有馬記念とは?
有馬記念はどのような競走で、どのような馬が出馬できるのか?また、その賞金額はどの位なのか学んでゆきましょう。

有馬記念は、日本で行われる2つの「オールスター」平地競走のうちの1つで、1956年に制定された時は、中山グランプリとして知られていましたが、現在はこの競走の創設者である有馬 頼寧(ありま よりやす)にちなんで有馬記念と名称変更されました。

 

有馬記念は、3歳以上のサラブレッド馬のためのグレード1競走で、外国産の馬でも日本で調教されれば競走に出馬できる競馬競走の1つです。この競走は、日本秋季トリプルクラウンを獲得するために勝たなければならない競走でもあります。

 

有馬記念で熱戦を展開するほとんどの馬は、競馬ファンからの大多数の投票によって指名されます。このような馬の指名にはお金がかからないので、何千もの日本の人々は、投票に’参加します。

 

国産と外国産のサラブレッドは、3歳馬には55㎏の負担重量が課せられ、4歳以上の馬には57㎏の負担重量が課せられ、そして4歳以下の牝馬と5歳以上の牝馬、および2016年内に南半球で生まれ、育てられた3歳のサラブレッドには2㎏の負担重量の免除(減量)がありますが、負担重量は過去に何度も変更されました。

 

またこの有馬記念には何頭の外国の馬と国内の馬が出馬することができるのかについての制限はありませんが、競走に出馬できる最大頭数は、16頭と制限されています。

 

 

有馬記念の賞金額

 

有馬記念の賞金額は、日本の平地競走の最高額の1つでもあり、総額6億4千800万円(563万5千米ドル)です。

有馬記念の優勝馬は3億円(260万9千ドル)を獲得することができます。

 

 

有馬記念の競馬場

 

有馬記念は、毎年12月後半に開催され、競走の指定は毎年11月の始めから競走が行われる数日前までです。

サラブレッドの馬は、勝つために2,500メートル(12.5ハロン)を疾走します。馬は、芝生面の競技場を疾走しますが、芝生面は馬が短距離を疾走するのを容易にします。

 

 

有馬記念で有名な馬

 

有馬記念で2回優勝した馬は全部で6頭です。有馬記念で競走し、有名になった色々な馬がいますが、そのスピード記録で追従を許さない1頭の馬がいます。

それは、ゼンノロブロイと呼ばれている馬で2004年の有馬記念の優勝馬です。コースを2分22秒5ミリ秒で完走し、引退後種牡馬となりました。

 

 

どこで賭けたらよいのでしょうか?

 

有馬記念で賭けることができるスポーツベッテングサイトは多数ありますが、業界の中でもベストのブックメーカーにはどのようなサイトがあるのかを知りたいのであれば、Gamble.jpの包括的なレビューをぜひ参照してください。この他にも、ランドカジノレビューやオンラインカジノレビュー情報も満載したものを提供しています。

 

 

続きを読む: 世界各地で開催される知っておくべき競馬レー