【2021ベルモントステークス】ハイライト&まとめ
2021年のベルモントステークスの注目点をご紹介!ベルモントステークスのハイライトとイベント当日のまとめについて解説いたします。

2021年のベルモントステークスでは、エッセンシャルクオリティーが2:27:11という非公式なタイムで勝利を収めました。ベルモントステークスは、ニューヨークのベルモント・パークで開催される、3歳の仔馬と牡馬を対象としたG1ステークスで、今回で153回目となります。ホットロッドチャーリーがチャンピオンとの差を縮めて2位を獲得。3位はロンバウアー、4位はナウンアジェンダでした。

 

フィニッシュの順番

  1. エッセンシャルクオリティー
  2. ホットロッドチャーリー
  3. ロンバウアー
  4. ノウンアジェンダ
  5. バーボニック
  6. ロックユアワールド
  7. オーバートゥーク
  8. フランスゴデイナ

競争馬(過去の成績順)

 

ベルモントステークスは、競馬のG1シリーズの中でも人気の高い三冠レースの第三弾です。最初の2つの区間では勝者が異なっていたため、2021年はすでに非三冠の年と宣言されていますが、ベルモントスタジアムの緊張感は高いままです。ベルモントステークスは、土曜日にエッセンシャルクオリティーが勝利したことで超大作となりました。

 

このレースのラインナップは、出場馬の格差があったため、一部の人が期待するほどエキサイティングなレースではありませんでした。例えば、2頭の出場馬は、タイトル獲得のチャンスがないと予測されていたのです。エッセンシャルクオリティー、ロンバウアー、ノウンアジェンダが上位3位までに入り、ホットロッドチャーリーはレースのダークホース的存在となっていました。以下、各出場者の詳細をご紹介します。

 

1. バーボニック 

 

バーボニックは、米国ケンタッキー州のカルメットファームを代表する馬です。調教師は、エクリプス賞を7回受賞しているトッド・A・プレッチャー氏。ケンドリック・カームーシュ騎手とのコンビで5位に入賞しました。バーボニックは、ダーレー厩舎のベルナルディーニが種牡馬で、カルメットファームのダンシングアフリートをダムに持つ馬です。15:1のオッズが与えられていますが、これは登録馬の中では真ん中あたりに位置します。

 

2. エッセンシャルクオリティー

 

エッセンシャルクオリティーは、ゴドルフィンLLCケンタッキーUSAを代表する馬で、ルイス・サエズ騎手とともに2/1のオッズで人気一番になっています。調教師は、エクリプス賞の2020年優秀調教師賞を受賞したブラッド・H・コックスです。

 

エッセンシャルクオリティーは、ケンタッキーダービー4着、ブルーグラスステークス優勝の後、ベルモントステークスを制したチャンピオンサラブレッドです。ウィンチェルサラブレッドLLCのタピットを種牡馬に、ダーレー厩舎のディライトフルクオリティをダムに持つ馬です。

 

3. ロンバウアー

 

ロンバウアーは、騎手のジョン・R・ヴェラスケスとともに、3/1という2番目に高いオッズをつけています。ジョン&ダイアン・フラドキン夫妻が馬主兼ブリーダーであるため、自家生産馬として出場します。

 

調教師のマイケル・W・マッカーシー氏は、「シティオブライト」の調教師として知られ、競馬界で最も尊敬されている人物の一人です。ロンバウアーは、アメリカの三冠レースの第二弾であるプリークネス・ステークスを制しました。クレイグ・ファミリー・トラストのトゥワーリングキャンディを種牡馬とし、John & Diane Fradkinのミスカシミアをダムとしています。

 

4. ホットロッドチャーリー

 

ホットロッドチャーリーとそのジョッキーであるフラビアン・プラは、7/2のオッズで人々の選択のトップに立っており、Gainesway Thoroughbreds Ltd、Roadrunner Racing、Boat Racing LLC、Strauss Bros Racingなど複数のオーナーを代表している。調教師には2002年の年間最優秀調教師であるダグ・オニール氏が名を連ねています。

 

ホットロッドチャーリーは、ルイジアナ・ダービーを制し、ケンタッキー・ダービーで3着した後、ベルモント・ステークスで2着しました。種牡馬はカルメットファームのオックスボウ、ダムはエドワード・A・コックスJr.所有のインディアン・ミス。

 

5. フランスゴデイナ

 

フランスゴデイナは、リカルド・サンタナJr.のジョッキー、菱田裕二のもとでレースに出走しました。この日本の競走馬は、ラインナップの中で最も低い30/1のオッズで勝利の可能性が低いと考えられていました。菱田裕二は、2019年にB.カネッティ、K.カネッティ、ジム&キダー・ベッツの育成牧場から購入したフランス・ゴー・ドゥ・イナとの未勝利戦が2回あるだけで、業界ではまだ新しい存在です。

 

フランスゴデイナは4レースしか出走しておらず、最高着順は2020年7月のNewcomersの4着でした。スリーチムニーズファームのウィルテイクチャージはフランスゴデイナの種牡馬であり、アンブライドルズソングの子孫の中で最も成功したG1ステークスレーサーの一頭です。ダムのドリーミー・ブルースは、アライアンス・ブラッドストックの出身です。

 

6. ノウンアジェンダ

 

セント・エリアス・ステイブルズLLCのノウンアジェンダは、ホセ・L・オルティス騎手と共に6/1のオッズが与えられ、このイベントのトップ競合馬の一頭であることを意味しています。調教師はバーボニックと同じトッド・プレッチャーです。

 

ベルモントステークスの前には、フロリダ・ダービーで勝利を納めましたが、ケンタッキー・ダービーには出走しませんでした。種牡馬はストーンストリート・ステイブルズLLCのカーリン、ダムはセントエリアス・ステイブルLLCのバイラマ。両親はいずれも全盛期の高名なレーサーでした。カーリンは11回1着を獲得し、そのうち7回がG1トレースです。一方、バイラマは、G1レースでのキャリアを通じて1位から8位までの成績を収めました。

 

7. ロックユアワールド

 

ロックユアワールドとジョエル・ロザリオ騎手は、Hronis Racing LLCのレースに9/2のオッズで出走しました。調教師は、2007年から2014年までハリウッドパーク、デルマー、オークツリー、サンタアニータで複数の調教タイトルを獲得したジョン・W・サドラーです。

 

ロックユアワールドの最大の功績は、2021年4月のサンタ・アニータ・ダービー(G1)を制したことです。5月のケンタッキーダービーでは17位と残念な結果となりましたが、調教師たちは「もうあんなに落ちることはないだろう」と信じていました。シドニー&ジェニー・クレイグのキャンディ・ライドが種牡馬で、デボラ・マッカナリーのチャーム・ザ・メーカーがダムです。

 

8. オーバートゥーク

 

オーバートゥークとマニー・フランコ騎手は、トッド・A・プレッチャーの調教師であることを考慮すると20/1と低いオッズでした。その予想は的中し、8人中7位に入賞。オーバートゥークは、今回がG3からの転向後初のG1レースとなります。ウィザースG3で2着、ピーターパンG3で3着していました。ノウンアジェンダと同じくカーリンの駒馬ですが、ダムはHill 'n' Dale Equine Holdings, Inc.のゴットラッキーです。

 

9. イベントから削除された競争馬

 

ベルモントステークス2021に参加する予定の10頭の出場馬には、メディーナスピリットとレベルスロマンスもいました。しかし、この二頭は異なる理由で除外されてしまいました。レベルスロマンスは、感染症のために辞退。

 

メディナスピリットは、薬物検査で不合格となり、ケンタッキーダービーでの勝利が水の泡となり、出場の機会を失いました。調教師のボブ・バファートは、ニューヨーク競馬協会(NYRA)から騎乗停止処分を受けています。

 

当日のイベント内容 

 

ベルモントステークスは当日のメインイベントですが、ベルモント・パークで開催されるレースはそれだけではありません。ベルモントステークス2021の前にはさらに7つのレースが行われ、それぞれに特徴的なサプライズがありました。2021年6月5日の各レースを簡単にご紹介します。

 

ブルックリン・インビテーショナル・ステークス 

 

ブルックリン・インビテーショナル・ステークスは、左回り1.5マイルのダートトラックで行われる4歳以上のG2レースで、賞金は40万ドル。6歳のローンロックが、ラモン・バスケスを騎手に迎えて優勝しました。2位は4歳のティザマジシャン、3位は5歳モレディでした。ブルックリン・インビテーショナル・ステークスは午後1時37分に始まり、午後1時40分に終了しました。

 

エイコーン・ステークス 

 

エイコーンステークスは、左回りのダート1マイルで行われる3歳牝馬のG1イベントで、賞金50万ドルの米国トリプル・ティアラ(US Triple Tiara)の第一弾です。その後、コーチングクラブ・アメリカン・オークス、そしてアラバマ・ステークスと続きます。レースは午後2時14分開始、午後2時16分に終了しました。

 

サーチリザルトが、ハビエル・カステラノ騎手とのコンビで優勝。2位はオブリガトリーで、3位はメイクミスチーフ。このレースには5頭しか出場しておらず、4位はデイアウトオブザオフィスで、トラベルコラムは最下位に終わりました。

 

ジャイプール・ステークス

 

ジャイプール・ステークスは、3歳以上の馬によるG1で、左回りのダートトラック6ハロンで行われ、40万ドルの賞金がかけられます。短距離スプリントなので、ジュニア・アルバラードがレースのほとんどを抑えており、カーサ・クリードの勝利は望めないと思われていました。二頭ともラスト10秒で1位をつかみ、大逆転で後方から先頭に立ってスプリントしたのです。

 

カーサ・クリードに続いて、劣勢に立たされていたチューインガムも後方から追い上げて2位を獲得。バウンド・フォー・ノーウェアは、午後2時52分にスタートして以来、グレゴリアンチャントとトップ争いをしていましたが、他の2人に抜かれて3位となりました。グレゴリアンチャントは午後2:54に7位に後退。

 

オグデンフィップス

 

オグデンフィップスは4歳以上の牝馬を対象としたG1レースで、左回り1 ⅙マイルのダートコースで行われ、賞金は30万ドル。前走とは異なり、レトルーシュカは2位のボニーサウスをかなり引き離して最初から最後まで1位を維持していました。

 

シーデアズザデヴィルはボニーサウスと2位争いをしましたが、写真判定で敗北。クイーン・ネキアは、最下位のウォーター・ホワイトを大きく引き離して4位でゴールしました。レースは午後3時29分に開始され、午後3時31分に終了しました。

 

ジャスト・ア・ゲーム・ステークス

 

ジャスト・ア・ゲーム・ステークスは、4歳以上の牝馬とフィリーを対象としたG1レースで、左回りの1マイルの芝コースで行われ、賞金は50万ドル。このレースでは、アルティカが後方から一気に駆け上がり、サマーロマンスから1着を奪うというスリリングな展開になりました。

 

サマーロマンスは後続にかなりの差をつけており、最後にアルティカが予想外のオーバーテイクをするまで、その差を維持しようとしていました。一方、ダディ・イズ・ア・レジェンドは、ポケットスクエアとゾフェールに追われて3位を維持。レースは午後4時5分開始で、午後4時7分に終了しました。

 

メトロポリタンマイル

 

メトロポリタンマイル(Met Mile)は、左回りの芝コース1マイルで行われる3歳馬以上のG1レースで、賞金は100万ドル。シルバーステートは、リカルド・サンタナJr.騎手とのコンビでタイトルを獲得しましたが、他の馬からリードを奪うのに一苦労。真ん中から内の前に押し出され、ミスチャイアス・アレックスを横に追いやりました。

 

バイ・マイ・スタンダードも横から入ってきて2位になり、スタート時にリードしていたミスチャイアス・アレックスは3位に降格。ニックスゴーは、ミスチーヴィアスアレックスに最初から最後までついていき、4位となりました。ドクターデヴィアスは5位に後退し、さらにその後ろには負け犬のレキシトニアンが控えており、午後4時59分にレースが終了。レースは午後4時57分に正式にスタートしました。

 

マンハッタンステークス 午後5時55分

 

マンハッタンステークスは4歳以上の馬を対象としたG1レースで、1.4マイルの左回りダートコースで行われ、賞金は100万ドル。ドメスティック・スペンディングは、後方からのスプリントで、ラスト30秒で5頭の出場馬を一気に抜き去って優勝しました。

 

トリブバンはレースの大半で他の馬から大きなリードを奪っていたが、最終的には2位にとどまりました。グーフォは、トリブバンに追いついたものの最後の直線で減速したマスターオフォックスハウンズから3位を獲得しただけでした。マスターオブフォックスハウンズは、ラインナップの中で2番目に低いオッズであるにもかかわらず、4位という好成績を収めました。

 

結論

 

ベルモント・パークで行われたレースの勝者たちには、祝福の言葉を捧げます。スタジアムは観客を受け入れていましたが、ウイルスを拡散させる可能性を緩和・排除するために、いくつかの規制が課せられました。2021年はまだ新型コロナウイルスによるパンデミックの影響を受けていますが、それでも競馬の祭典は続いています。

 

2021年のベルモントステークスは、アメリカで最も大きな競馬のG1イベントの一つです。残念ながら、今年の成績は芳しくありませんでしたが、日本代表のフランスゴ・デイナが起用されたことは光栄でした。それはともかく、ベルモント・ステークスは他のレースと同様に楽しいイベントとなりました。今後のイベントのニュースにもご期待ください。