記事

japan-race-tracks-danon-smash-banner

日本の優秀馬ダノンスマッシュと共に疾走しよう!

日本には数多くの競馬レースがあり、そのどれもが全国から集まった競走馬たちの運動能力と速さを魅せてくれます。これらのレースは、全国にある競馬場で目にすることができます。競馬を手軽に体験できる環境によって、日本が競馬を愛してやまない国であることを知らしめています。 競馬に多大な愛情を注ぐ日本には、日本中央競馬会 (JRA) と地方競馬全国協会 (NAR) という ふたつの競馬運営団体があります。前者は主要なレースを担当し、後者は地方競馬を担当するように組織されました。この2団体の働きで、日本は年間約21,000のレースを開催することができます。 競馬ファンは、たくさんの優秀競走馬が飾る日本各地の競馬場からレースを選択できます。最高の調教師と騎手に導かれて、競馬場に現れる馬の中には素晴らしい競走馬の血統を持ってるものがいます。 6歳のサラブレッド、ダノンスマッシュは、名を馳せてきた競走馬のなかの一頭です。もし、ダノンスマッシュをあまりご存じないならば、この記事でご紹介する素晴らしいスタリオンに関する興味深い事実に驚くはずです。 ダノンスマッシュとはどんな馬か? ダノンスマッシュは、2015年生まれの日本サラブレッドで、スプリントレースの好成績で特にその名を知られています。 2017年、2歳馬にして印象的な競走馬としてデビュー。その後数年間、優秀な競走馬であり続けています。ダノンスマッシュがトップクラスの競走馬として浮上したのは、2019年のことでした。今日、6歳馬となった今でも見事な競走馬であり続けています。 ダノンスマッシュは、額に白星のある牡馬です。2歳で競走馬としてのキャリアをスタートしたダノンスマッシュの馬主は、野田順弘がオーナであるソフトウェア企業株式会社ダノックスで、勝負服の柄は赤と白。キャリア強化のために、レースで一度騎乗したことがある元騎手の安田隆行調教師から徹底的にトレーニングを受けました。そして、KIファームで飼育されました。 血統 ダノンスマッシュの父はロードカナロアで、母はスピニングワイルドキャットです。父であるロードカナロアは、優れたスプリンター・マイラーとして2013年の日本馬オブザイヤーを受賞し、ダノンスマッシュはこのロードカナロアの最初の産駒です。日本の三冠王のアーモンドアイ、サートゥルナーリアやタガロアもロードカナロアの血統です。 ダノンスマッシュの母、スピニングワイルドキャットはケンタッキー州で飼育された牝馬で、米国のマイナーレースでの優勝経歴があります。彼女はまた、ブリーダーズカップ・マイルの勝者、ウォーチャントの異母姉妹でもあります。スピニングワイルドキャットの母は、いくつかの有名なレースで優勝した人気競走馬のハリウッドワイルドキャットです。 ダノンスマッシュの父の父はキングカメハメハで、日本で最も人気のある複数の賞を受賞した馬の一頭であり、優秀な母と父を持っています。また、交配相手、ダノンスマッシュの父の母であるハードスパンは、2007年のケンタッキー ダービーで2位に終わり引退しています。 ダノンスマッシュの血統を知ることで、素晴らしいレースの数々の理由が彼の血の中にあることを人々は知るはずです。 レース歴 前述のように、ダノンスマッシュは彼のキャリアにおいて既に多くのレースで優勝しています。執筆時点で、彼は23戦11勝 [11-4-1] の驚くべき記録を保持しています。また、キャリアにおいて合計584,353,000円と12,540,000香港ドルを稼いでいます。合計すると、ダノンスマッシュの獲得賞金は合計770,600,500円になります。 ダノンスマッシュが参加したすべてのレースを詳しく見てみましょう。 2歳(2017年) 3歳(2018年) 4歳(2019) インタビューで安田調教師は、ダノンスマッシュがストレッチになって心配になったと語っています。また、このレースには負けると思ったと正直に話しました。そして、ダノンスマッシュが改善し続けることへの高い期待を表明しました。 ダノンスマッシュは、5か月間レースから姿を消しました。復帰した時、川田将雅騎手が次の2レースを引き継ぎました。 5歳(2020) しかし、1着のクリノガウディーが走行妨害のため4着へ降着したため、物議を醸すレースとなりました。結果、2着のモズスーパーフレアが繰り上がり優勝しました。 安田調教師はインタビューで、コロナ禍の制限により試合を生で見ることができなかったと語りました。それでも、彼は多くのお祝いのメッセージを受け取ったと言い、ダノンスマッシュの勝利を喜びました。 6歳(2021年) モズスーパーフレアがペースを上げたため、ダノンスマッシュは10番手で外側に位置しました。その後、フィニッシュラインから最後の100メートルで先頭集団に加わります。驚いたことに、ダノンスマッシュはレシステンシアにクビ差をつけて、日本で初のG1のタイトルを獲得しました。 まとめ:主な勝利 繰り返しになりますが、ダノンスマッシュによって達成された主な勝利を見てみましょう。 ダノンスマッシュの経歴を見ると、この6歳馬はすでに多くのことを成し遂げていると言えます。日本競馬での優勝馬であることに加えて、その潜在能力は国際的にも高く評価され、香港での有名レースへ招待され続けています。 ダノンスマッシュの素晴らしい競走馬の血統が影響しているかどうかにかかわらず、彼が名声を上げているということは間違いありません。ですから、競馬ファンの皆さんは、最新のアップデートをしっかりチェックし、今後のレースでダノンスマッシュのキャリアがどこまで躍進するのかを見定めなければいけません。

gran-alegria-know-more-banner

グランアレグリアのすべてを知ろう

競馬が、世界で最も人気で豪華なスポーツのひとつとして文化に大きな影響を与えることは、決して驚くべきことではありません。実際、高品質の競走馬や競争力のある騎手を生み出すために、数千〜数百万ドル(数千万円〜数億円)が費やされています。 毎年21,000以上のイベントが開催される日本の競馬は、国内で最も人気のあるスポーツのひとつです。開始当初は祭事や式典としての開催でしたが、近代的な競馬が導入されることにより現在のような競技として人気が高まりました。 競馬が人気の日本では、ふたつの組織がすべての競馬トーナメントを監督しています。日本中央競馬会(JRA)と地方競馬全国協会(NAR)です。 JRA は、首都圏にある10の主要競馬場で開催される全競馬イベントを統括しています。一方、NAR はすべての地方競馬トーナメントを担当しています。競技騎手の認定だけでなく、競走馬の認定も行いますが、その評価は馬のパフォーマンスや競走馬の血統、つまり馬の家系に基づいて行われます。 現在、最も人気のある競走馬の一頭はグランアレグリアです。グランアレグリアは、2018年のサウジアラビアロイヤルカップで優勝した日本産サラブレッドです。このレースは、東京競馬場で開催される2歳サラブレッドのG3競馬です。総走行距離は1,600メートルで、7,118万円の賞金総額です。 グランアレグリアは、サンデーレーシングが馬主でノーザンファームが生産した、額に白星のある鹿毛の牝馬です。藤沢和雄調教師にトレーニングを受け、クリストフ・ルメール騎手が騎乗しています。 C.ルメール騎手はフランス生まれの人気ジョッキーで、デビュー以来数多くのレースで勝利を収めています。 2008年には1,000ギニア、2019年にはJRA最多勝利騎手・JRA最多賞金獲得騎手・MVJを受賞しています。 グランアレグリアは、2005 年に日本の三冠を獲得した有名なサラブレッドであるディープインパクトの9番目の産駒として生まれました。 グランアレグリアの血統は次のとおりです。 父 ディープインパクト 父の父 サンデーサイレンス 母 タピッツフライ 母の父 タピット 性別 牝 2歳のシーズン(2018年) 2018年、グランアレグリアにとって東京競馬場で行われた1,600mが初レースで、これがデビューとなりました。素晴らしいことに、他の14頭を相手に2馬身差で勝ちました。 数か月後、グランアレグリアは朝日杯フューチュリティステークスに参戦し、1.5倍の一番人気となりました。レースは、総距離1,600メートルの阪神競馬場で開催されました。 3歳のシーズン(2019年) 翌年、桜花賞で2年目の挑戦を開始しました。 3歳サラブレッドが競うG1フラットレースです。総距離は1,600メートルで、賞金総額は1億6,890万円でした。 ノーワン、プールヴィル、クロノジェネシスを含む16頭の競走馬が参加しました。プールヴィルに次ぐ4番手でレースをスタートしたグランアレグリアは、ストレートを自信を持って走り優勝しました。彼女は1分32秒7のタイムを記録し、前年にアーモンドアイが打ち立てたレース記録を破りました。 ルメール騎手は「今日、彼女は確実に強く勝ちました。久しぶりの外出だったので少し心配でした。朝日杯フューチュリティで彼女のスピードを活かすことができなかったので、今回は早い段階で良いポジションを確保できるようにしました。」と語りました。 この年の5 月、グランアレグリアはNHKマイル カップに参加し、一番人気でした。 NHKマイルカップは、サラ系3歳牡馬・牝馬が競う、総距離 1,600 メートルのG1フラットレースです。通常、東京競馬場で開催され、賞金は1億7520万円です。残念ながら、グランアレグリアはダレンチェイサーに次ぐ5位でレースを終えました。 この後、グランアレグリアは休みに入り、12月の阪神カップまでどの大会にも参加しませんでした。阪神カップは、阪神競馬場で行われる総距離1,400mのG2レースで、賞金総額は1億3400万円です。 4歳のシーズン(2020年) この年、フラットレースはコロナ禍で大きな影響を受け、ほとんどの競馬トーナメントは無観客で開催されました。しかし、高松宮記念で、池添謙一騎手が乗ったグランアレグリアがこの年の最初の出走を止めることはありませんでした。高松宮記念は、4歳のサラブレッドが競う、距離1,200メートル、賞金総額2億8,180万円のG1フラットレースです。残念ながら、彼女は2位でレースを終えました。 3か月後、グランアレグリアと池添騎手は安田記念で運を試し1着となり、アーモンドアイとインディチャンプがそれぞれ2着、3着と続きました。安田記念は、東京競馬場で行われる総距離1,600メートル、賞金1億9,000万円の日本国際G1サラブレッド競馬です。 他には、ダノンプレミアム、アドマイアマーズ、ノームコア、ミスターメロディ、ペルシアン ナイト、ケイアイノーテックが出走しました。スタート直後、グランアレグリアが先頭グループから外れ、彼女のファンたちは希望を失っていました。 しかし、レースは逆転、最後の200メートルでグランアレグリアがリードし、アーモンドアイに2.5馬身差で勝ちました。 「私は、彼女を良いリズムと良い位置に保つことに集中していましたが、すべてが上手くいきました。粘り強い走りでベストを尽くすことができました。」と池添騎手は語りました。 「特にアーモンド アイに捕まるのではないかとゴールまで恐れていました。第3コーナーで草の塊が目に当たって負傷しましたが、今はまったく痛くありません!」と彼は付け加えました。 ほぼ5 か月後、グランアレグリアはスプリンターズステークスに参加しました。総距離1,200メートル、賞金1億8,050万円のサラ系3歳馬のG1フラットレースです。例年9月下旬か10月上旬に中山競馬場で開催されています。スプリンターズステークスは、グローバル・スプリント・チャレンジの7レース目であり、エイジクラシック、ジュライカップに続いて行われます。 彼女の対戦相手は、ダノンスマッシュ、クリノガウディー、ダイアトニック、ミスターメロディ、ダノンスマッシュ、モズスーパーフレアでした。グランアレグリアはスタートが遅く前半は15馬目、ですから、このレースでグランアレグリアが良いパフォーマンスを発揮するとは誰も予想していませんでした。しかし、後半ペースを上げてリードし、ダノンスマッシュに対して2馬身差で勝利しました。 ルメール騎手は「彼女がこんなに強いとは信じられない!リズムに乗るのが少し遅かったし、予想よりもずっと遅れていたがパニックにはならなかった。」っと語りました。 11 月、グランアレグリアはマイルチャンピオンシップに出走、インディチャンプ、レシステンシア、アドマイアマーズ、ラウダシオン、ペルシアンナイトとともに出場しました。前レースとは異なり、グランアレグリアは素晴らしいスタートを切り、レースの先頭に立ちました。レースが終わる直前に強烈な加速を見せ、3/4馬身差で勝ちました。 レース後、ルメール騎手はグランアレグリアが以前よりずっと乗りやすくなったと言い、将来的には彼女と一緒に他のレースで走りたいと語りました。また、ルメール騎手は、グランアレグリアはより多くのレースに出場できる強力な牝馬であることを強調しました。 グランアレグリアは、2019年の素晴らしいパフォーマンスにより、JRA賞最優秀3歳牝馬を受賞。2020 …

グランアレグリアのすべてを知ろう Read More »

japan-g1-fall-2020-review-1536x722-1

秋のG1戦線を占う・中距離編~勝つのは牝馬?それとも牡馬?~

東京オリンピック開催に際してやや変則的な開催となっている2020年の日本競馬界ではありますが、夏開催のメイン的レースでもあり、秋競馬の到来を告げる札幌記念(G2、2000m、芝)が8月23日(日)に開催されました。 グレード的にはG2ながらも、毎年豪華メンバーが揃う札幌記念。注目を集めたのは単勝オッズ1.9倍の1番人気に推されたG1レース3勝の実績馬、ラッキーライラックでしたが、惜しくも3着。そんなラッキーライラックを相手に完勝ともいえるレースぶりを見せたのは、今年の宝塚記念(G1、2200m、芝)を制したクロノジェネシス(牝4)の姉であり、自身もG1ウィナーである2番人気のノームコア(牝5)でした。 そんな札幌記念ですが「今年の競馬界」を非常によく表している傾向が見て取れました。レース結果こそ上位5頭が「牡馬2頭・牝馬3頭」とほぼ互角でしたが、人気上位3頭を挙げると、先ほどご紹介したラッキーライラックが1番人気。勝利したノームコアが2番人気。そして4着入線となった3番人気のポンデザールなど、全て『牝馬』が支持されていました。 そもそも今年の春に行われた古馬主要G1レース(1600m以上の芝レース限定)の結果を今一度見てみると、牡馬が勝利したのは天皇賞春(G1、3200㍍・芝)におけるフィエールマンのみ。さらに言ってしまえば、昨年の秋古馬三冠(天皇賞秋・ジャパンカップ・有馬記念)これらすべてで牝馬が勝利しているように、現在の日本競馬界は完全な牝馬上位の勢力図となっています。 競馬界を牛耳る3頭の「女帝」 牡牝関係なくまず真っ先に名前を挙げなくてはならないのは、G1レース7勝の現役最強馬アーモンドアイ(牝5)の存在でしょう。当初今年の目標に掲げていたドバイ遠征が、コロナ流行の影響で中止。そういったアクシデントがありながらも出走したヴィクトリアマイル(G1、1600m、芝)では、先ほどの札幌記念を制したノームコアらを全くもって相手としない走りで最早「制圧」ともいえる勝利を挙げました。 続く安田記念こそ、緩めの馬場に普段のキレを見せきれず2着と敗れましたが、秋のG1戦線においても最注目しなくてはならない存在であることは間違いないでしょう。既に初戦を11月1日(日)の天皇賞秋に定めており、昨年に引き続きの連覇に期待がかかります。 そんなアーモンドアイに雪辱を果たしたいのが同い年のラッキーライラック。 そもそも、アーモンドアイそしてラッキーライラックが対戦した2018年の牝馬クラシックにおける「当初の主役」は、このラッキーライラックでした2歳女王決定戦である阪神ジュベナイルフィリーズ(G1、1600m、芝)をはじめ4連勝。そして単勝オッズ1.8倍の高い支持を得て迎えた桜花賞(G1、1600m、芝)。しかしここでアーモンドアイに衝撃的敗戦を喫します。 その後、ラッキーライラックは7戦にわたって勝利を挙げることが出来ず、アーモンドアイとの差は開くばかり一方。そんな中転機となったのが2019年のエリザベス女王杯(G1、2200m、芝)。世界的名手であるスミヨン騎手の手綱さばきによって見事完全復活を告げる勝利。今年は大阪杯(G1、2000m、芝)も制し、G1レース3勝目を飾りました。デビュー当時480キロだった馬体重は今や520キロ。この成長分が決して無駄ではないことは実績が物語っています。後はもう、リベンジを果たすだけでしょう。 そんな先輩2頭に比肩しうる存在なのが、クロノジェネシス。圧巻だったのは「大混戦」と評されていた今年の宝塚記念でのパフォーマンス。2番人気と中心視されてはいましたが、結果は2着に1.0秒差をつけての勝利。馬場を味方につけた印象もありましたが、直線がもっと長ければどこまで突き放してしまいそうなほどの走りに、衝撃を覚えたファンそして「凱旋門賞」を意識したファンも、多かったのではないでしょうか。 ラッキーライラックとは違い、アーモンドアイとの対決が未だにない点も非常に気になるところ。新旧女王対決が見られるか否かが、今年の秋の日本競馬の大きな見どころのひとつとなるでしょう。 「未完の大器」を筆頭に楽しみな牡馬たち 牡馬も決して負けている訳ではありません。注目馬筆頭はG1ウィナーにして現在は種牡馬として活躍しているリオンディーズやエピファネイアらを輩出したシーザリオ一族のサートゥルナーリア(牡4)。 牡馬クラシック一冠目となる皐月賞(G1、2000m、芝)をはじめ、G1レースをすでに2勝。2019年の有馬記念においても2着に入線するなど、現在の古牡馬では実績最上位。ですが正直なところ、サートゥルナーリアの成績を鑑みた際に、現状で納得しているファンや関係者はあまり多くはないのではないでしょうか。これだけの成績を残しても「未完」と感じざるを得ません。 G1レース2勝、しかも、クラシックも勝利している馬に対して「未完の大器」と評すのはあまりにも失礼な話かもしれません。しかし「強い競馬」を見せたときの走りは、アーモンドアイらも霞むほど魅力的。そんな走りをもし安定して、そしてG1レースの舞台で見せつけてくれる日がくれば、今の日本競馬界がもっと面白くなることでしょう。 また、気になるのは「鞍上問題」。主戦であるルメール騎手はアーモンドアイの主戦騎手でもある為、この2頭がぶつかり合う際は「どちらに、誰が騎乗するのか」も、注目のポイントとなります。 フィエールマン(牡5)も注目の1頭。体質面にやや難は残しますが、デビューわずか4戦で菊花賞(G1、3000m、芝)を制した素質の高さと、天皇賞春連覇の偉業を成し遂げた実力は折り紙付き。秋の初戦は9月27日(日)のオールカマー(G2、2200m、芝)と陣営からも発表。これまでのローテーションから考えればオールカマー後はどこか1戦に絞ってきそうな雰囲気があるだけに、どのレースに出走するのか、そしてどんな走りを見せてくれるのか。もしかすると、このフィエールマンの存在が、今年の秋古馬戦線を盛り上げ、また、馬券検討を難しくしてくれそうです。 2018年の有馬記念(G1、2500m、芝)を制したブラストワンピース(牡5)や、2017年の菊花賞での勝利をはじめ、G1レースで4回の2着入線を果たし、宝塚記念では復活の兆しを見せたキセキ(牡6)なども、注目古牡馬の一角を担います。 凱旋門賞への遠征や、12月の香港遠征などが難しいであろう2020年の日本競馬。だからこそ実力、実績馬たちが全て秋のG1レースに全力を注ぐこととなります。見ごたえのあるレースに是非とも期待しましょう。

how-to-bet-horse-racing-japan-banner

「競馬 賭け方」が全てわかる!初心者向け馬券講座【2023年最新版】

スターホースの誕生や、メディアミックスの成功により、競馬に興味を持たれたはじめた方はかなり多いのではないかと思います。 そういった初心者の人たちが、これから競馬を楽しもうと思い立った際にまず大きな壁となるのが「馬券(正式名:勝馬投票券)の券種の違い」そして「どのように賭ければ良いのか」といったことではないでしょうか? そこで今回は「競馬の賭け方」を、馬券の種類といった基本的な部分から、賭ける際のポイントまでさまざまな観点からご紹介いたします。 初心者の方はもちろんですが、これまで馬券を購入していた方でも、実は見落としがちな情報まで網羅させていただきますので、是非とも最後までお読みいただければと思います。 1.) 日本中央競馬会(JRA)で購入できる、馬券の種類 – 単勝 – 複勝 – 応援馬券 – 枠連 – 馬連 – 馬単 – ワイド – 3連複 – 3連単 – WIN5 – もしも的中者がいなかった場合はどうなる? 2.) 競馬で賭ける前に抑えておきたい【枠番】と【馬番】の違い – 馬番号1番と2番の馬連と枠連を購入する場合 – 馬番号1番と3番の馬連と枠連を購入する場合 – 枠連で賭ける場合に注意したい2つのこと 3.) 馬券のさまざまな『賭け方』 – 流し – フォーメーション – ボックス – マルチ 4.) 意識するだけで変わる、勝つための競馬の賭け方とは? – 馬券は券種によって「還元率」が異なる – 抑えの馬券で保険を掛ける – 3連単はあくまで「勝負馬券」にしない – …

「競馬 賭け方」が全てわかる!初心者向け馬券講座【2023年最新版】 Read More »

belmont-stakes-highlights-banner-1024x481-1

【2021ベルモントステークス】ハイライト&まとめ

2021年のベルモントステークスでは、エッセンシャルクオリティーが2:27:11という非公式なタイムで勝利を収めました。ベルモントステークスは、ニューヨークのベルモント・パークで開催される、3歳の仔馬と牡馬を対象としたG1ステークスで、今回で153回目となります。ホットロッドチャーリーがチャンピオンとの差を縮めて2位を獲得。3位はロンバウアー、4位はナウンアジェンダでした。 フィニッシュの順番 競争馬(過去の成績順) ベルモントステークスは、競馬のG1シリーズの中でも人気の高い三冠レースの第三弾です。最初の2つの区間では勝者が異なっていたため、2021年はすでに非三冠の年と宣言されていますが、ベルモントスタジアムの緊張感は高いままです。ベルモントステークスは、土曜日にエッセンシャルクオリティーが勝利したことで超大作となりました。 このレースのラインナップは、出場馬の格差があったため、一部の人が期待するほどエキサイティングなレースではありませんでした。例えば、2頭の出場馬は、タイトル獲得のチャンスがないと予測されていたのです。エッセンシャルクオリティー、ロンバウアー、ノウンアジェンダが上位3位までに入り、ホットロッドチャーリーはレースのダークホース的存在となっていました。以下、各出場者の詳細をご紹介します。 1. バーボニック バーボニックは、米国ケンタッキー州のカルメットファームを代表する馬です。調教師は、エクリプス賞を7回受賞しているトッド・A・プレッチャー氏。ケンドリック・カームーシュ騎手とのコンビで5位に入賞しました。バーボニックは、ダーレー厩舎のベルナルディーニが種牡馬で、カルメットファームのダンシングアフリートをダムに持つ馬です。15:1のオッズが与えられていますが、これは登録馬の中では真ん中あたりに位置します。 2. エッセンシャルクオリティー エッセンシャルクオリティーは、ゴドルフィンLLCケンタッキーUSAを代表する馬で、ルイス・サエズ騎手とともに2/1のオッズで人気一番になっています。調教師は、エクリプス賞の2020年優秀調教師賞を受賞したブラッド・H・コックスです。 エッセンシャルクオリティーは、ケンタッキーダービー4着、ブルーグラスステークス優勝の後、ベルモントステークスを制したチャンピオンサラブレッドです。ウィンチェルサラブレッドLLCのタピットを種牡馬に、ダーレー厩舎のディライトフルクオリティをダムに持つ馬です。 3. ロンバウアー ロンバウアーは、騎手のジョン・R・ヴェラスケスとともに、3/1という2番目に高いオッズをつけています。ジョン&ダイアン・フラドキン夫妻が馬主兼ブリーダーであるため、自家生産馬として出場します。 調教師のマイケル・W・マッカーシー氏は、「シティオブライト」の調教師として知られ、競馬界で最も尊敬されている人物の一人です。ロンバウアーは、アメリカの三冠レースの第二弾であるプリークネス・ステークスを制しました。クレイグ・ファミリー・トラストのトゥワーリングキャンディを種牡馬とし、John & Diane Fradkinのミスカシミアをダムとしています。 4. ホットロッドチャーリー ホットロッドチャーリーとそのジョッキーであるフラビアン・プラは、7/2のオッズで人々の選択のトップに立っており、Gainesway Thoroughbreds Ltd、Roadrunner Racing、Boat Racing LLC、Strauss Bros Racingなど複数のオーナーを代表している。調教師には2002年の年間最優秀調教師であるダグ・オニール氏が名を連ねています。 ホットロッドチャーリーは、ルイジアナ・ダービーを制し、ケンタッキー・ダービーで3着した後、ベルモント・ステークスで2着しました。種牡馬はカルメットファームのオックスボウ、ダムはエドワード・A・コックスJr.所有のインディアン・ミス。 5. フランスゴデイナ フランスゴデイナは、リカルド・サンタナJr.のジョッキー、菱田裕二のもとでレースに出走しました。この日本の競走馬は、ラインナップの中で最も低い30/1のオッズで勝利の可能性が低いと考えられていました。菱田裕二は、2019年にB.カネッティ、K.カネッティ、ジム&キダー・ベッツの育成牧場から購入したフランス・ゴー・ドゥ・イナとの未勝利戦が2回あるだけで、業界ではまだ新しい存在です。 フランスゴデイナは4レースしか出走しておらず、最高着順は2020年7月のNewcomersの4着でした。スリーチムニーズファームのウィルテイクチャージはフランスゴデイナの種牡馬であり、アンブライドルズソングの子孫の中で最も成功したG1ステークスレーサーの一頭です。ダムのドリーミー・ブルースは、アライアンス・ブラッドストックの出身です。 6. ノウンアジェンダ セント・エリアス・ステイブルズLLCのノウンアジェンダは、ホセ・L・オルティス騎手と共に6/1のオッズが与えられ、このイベントのトップ競合馬の一頭であることを意味しています。調教師はバーボニックと同じトッド・プレッチャーです。 ベルモントステークスの前には、フロリダ・ダービーで勝利を納めましたが、ケンタッキー・ダービーには出走しませんでした。種牡馬はストーンストリート・ステイブルズLLCのカーリン、ダムはセントエリアス・ステイブルLLCのバイラマ。両親はいずれも全盛期の高名なレーサーでした。カーリンは11回1着を獲得し、そのうち7回がG1トレースです。一方、バイラマは、G1レースでのキャリアを通じて1位から8位までの成績を収めました。 7. ロックユアワールド ロックユアワールドとジョエル・ロザリオ騎手は、Hronis Racing LLCのレースに9/2のオッズで出走しました。調教師は、2007年から2014年までハリウッドパーク、デルマー、オークツリー、サンタアニータで複数の調教タイトルを獲得したジョン・W・サドラーです。 ロックユアワールドの最大の功績は、2021年4月のサンタ・アニータ・ダービー(G1)を制したことです。5月のケンタッキーダービーでは17位と残念な結果となりましたが、調教師たちは「もうあんなに落ちることはないだろう」と信じていました。シドニー&ジェニー・クレイグのキャンディ・ライドが種牡馬で、デボラ・マッカナリーのチャーム・ザ・メーカーがダムです。 8. オーバートゥーク オーバートゥークとマニー・フランコ騎手は、トッド・A・プレッチャーの調教師であることを考慮すると20/1と低いオッズでした。その予想は的中し、8人中7位に入賞。オーバートゥークは、今回がG3からの転向後初のG1レースとなります。ウィザースG3で2着、ピーターパンG3で3着していました。ノウンアジェンダと同じくカーリンの駒馬ですが、ダムはHill ‘n’ Dale Equine Holdings, Inc.のゴットラッキーです。 9. イベントから削除された競争馬 ベルモントステークス2021に参加する予定の10頭の出場馬には、メディーナスピリットとレベルスロマンスもいました。しかし、この二頭は異なる理由で除外されてしまいました。レベルスロマンスは、感染症のために辞退。 …

【2021ベルモントステークス】ハイライト&まとめ Read More »

Scroll to Top