函館競馬場について
函館競馬場で観戦し、賭けることができるレースや競馬場のコースなどについてわかりやすく徹底的にご紹介します。

函館競馬場は日本で最も古い競馬場の1つです。1896年に日本中央競馬会(JRA)によってオープンしました。この競馬場は、北海道の函館市にあります。

日本競馬協会(JRA)は、さまざまな競馬イベントを管理し、賭けることができる施設の管理、そして馬の訓練が行われる施設などの運営もしております。

函館競馬場では、グレード3のサラブレッド平地競走が開催されます。国内の馬も海外の馬も函館競馬場で開催する競馬に出馬することができますが、毎年、参加する馬の公開や表彰の時期はレースごとに異なります。そのため、関係者は、函館競馬場で行われる競馬イベントに出馬するためにこまめに開催スケジュールを確認しなければなりません。

通常、競馬の開催時期に変更はないものの、事情により変更などの可能性があるため、いつ競馬が開催されるのか確認する必要があります。また、競馬が行われる競馬場も念のために確認する必要があります。2008年と2009年の競馬は函館競馬場の改修のため、札幌競馬場で行われました。

 

競馬が行われる当日、函館競馬場の入場料金は100円です。またコースの近くの景色を眺めながら競馬を楽しめる施設がいくつかあります。これらの施設には、次のものが含まれます。

  1. パドックシアター:野外に設けられている競馬を観戦できるエリアであり、約650インチの大迫力画面で熱い競馬観戦をお楽しみいただけます。
  2. パドックシート:一年中、快適な環境で競馬を観戦し、賭けることができるように設けられた屋内観覧席があるエリアです。
  3. 雲の広場:競馬を観戦できる多くの座席が設けられた広くて開放的なエリアです。
  4. ダッグアウトパドック:馬の脚を観察することができるエリアです
  5. ホースヴィスタ:(レース直前の騎手や競走馬を間近で応援できるはなみちと呼ばれるスポットの上にあるエリアです。)
  6. 展望デッキ:競馬場だけでなく函館市近くの海も眺めることができる展望台です。
  7. 光の広場:函館市の街を見渡せる開放的な野外展望台です。

函館競馬場の施設内には子供が遊べるエリアもあります。緑の広場とキッズコーナーは遊具で充実した施設があり、また両方の施設とも無料です。

 

 

函館競馬場への行き方

 

函館競馬場は、〒042-8585 北海道函館市駒場町12-2にあります。函館競馬場に行くのにバス、電車、タクシー、徒歩の4つの選択肢があります。 

 

バス

函館空港から函館競馬場までバスで約20分かかります。料金は210円~400円です。市民会館前バス停留所で降り、徒歩9分で到着します。

北斗市から競馬場に行くには、まず、タクシーで新函館駅までタクシーで3分で着き、料金は1,400円~1,700円です。新函館駅から電車に乗り函館駅まで行きます。(料金は約320円~1,500円です。函館駅からバスに乗り市民会館前まで行きます。約25分で市民会館前に着き、210円~300円位です。そこから競馬場へは徒歩で9分以内です。

七飯から来られる場合、七飯駅から電車に乗り、函館駅で降ります。15分で着き、料金は250円~360円です。そこからバスに乗り、市民会館前で降ります。七飯駅から市民会館前まで約25分かかり、料金は210円から300円です。そして市民会館前から函館競馬場まで徒歩で9分です。

 

電車

函館市から函館競馬場に行くには、まず千歳町駅で赤線に乗り、競馬場前で降ります。ここまで23分かかり、料金は210円~250円です。そして徒歩5分で競馬場に着きます。

七飯町から函館駅まで電車で行くことができます。函館駅まで15分かかり料金は250円から360円程度です。そこから青線に乗り、競馬場前で降ります。ここまでの移動に29分かかり、料金は約190円~250円です。そして駅から競馬場まで徒歩5分です。

北斗市から競馬場に行くには、新函館北斗駅で電車に乗り、函館駅で降ります。新函館北斗駅から函館駅まで約9分かかり、そして料金は320円~1,500円程度です。そして、函館駅前から競馬場前駅まで電車に乗ります。ここまで約29分かかり、料金は190円~250円です。競馬場駅前から函館競馬場まで徒歩5分です。

 

タクシー

函館市から競馬場までタクシーで約5分で到着します。料金は約1400円から1800円位です。

七飯町から函館競馬場までタクシーで約17分です。料金は約4,700円から6,000円位です。

北斗市からは函館競馬場までタクシーで約17分です。料金は約5000円から6500円位です。

 

徒歩

函館から函館競馬場まで徒歩で約52分です。

 

函館競馬場のレースコース

函館競馬場は、平地競走とハンディキャップの2つの形式の競馬が行える2つのレースコースからなります。

 

メインコース

メインコースは芝コースです。芝生でできたコースで、馬が最速のスピードで短距離を疾走するのに最適なレーストラックとして、しばしば平地競走に使われているレースコースでもあります。

芝コースは、主にヨーロッパで見られるレースコースです。特に平地競走が最も人気のある競馬であるため、平地競走でよく使われる芝コースが最も一般的なレースコースです。そしてこのようなコースでは、国産の馬でも外国産の馬でも、どの国の競走でも馬が疾走し、競走のできるレースコースの1つです。

 

メインコースの各3つのコースの1周の距離と幅は次の通りです。

コース

一周距離

幅員

A コース

1,627 m

29 m

B コース

1,652 m

25 m

C コース

1,677 m

21 m

 

 

ダートコース

ダートコースで最も一般的に使用される材料は土で、これはアメリカのような’西洋諸国のほとんどのトラックでしばしば見ます。しかし、日本のダートコースは異なり、土でなく水はけの良い砂が使用されます。日本は、雨が多いため砂にすることが必要となります。

 

ダートコースの一周の距離は、1,518メートルで、幅は、20メートルあります。

 

函館競馬場のレース

函館競馬場では、1つのハンディキャップを含むグレード3の平地競走が開催されます。


函館競馬場で観て、賭けることができるレースの一覧は次の通りです。

 

レース

グレード       

コースと距離          

函館スプリントステークス

Grade III

芝コース 1200m

函館2歳ステークス

Grade III

芝コース 1200m

函館記念

Grade III

芝コース  2000m

 

 

続きを読む: 世界で最も人気のある競馬場ト