桜花賞とは?
桜花賞は何でしょうか?またどのような馬が参加することができるのかについて学びましょう。そして賞金額はどの位なのかも見てゆきましょう。

桜花賞は、英国の1000ギニアステークスと同等の日本のギニア平地競走と考えられ、またの名を日本の1,000ギニアとして知られています。

 

桜花賞は、その名が示すように毎年桜が咲く4月初旬に開催されるグレード1のサラブレッドの牝馬のための競走で、競走への参加資格が得られる限り、国産馬および外国産馬でも、日本で調教された馬が参加することができます。

 

この競走に参加する馬の登録と出馬投票は他の競走と比較して時間が掛かるため、この日本版の1,000ギニアステークスのファン投票は、通常前年の10月に始まります。この競争のファンによる最終出馬投票は、競走が始まる数日前です。

 

また、桜花賞に出走することができる国内と国外の馬の頭数に制限はありませんが、競走する馬の最大頭数は18頭です。

 

 

桜花賞の賞金

 

日本版1,000ギネスステークスの賞金総額は2億2千680万円(2019年9月時点で約209万8千米ドル)で、これは日本の平地競走では最高額の1つです。

優勝馬は、1億500万円(2019年9月時点で約97万1千米ドル)を獲得することができます、

 

 

桜花賞の競馬場

 

桜花賞は、兵庫県宝塚市にある阪神競馬場で毎年開催されます。この競争では、馬は、1,600メートル(約8ハロン、注:1ハロンは201メートル)の右回りのコースで、馬は、より簡単な芝生面の競馬場を疾走します。

 

 

桜花賞でもっとも注目すべき馬

 

競走し、1着となったすべての馬は、同じ競走の他の馬を超えるスピードと能力を証明したことになりますが、他の馬に勝ち続けるだけでなく、フィニッシュタイムの記録を塗り替えた馬がいます。それらの馬は、グランアレグリア、アーモンドアイおよびハープスターです。

グランアレグリアグランアレグリアは、2019年の桜花賞を制覇した牝馬で、この競走で1分32秒7ミリ秒のスピード記録で完走しました。

アーモンドアイ→アーモンドアイは、2018年の桜花賞を制覇し、その他にも優駿牝馬、秋華賞、ジャパンカップ、2019年のドバイターフを制覇した史上5頭目の日本のサラブレッドの牝馬三冠馬で、桜花賞では1分33秒1ミリ秒の好成績を残しました。

ハープスター は、2014年の桜花賞を制覇した日本のサラブレッドの牝馬で、桜花賞で1分33秒3ミリ秒の好成績を残しました。

 

 

どこで賭ければ良いのでしょうか?

 

桜花賞競走に賭けることができるスポーツベッテングサイトは何千とありますが、ベストのスポーツブックをお探しならば、詳細なレビューを紹介しているGamble.jpをぜひご覧ください。ブックメーカーについて知っておきべき情報が満載なので、あなたにピッタリのブックメーカーを見つけてください。

 

 

続きを読む: 世界各地で開催される知っておくべき競馬レー