中山大障害とは何でしょうか?
中山大障害とはどのようなものなのか?どのような馬がそれに出馬できるのかについて一緒に学んできましょう。その獲得金額や最も優秀な馬についても見てゆきましょう。

中山大障害は、日本で最も古く、権威のある競馬のうちの1つで、中山大障害として知られている競馬は、1934年にすべての国内のサラブレッド馬のために始まりました。当初は、大障害特別と呼ばれていましたが、後に中山大障害と名前が変わりました。

 

中山大障害は、1999年に中山大障害が中山グランドジャンプと再び名前が変更されるまで、当初は毎年2回春と秋に行われていました。



これは3歳以上のサラブレッド馬の日本のグレード1の競走です。この中山大障害に出馬するためには、3歳馬は61kg、4歳馬以上は63kgの負担重量が課せられます。しかしこれには許容制があり、4歳以下の牝馬と5歳以上の牝馬には、それから2kg免除(減量)があります。

 

中山大障害は、国際的な障害ジャンプ競走です。つまり、外国産の馬と訓練を積んだ馬が出馬を許されています。このトーナメントに何頭の馬が出馬できるかの規定はありませんが、毎年競走する馬の最大数は16頭と限られています。

 

 

中山大障害の賞金

 

中山大障害は、日本の障害競走で最も賞金額の多い競走の1つで、賞金額は総額1億4千266万円(およそ124万522米ドル)です。この額と同様な金額が馬と騎手と調教師が中山グランドジャンプで獲得できる賞金です。

1着から10着でゴールインで入賞した馬の賞金は以下の通りです。

 

着順

  賞金額

1着

66,000,000円

2着

26,000,000円

3着

17,000,000円

4着

9,900,000円

5着

6,600,000円

6着

5,280,000円

7着

4,620,000円

8着

3,960,000円

9着

1,980,000円

10着

1,320,000円

 

 

中山大障害のレーストラック

 

中山大障害競走は、通常、中山競馬場で12月後半に開催されます。サラブレッドの馬は、4,100メートル(2.56マイル)の芝面のコースを疾走します。

レースコースには、馬が通過しなけばならない険しい丘や傾斜地があります。馬はまた、ゴールインする前に水たまり、垣根、およびブラシのフェンスを飛び越えなければなりません。

 

中山大障害で最も注目すべき馬

 

中山大障害が始まって以来、さまざまな馬が何度となく1着でゴールインしました。1999年からこれまでこの競走に1度以上勝った馬はキングジョイとオジュウチョウサンです。これらの馬について下に紹介します。

 

キングジョイ

キングジョイは中山大障害を2008年と2009年の2回にわたって制覇した国産のサラブレッド馬です。第1回目に制覇したのは6歳の種馬の時だったので、トーナメントに勝った馬の中では最年長の馬のうちの1頭でした。

 

オジュウチョウサン

オジュウチョウサンは、2016年と2017年に中山大障害を制覇した最も注目すべき国産の  良く訓練されたサラブレッドの牝馬で、2017年にゴールインした時のタイムは4分36   秒以内でした。

 

 

どこで賭けたらよいのでしょうか?

 

中山大障害を当業界のベストのスポーツベッティングサイトでお探しなら、それ以上探す必要はありません。Gamble.jpは、当市場でベストのブックメーカーの包括的なレビューを提供しています。ブックメーカーのみならず、最高のゲームを簡単に探せるためのランドカジノとオンラインカジノのレビューも取り扱っております。

 

 

続きを読む: 世界各地で開催される知っておくべき競馬レー