天皇賞とは?
天皇賞とはどのような競走なのでしょうか、またどのような馬が天皇賞に出馬でき、賞金額はどの位なのかを学んでゆきましょう。

天皇賞は、1938年に最初に開催されて以来年2回開催される日本の競馬競走トーナメントの1つです。毎年春と秋に国際的なグレード1のレースが開催されます。

春の天皇賞は、4歳以上のサラブレッド馬だけが出馬することができます。必要とされる資格を満たせば外国の馬も国内の馬も参加することができます。馬には58㎏の負担荷重が課せられますが、4歳以下の牝馬と5歳以上の5歳以上の牝馬には、2㎏の免除(減量)があります。また2015年に生まれ、育成された南半球のサラブレッドの馬には1㎏の免除(減量)があります。春の天皇賞に参加する馬の指名は、3月中旬から競走に出馬する最終馬が発表される数日前まで行われます。競走が始まる数日前にアナウンスされるまで行われます。

春の天皇賞は、3歳以上のサラブレッドの馬のための平地競走で3歳の馬には、56㎏の負担重量が課せられ、一方4歳以上の馬には58㎏の負担重量が課せられます。また4歳以下の牝馬と5歳以上の牝馬、および2016年に南半球で生まれ、育成された馬には2㎏の免除(減量)があります。 秋の競走はしばしば10月後半に開催され、一方競走する馬の指名は、9月始めに始まります。競走に参加する最終馬は、通常レースが始まる数日前にアナウンスされます。

 

春の天皇賞も秋の天皇賞のいずれも競走に参加することができる外国馬の頭数は、特定されていませんが、春の天皇賞も秋の天皇賞も同じ18頭の馬で開始されます。

 

天皇賞の賞金

 

京都で春に行われる天皇賞と東京で秋に行われる皇賞の賞金は、馬が走る距離が違うのに同じ賞金額で、各競走の賞金総額は3億2千500万円(およそ1万304千米ドル)です。

春と秋の天皇賞の勝利馬には、1億5千万円(約130万4千米ドル)が与えられます。

 

天皇賞の競馬場

 

春の天皇賞は毎年京都競馬場で開催され、日本中で一般的に見られる左回りでなく、右回りのコースです。ここで、馬は3,200メートル(約16ハロン)の距離の芝生面を疾走します。

一方、秋の天皇賞は、毎年東京競馬場で開催されます。この競馬場は、日本を含むアジアとヨーロッパ中で最も一般的に見ることができる左回りです。サラブレッドの馬は、2,000メートル〈訳10ハロン)の距離の芝生面を疾走します。 

 

天皇賞で最も注目された馬

 

日本の春と秋の天皇賞の両方は、国産馬と外国の馬が競走する最も名誉のある競走の1つと考えられます。つまり、競馬場で、技術、スピード、および能力を示した多くの注目された馬がいたと言うことです。

その注目された馬は、メジロマックイーン、トーセンジョーダン、キタサンブラックです。

メイジロマックイーンメイジロマックイーンは、1991年と1992年に春の天皇賞を制覇した数頭の馬のうちの1頭で、最初に優勝した時は3分18秒8ミリ秒で完走し、2回目に優勝した時は3分20秒以内で完走しました。

トーセンジョーダン→トーセンジョーダンは1回目に秋の天皇賞を制覇した時は5歳でした。このサラブレッドの馬は、1分56秒1ミリ秒で完走して有名になりました。

キタサンブラック→ キタサンブラックは、春と秋の天皇賞の両方を制覇した国内産のサラブレッドで、2016年と2017年に春の天皇賞を制覇し、さらに2017年に秋の天皇賞をも制覇しました。

 

 

どこで賭ければ良いのでしょうか?

 

天皇賞に賭けるのに使うことができるスポーツベッテングサイトは多数ありますが、ベストのスポーツブックを知りたいのであれば、情報満載なレビューを提供しているGamble.jpが紹介しているブックメーカーを是非ご覧ください。ゆっくりとくつろいで、オンラインブックメーカについて知らなければならないすべてを一目で簡単にチェックすることができます。

 

 

続きを読む: 世界各地で開催される知っておくべき競馬レー