポイントが設けられています。そして、レース開始前にも馬がコースに出馬できるかを判定するための検査が施されます。 これらの検査では、馬の呼吸、脱水、脈が調べられます。このチェックポイントは、vetgate (獣医の門)と呼ばれます。馬は、レースのために心拍数を特定の心拍数より下げる必要があり、レースに必要な心拍数は64bpmです。コースの地形によって異なる心拍数が必要となる場合もあります。 馬は獣医の門に40~60分とどまる必要があり、馬はこの時間の間、餌を与えられ、   また水も与えられます。 騎手は、強制的に停止しなければならない休憩時点(Holds:ホールズとも呼ばれる)とそれらの経路と場所が示されるGPSまたは追跡装置が与えらます。これらの場所では、レース中の馬の状態が確認されます。そして追跡装置には、自然の障害物なども示されます。自然の障害物には、水の横断、溝、険しい丘などが含まれます。 最初にレースを完走した馬がエンデュランスレースの優勝馬になります。そして通常この馬は続けて走るのに適すると判断された馬でもあります。このように判断された馬は、レースの後、馬が疲れてはいないことを意味しており、レースの勝者を判定するのに考慮される他の要素は、状態、スピード、回復速度などが含まれます。 エンデュランスレースで使用される一般的な馬の品種 すべての馬の品種がエンデュランスレースで競走することができます。しかし、一般的にアラビア馬の品種がエンデュランスレース競技で使用されます。これは、アラビア馬はスタミナと耐久性で知られているためです。それだけではなく、アラビア馬は、脚が速く、かつ頑丈な骨があります。 アラビア馬は、彫りの深い骨構造、弓型の首、尾を高く上げることによって容易   に区別することができます。そして、アラビア馬の品種の毛色は、鹿毛、グレイ、栗毛、または黒色などがあります。そしてアラビア馬の中には、サビーノまたはラビカノパターンがあります。 馬のサビーノパターン 馬のサビーノパターンは、馬の皮膚と毛にしばしば白色の斑点があるものを指します。これは、馬の体のさまざまな部分に白色の飛散のようにみることができ、腹部にも斑点がある場合もあります。 そして馬には異なったサビーノパターンの色がいくつかあります。つまり、必ずしも白色の斑点であるとは限りません。 馬のラビカノパターン 馬のラビカノパターンは、ホワイトティッキングとして知られています。これは、馬に2,3のパターンしかないからです。このようなパターンでは、一般的に、馬に白色の毛皮色が見られます。しかし、頭部と脚は、ラビカノパターンによって影響を受けません。 どこで賭ければ良いでしょうか? もしも、エンデュランスレース競技に賭けることができるスポーツベッティングサイトをお探しならば、ぜひGamble.jpの詳細なブックメーカーレビューをご覧になり、自分に合ったサイトを見つけてください。またランドカジノやオンラインカジノレビューなどの情報も満載です。 関連記事: 競馬について知っておくべきことは 馬の種類の見分け方

中山グランドジャンプとは?

中山グランドジャンプは2つある日本最大級の障害競走のうちの1つです。元々、中山グランドジャンプは春に行われ、中山大障害と呼ばれていました。最初の中山グランドジャンプシーズンは1999年に開催されました。 中山グランドジャンプは、グレード1の競馬であり、毎年、4月なかばに開催されます。サラブレッド種で4歳以上の馬のために中山グランドジャンプは開催されますが、4歳の馬は約62キロ、5歳以上の馬は約63.5キロなければ出馬することはできません。当中山グランドジャンプには、国内の馬だけでなく、国外の馬も出馬します。 この競技のために、何頭もの国外の馬が訓練され、参加することに制限はありませんが、実際のレースには最大16頭の馬しか出馬することができません。 中山グランドジャンプの賞金 中山グランドジャンプは日本国内の障害競走の中では最も賞金額が高い競馬イベントです。またはその馬が獲得することができる総賞金額は1億4千266万円約124万552米ドルになります。 この賞金は入賞馬や参加者に配当されます。賞金の配当は次の通りです。 順位 賞金額 1着 6千6百万円 2着 2千6百万円 3着 1千7百万円 4着 990万円 5着 660万円 6着 528万円 7着 462万円 8着 396万円 9着 198万円 10着 132万円 中山グランドジャンプのレースコース 中山グランドジャンプは府中市の東京競馬場で開催されます。この競馬場のレースコースは右手前、左手前の両方がある芝コースです。このレースコースでは馬は、大竹柵や大生垣の他、大障害をも飛び越えなければなりません。また、それだけでなく、4250メートルにもおよぶコースを完走するために途中ダートコースを横断しなければなりません。 中山グランドジャンプで最も有名な馬 中山グランドジャンプを制覇した馬は何頭かいます。その中でも卓越した栄光の座を勝ち取った馬は次の通りです。 オジュウチョウサン オジュウチョウサンは2016年から2019年の4年の間、中山グランドジャンプを制覇した日本国産のサラブレッドです。オジュウチョウサンは5歳の時にこのトーナメントに参加しました。また、オジュウチョウサンは中山グランドジャンプだけでなく、日本で開催されたさまざまな競馬でも優勝した優秀な馬です。 カラジ カラジはアイルランドで生まれで、日本に遠征し、見事に中山グランドジャンプを2005年から2007年の間、3年連続で優勝した優秀な馬です。また、カラジはオーストラリア競馬名誉に殿堂入りしている馬でもあります。 ゴーカイ ゴーカイは中山グランドジャンプに参加したサラブレッド馬で、高齢の時に、2000年と2001年に開催されたこのトーナメントで優勝した馬です。ちなみにゴーカイが中山グランドジャンプに参加した時は、7歳の時でした。 どこで賭けるべき? スポーツ業界の中でも、信頼できるブックメーカーを探し求めているのであれば、Gamble.jpで紹介しているブックメーカーのレビューをご覧ください。各ブックメーカーのみならず、ランドカジノの徹底解説もしています。あなたの求めているカジノやブックメーカーサイトをGamble.jpで見つけましょう。 続きを読む: 世界各地で開催される知っておくべき競馬レー

競馬について知っておくべきこと

世界にはどのような種類の競馬があるかを学びましょう。 競馬のグレードやクラスについてイチから分かりやすく説明いたします。 競馬にはさまざまな馬の種類、競馬のオッズ、そして競馬の賭け方があります。馬の種類によって馬が本来受け持つ特徴や強さはそれぞれ異なります。そのため、色々な品種の馬に合わせたトーナメントなどが開催されています。 さらに、競馬のレースをより面白くするために、地面を柔らかくして走らせるなど、さまざまな条件が設けられます。つまり、あなたが観て楽しむだけでなく、賭けることを楽しめる競馬がたくさんあるということです。 競馬には主に3種類のトラック面があります。1つ目は、芝(ターフ)、2つ目は、ダート、3つ目はオールウェザーコースです。 競馬のレースの種類には、次のものがあります。フラットレース(平地競走)、コンディションレース、ドラフトレース、ハンディキャップレース、エンデュランスレース、メイデンレース(未勝利戦)、ハーネスレース、ジャンプレース(障害競走)です。 平地競走 世界で最も一般的に知られている競馬レースの種類、それが平地競走です。平坦なレーストラックで馬のスピードと敏捷性が試されます。 平地競走は、競馬初心者の人でも、最も簡単に賭けることができる競馬の種類でもあります。さまざまなオッズを選択することができるだけでなく、自分にとって有利であると思われる競馬のレースに賭けることもできます。その上、レースに参加するすべての馬は一着になるのをめがけて競っているので平地競走のルールを理解するのはとっても容易なことです。 ドラフトレース(ばんえい競走) ばんえい競走では、騎手が馬に乗るのではなく、ソリに乗り、その重たいソリを馬が引っ張るという面白いレースです。そのため観戦することもまた賭けることにも興奮する競馬レースの種類の1つでもあります。 1着になる馬だけでなく、最後尾でゴールインする馬を予想し賭けることができるため、他の競馬レースの種類とは一味違った賭けを楽しむことができます。この種の競馬レースのオッズはその他の競馬の仕組みと同じように働くため、この種類の競馬のレースは楽しく賭けることができます。 ジャンプレース(障害競走) 馬が高いフェンスやハードルなどの障害物を乗り越えることを期待されているため、障害物競走は世界中で人気のある競馬スポーツです。そして馬が歳をとるとより大きな障害物を飛び越え、より長い距離を走ることが期待されています。 この種類の競馬レースは他のレースとは異なります。馬が平地を走ったり、車輪を引っ張たりするのではなく、障害物を飛び越えます。障害競走は競馬種目の中でも賭けることが楽しいレースのひとつです。馬が障害物を飛び越えるのを観るだけでなく、予想した馬がその他の馬と比べて十分に競い合えるだけの技量があるか否かを予想することができます。 メイデン(未勝利戦) 未勝利戦(メイデン)はまだ競走に勝ったことがない馬のためのものです。この競走では、馬の技量と能力が未知であるため、この種目の競馬への賭けは非常に難しいものとされています。しかしながら、レース開始前に、出場する馬がトラックに見せられることと馬についての詳細が事前に提供されるため、どの馬が高い確率で勝か否かを高い確率で予想することも可能です。 ハーネスレース ハーネスレースでは、騎手(ドライバー)が乗っている車輪を馬が引いて1着の座を競います。このレースでは、馬の力強さと敏捷性が試されます。 馬が重いものを引いて運ぶことを除けば、このレースは平地競走と似ています。そしてハーネスレースへの賭け方は平地競走への賭け方にもよく似ています。どの馬が1着目でゴールインするのか、もしくは2着目、3着目、続けて最後にゴールインする馬を予想して賭けることもできますが、この競馬でのオッズは非常に柔軟性があるため、どの馬が何着目にゴールインするのかを予想して賭けるだけでなく、馬がどの順番でゴールインするのかを予想し賭けることができます。 エンデュランスレース エンデュランスレースは、その名前の通り、馬のエンデュランス(耐久力)が試される競走です。1日時にはそれ以上の期間にもおよぶ長距離の競走です。 馬の力強さ、スタミナ、そして他の資質を考慮しなければならない点を除いて、その他の競馬レースのように、どの馬が何着目にゴールインするのかを予想するだけで簡単に賭けることができます。 競馬のグレードとクラス すべての競馬の競走は皆同じわけではありません。人気の高い競走などがあり、主催される競馬のイベントなどはクラス分けされています。そしてグレードが高い競走であればあるほど、優勝した馬の賞金額が高くなります。 競馬のイベントには次のクラスがあります。(上からクラスが高いものから低い順番になります) 知っておくべき主な競馬レース 馬が勝つことで大きな賞金が手に入るような世界中で注目される競馬がたくさんあります。日本では国内および国際的な競技を含め、毎年21,000以上の競馬が行われます。ジャパンカップ、日本ダービー、日本オークスなどがこれらの主要なトーナメントを代表する競馬です。 ジャパンカップ ジャパンカップは、世界で最も権威のある競馬トーナメントのひとつです。ジャパンカップは東京競馬場で開催される招待制の国際1級レースです。 2015年の賞金額は6億2千400万円以上です。 東京優駿(日本ダービー) 東京優駿は日本ダービーとも呼ばれ、国際的なグレード1級の競馬イベントです。当競馬イベントは、3歳のサラブレッド種の雄馬(コルト)とと雌馬(フィル)のために開催されます。5月下旬から6月上旬にかけて東京競馬場で開催され、2017年時点の賞金額は4億3千200万円にもなりました。 優駿牝馬 (オークス) 優駿牝馬はオークスとも呼ばれている日本国内グレード1級の競馬イベントです。当競馬イベントは、3歳のサラブレッド種の雌馬(フィル)のために開催され、2,400メートルのコースを競い合います。毎年5月に東京競馬場で開催され、2015年時点の賞金額は1億8千470万円にもなりました。 続きを読む: 競馬について知っておくべきことは

grand-national-banner-image-1536x722-1

桜花賞とは?

グランドナショナルは、特に競馬を良く観戦する人達にとって、英国で最も人気のある障害ジャンプレースの1つです。 1839年に開始されたナショナルハント競走で、馬に課せられる最大制限が10ポンドの負荷重量のハンデキャップ競走です。 グランドナショナルは、特定の資格を満たす限りすべての馬が参加することができ、馬は英国競馬当局(BHA)によって120に格付けされ7歳以上であることが必要で、また3マイル以上の距離のある公認のチェイス(大きな竹柵を跳び越える)競走を経験したことも必要とされます。 グランドナショナルの賞金額 グランドナショナルは、2019年時点で100万英国ポンド(1億2千207万4千500円)の賞金総額があり、世界の障害競走で最も高い賞金総額の1つであると言われ、優勝馬は56万1千300ポンド(約6千852万416円)を獲得することができます。 グランドナショナルの競馬場 グランドナショナルは、イギリスのマーシーサイドのエイントリー競馬場で毎年開催され、ここで競走する馬は、左回りの競馬場で4マイル514ヤードの距離を疾走し、完走するまで馬場を2周しなければなりません。 またコースには馬が通過しなければならない様々な障害が設置されています。障害を飛び越えることは易しいと思われる方もおられますが、ウォータージャンプ(16番目)を除くすべてのフェンスは、少なくとも4フィート6インチの高さで、最初にその14個のフェンスを2回飛び越え、そして残りのコースに進み、最終的には30回フェンスを飛び越えなければならず、かなり過酷な競走と言えます。 競馬場の障害のサイズと長さなどは以下の通りです。 障害 高さ 第1障害 4 フィート 6 インチ 第2障害 4 フェンス 7 インチ 第3障害 4フィート 10 インチで 6 フィートの溝付き 第4障害 4フィート10インチ 第5障害 5フィート 第6障害 5フィートの高さで、着地側は6インチ~10 インチ 第7障害 4フィート6インチ 第8障害 5フィート 第9障害 5フィートで 5フィート6インチの小川あり 第10障害 5フィート 第11障害 5フィートで6フィートの溝あり 第12障害 5フィートで5フィート 6インの溝あり 第13障害 4フィート7インチ 第14障害 4フィート 6インチ 第15障害 5フィート2インチで6フィートの溝あり …

桜花賞とは? Read More »

grand-national-banner-image-1536x722-1

グランドナショナルとは?

グランドナショナルは、特に競馬を良く観戦する人達にとって、英国で最も人気のある障害ジャンプレースの1つです。 1839年に開始されたナショナルハント競走で、馬に課せられる最大制限が10ポンドの負荷重量のハンデキャップ競走です。 グランドナショナルは、特定の資格を満たす限りすべての馬が参加することができ、馬は英国競馬当局(BHA)によって120に格付けされ7歳以上であることが必要で、また3マイル以上の距離のある公認のチェイス(大きな竹柵を跳び越える)競走を経験したことも必要とされます。 グランドナショナルの賞金額 グランドナショナルは、2019年時点で100万英国ポンド(1億2千207万4千500円)の賞金総額があり、世界の障害競走で最も高い賞金総額の1つであると言われ、優勝馬は56万1千300ポンド(約6千852万416円)を獲得することができます。 グランドナショナルの競馬場 グランドナショナルは、イギリスのマーシーサイドのエイントリー競馬場で毎年開催され、ここで競走する馬は、左回りの競馬場で4マイル514ヤードの距離を疾走し、完走するまで馬場を2周しなければなりません。 またコースには馬が通過しなければならない様々な障害が設置されています。障害を飛び越えることは易しいと思われる方もおられますが、ウォータージャンプ(16番目)を除くすべてのフェンスは、少なくとも4フィート6インチの高さで、最初にその14個のフェンスを2回飛び越え、そして残りのコースに進み、最終的には30回フェンスを飛び越えなければならず、かなり過酷な競走と言えます。 競馬場の障害のサイズと長さなどは以下の通りです。 障害 高さ 第1障害 4 フィート 6 インチ 第2障害 4 フェンス 7 インチ 第3障害 4フィート 10 インチで 6 フィートの溝付き 第4障害 4フィート10インチ 第5障害 5フィート 第6障害 5フィートの高さで、着地側は6インチ~10 インチ 第7障害 4フィート6インチ 第8障害 5フィート 第9障害 5フィートで 5フィート6インチの小川あり 第10障害 5フィート 第11障害 5フィートで6フィートの溝あり 第12障害 5フィートで5フィート 6インの溝あり 第13障害 4フィート7インチ 第14障害 4フィート 6インチ 第15障害 5フィート2インチで6フィートの溝あり …

グランドナショナルとは? Read More »

Scroll to Top