東京優駿(とうきょうゆうしゅん)とは?
東京優駿とは何か、また東京優駿に出馬できる馬について見てゆきましょう、 またどのようにその日本ダービーに出馬できるのか、そしてどの位の賞金を獲得できるのかについて学んでゆきましょう。

東京優駿は、日本の最も有名な平地競走の1つで、日本ダービーとも呼ばれています。1932年に始まり、イギリスのエプソムダービーと同等の大きな競馬イベントです。

 

東京優駿はまた日本トリプルクラウンの2番目の競走であるとも考えられ、1着を制覇した馬に与えられる賞です。1番目の賞は皐月賞で、3番目の賞は菊花賞です。 このトーナメントで競走するのは、サラブレッドの4歳以下の牡馬と4歳以下の牝馬で、せん馬は出馬できません。 日本は、国際競馬当局連盟のICSパート1カテゴリーに加盟しているので外国産や訓練された馬も出馬できることができます。つまり、海外の馬は、日本競馬協会(JRA)が開催する競馬に出馬することができますが、JRAのすべてのグレードの「ブラックタイプ」の競走だけに出馬することができます。

日本ダービーでは4歳以上の牡馬には57kgの負荷重量が課せられ、また4歳以下の牝馬には55㎏の負荷重量が課せられます。

皐月賞で上位5着に入賞した馬は、日本ダービーに出馬することができます。また青葉賞に2着以内で入賞した馬だけがこの日本ダービー出場の優先権が与えられます。そして、プリンシパルステークスに1着で入賞した馬には出馬権が自動的に与えられますが、京都新聞杯やNHKマイルカップなどに勝っても日本ダービーに出馬することはできません。

 

地方競馬協会(NAR)の馬もまた、日本ダービーに出馬することができます。日本ダービー以前にグレード2またはグレード3で勝利したサラブレッドの3歳馬も出馬することができますが、東京優駿に出馬できる馬は、最大18頭と決められています。

 

 

東京優駿の賞金

 

東京優駿の賞金は、日本の平地競走では最高額のうちの1つで、その賞金額は4億3千200万円(375万7千米ドル)です。2017年時点での1着の馬の賞金は、総額2億円(173万9千米ドル)で、残りの賞金は2着から10着で入賞した馬に分割されます。

 

 

東京優駿の競馬場のレースコース

 

日本ダービーは、東京府中市にある東京競馬場毎年開催され、12ハロン(2,400メートル、注:1ハロンは201メートル)にわたって熱戦が繰り広げられます。東京競馬場のコースは、馬が走りやすい芝面の左回りで、これは平地競走と障害競走では最も一般的な馬場(表面素材)の1つです。

 

 

東京優駿で最も有名な馬

 

東京優駿に出馬するほとんどの馬は、日本と外国でベストの馬のうちの1頭で、この競走で1着となる馬は、しばしば2分30秒の好タイムでゴールインします。1994年からの記録をさかのぼり、最短時間でゴールインした馬は、ロジャーバローズです。

ロジャーバローズは、2019年の日本ダービーに出馬し、1着を勝ち取った国産のサラブレッドの競走馬で、2分22秒でゴールインしました。

 

 

どこで賭けたら良いのでしょうか?

 

この競争で賭けるのに使うことができるスポーツベッテングサイトは多数ありますが、ベストのスポーツブックを知りたいのであれば、Gamble.jpの包括的なレビューを是非参照してください。ランドカジノレビューやオンラインカジノレビュー情報が満載したものを提供しております。

 

 

続きを読む: 世界各地で開催される知っておくべき競馬レー