阪神競馬場について

5月 7, 2022

阪神競馬場は日本の4大競馬場の1つです。京阪神株式会社によって1949年に兵庫県宝塚に設立され、のちに1955年日本中央競馬会に譲渡されました。

日本中央競馬会は、日本の2大競馬会社のうちの1つです。日本中央競馬会は中央競馬を管理し、またいくつかの競馬イベントの主催、競馬の賭けの管理、そして馬の訓練が行われる施設などの運営もしております。

阪神競馬場は日本有数の巨大競馬場の1つです。その規模は13万9千人を収容することができ、また馬と賭け手の皆様などのために1991年と2006年に大きな改修が行われました。

数多くの国内競馬イベントと国際的競馬のイベントが阪神競馬場で行われるため、国内テレビ局だけでなく、国際的ネットワークを通じて競馬が放送されます。阪神競馬場で行われる競馬を放送するネットワークと放送される国は以下の通りです。

放送ネットワーク 放送日
KBS 京都 日本 土曜日
関西テレビ放送 日本 日曜日
TVG ネットワーク アメリカ合衆国 レール当日

阪神競馬場の入場料は、わずか200円です。競馬場内には、競馬を観戦しながら喫茶店、レストラン、屋台を楽しむことができます。また、子供のためのスペースや展示会場、ギフトショップなどもあります。

阪神競馬場への行き方

阪神競馬場は、〒665-0053 兵庫県宝塚市駒の町1-1にあり、電車、タクシー、徒歩などで簡単に行くことができます。

電車

大阪から梅田阪急駅で乗車し、12分で西宮北口駅に着きます(240〜270円)。そこから別の電車に乗り、5分で仁川駅に着きます(150〜170円)。その後、歩いて9分で競馬場に着きます。

神戸三宮駅から電車に乗ると、21分で西宮北口駅に着きます(250〜270円)。そこからまた別の電車に乗ると、5分で仁川駅に着きます(150〜170円)。そこから競馬場まで歩いて9分です・

タクシー

大阪からタクシーで18分で競馬場に着きます(7,000〜8,500円)。

神戸三宮からタクシーに乗って15分で競馬場に着きます(7,000〜9,000円)。

徒歩

阪急今津線仁川駅から専用通路で徒歩約5分で競馬場に着きます。

阪神競馬場のレーストラック

阪神競馬場には、ほとんどの競馬イベントに3つの異なるコースがあります。これらのレースコースは長さと幅が異なり、異なる競馬が行われます。

そのコースは、メインコース、ダートコース、および障害物競走コースです。メインコースと障害物競走コースは、別の目的で使用されますが、それらは両方とも、芝生面で行われます。

メインコース

阪神競馬場のメインコースはほとんどの競馬でしばしば使用されます。また阪神競馬場のコースは、距離と幅が異なる内回りと外回りからなります。

内回りの距離と幅は以下の通りです。

コース 一周距離
A コース 1,689 m 24 〜28 m
B コース 1,713 m 20 〜25 m

外回りの距離と幅は以下の通りです。

コース 一周距離 幅員
A コース 2,089 m 24 〜28 m
B コース 2,113 m 20 〜25 m

ダートコース

ダートコースは、競馬で最も一般的に使われているレースコースです。しかし、日本のダートコースは、アメリカなどの諸外国のように土でできているのではなく、砂から作られています。日本は雨が多く、馬場状態が悪くなりがちになるため、土ではなく砂が使われるようになりました。

アメリカなどの諸外国のダートコースのように土で出来たダートコースは水はけが悪くそれに対して砂でできた日本のダートコースは水はけが良いです。

中央競馬が管理するレースコースでは、六ヶ所村(ろっかしょむら)の海砂が使われ、地方競馬などのダートコースでは、青森県の川砂が使われます。

地質が異なるコースのため、外国の馬が日本の競馬場で競走するのが最も難しいレースコースはダートコースだとされています。これは、日本の馬は、砂面でのダートコースで競走するのに外国の馬より有利であることを意味し、外国の馬にとって克服しなければならない難易点でもあることを意味します。

ダートコースは、一周の距離が1,518メートルで、幅が22~25メートルあります。またコース内には1,400メートルのシュートが含まれています。

障害物競走コース

障害物競走コースは、ジャンプ競馬のための特別なコースです。この種の競走は、平地競走とハンディキャップ競走に続いて人気があります。

本コースはオーライン(O-LIneまたは周コース)とエスライン(S-Lineまたは襷コース)と呼ばれる異なる距離がある2つのトラックに分けられます。)

オー(O)ラインの距離と幅は以下の通りです。

ライン((周)) 一周距離 幅員
Oライン 1,367 m 21 m

エスラインの距離と幅は以下の通りです。

ライン(襷) 一周距離 幅員
Sライン 404 m 21 m


阪神競馬場で行われる競馬レース

阪神競馬場は日本の4大競馬場の1つで、国内と国際的な競馬イベントが開催されます。したがって、日本の馬と外国の馬が競い合える場でもあります。当競馬場で開催される競馬は、さまざまな競走 と期間にわたり一年中行われております。

阪神競馬場で観て賭けることができるレースの一覧は次の通りです。

レース グレード コースと距離
大阪杯 グレード 1 芝コース 2000m
桜花賞 グレード 1 芝コース 1600m アウト
宝塚記念 グレード 1 芝コース 2200m
阪神ジュベナイルフィリーズ グレード 1 芝コース 1600m アウト
朝日杯フューチュリティステークス グレード 1 芝コース 1600m アウト
フィリーズレビュー グレード 2 芝コース1400m
阪神大賞典 グレード 2 芝コース3000m
阪神牝馬ステークス グレード 2 芝コース1400m
セントウルステークス グレード 2 芝コース1200m
ローズステークス グレード 2 芝コース 1800m アウト
神戸新聞杯 グレード 2 芝コース 2400m アウト
阪神カップ グレード 2 芝コース 1400m
アーリントンカップ グレード 3 芝コース 1600m アウト
阪急杯 グレード 3 芝コース 1400m
チューリップ賞 グレード 3 芝コース 1600m アウト
毎日杯 グレード 3 芝コース 1800m アウト
アンタレスステークス グレード 3 ダートコース 1800m
鳴尾記念 グレード 3 芝コース 2000m
マーメイドステークス グレード 3 芝コース  2000m
シリウスステークス グレード 3 ダートコース 2000m
チャレンジカップ グレード 3 芝コース 2000m
阪神スプリングジャンプ グレード 2 ー 障害競走 芝コース 3900m
阪神ジャンプステークス グレード 3 ー 障害競走 芝コース 3140m

Clear