金沢競馬場

5月 7, 2022

金沢競馬場は地方競馬施設の1つの競馬場です。当競馬場で開催される競馬は、石川県と金沢市のそれぞれが別々に主催者として開催します。

金沢競馬場は、地方競馬全国協会((英称):National Association of Racing)の管轄下にあります。地方競馬全国協会自体は、競馬(の開催を行いませんが、)(開催しませんが)地方公共団体によって開催される地方競馬の公正かつ円滑な実施の推進を図る地方共同法人で、その全体的な管理を行っています。

金沢競馬場は石川県金沢市にあります。日本国内の中でも最も古くそして美しい競馬施設の1つで、多くの観光客が、この美しい古い首都を訪れます。金沢競馬場の入場料はわずか100円です。

金沢競馬場への行き方

金沢競馬場に行くには、タクシーまたはバスで行く2つの選択肢があります。

金沢競馬場は、〒920-3105 石川県金沢市八田町西1番地にあります。タクシーで行く場合、金沢競馬場へは、2つの経路があります。JR金沢駅から約20分で到着する経路とJR森本駅から7分で到着する経路です。

タクシーの他にJR金沢駅から金沢競馬場の間を往復するシャトルバスがあります。このシャトルバスは、金沢競馬場で競馬が開催される日だけ運行されます。

金沢競馬場のコース

金沢競馬場は、右回りのダートコースです。ダートコースは、ほとんどの平地競走で使用されているレースコースの1つです。ダートコース競走では、俊敏さとスピードを生かした走りを見ることができます。

日本は雨が多いためアメリカなどの外国で見るようなダートコースとは異なり、レースコースの表面は土ではなく、砂でできています。中央競馬が管理するレースコースでは、海砂が使われ、地方競馬などのダートコースでは、川砂が使われます。

そして、このような砂からできているダートコースでは、馬は競走する時、より大きな脚力を必要とし、一般的に牡馬(スタリオン)の方が有利とされています。

1周の距離は1,200メートルで、また直線は236メートルで、幅は20メートルあります。

金沢競馬場のレース

金沢競馬場は日本国内の中でも競馬の開催が最も少ない競馬場です。金沢競馬場の競馬は3月に開催されます。そして日中に開催されます。

金沢競馬場に行き、競馬を楽しまれる際には、予告なしに競馬の開始時刻が変更される可能性があるので、こまめに公式ホームページでレースが行われる時間をチェックしておきましょう。

2019年度に金沢競馬場で観て、賭けることができる競馬レースは以下の通りです。

月                日程            レースのスケジュール
1月
2月
3月 17日 日中
19日 日中
21日 日中
26日 日中
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

続きを読む: 世界で最も人気のある競馬場ト

Clear