大井競馬場について

5月 7, 2022

大井競馬場は日本国内にある競馬場の中でも人気のある競馬場の1つです。その人気の理由はトゥインクルレースと呼ばれる競馬が開催されるからです。トゥインクルレースとは明るい照明の下で行われるナイター競馬です。

大井競馬場で行われる競馬は、地方競馬として開催されています。地方競馬は地方公共団体によって開催される地方競馬の公正かつ円滑な実施の推進を図る地方共同法人で、その全体的な管理を行っています。

大井競馬場の施設は東京都競馬株式会社の所有で、特別区競馬組合が管理し、競馬を開催します。

大井競馬場は、別名東京シティ競馬 (TCK)」の愛称で知られている競馬場で、入場料はわずか100円です。しかし、外国のパスポートを提示すると無料で入場することができます。

大井競馬場にはさまざまな屋台とレストランなどの設備が充実しており、また、競馬に賭け、観戦しながら楽しめるイベントなどもたくさんあります。

大井競馬場への行き方

大井競馬場へ行くのであれば、徒歩とバスの2つの選択肢があります。大井競馬場は、〒140-0012 東京都品川区勝島2-1-2にあります。

徒歩で来られる場合、2つの経路があります。その1つは、モノレールで大井競馬場前駅で降り、そこからは2分で競馬場に着きます。もう1つの経路は、京浜急行電鉄の立会川駅で降り、そこから歩いて12分です。

また、ナイター競馬の間、無料のシャトルバスの運行があります。シャトルバスの経路は、競馬場とJR大森駅、JR大井町駅、およびJR錦糸町駅の間です。

競馬があるなしにかかわらず、JR品川駅経由で競馬場とJR目黒駅の間をシャトルバスが運行しています。

大井競馬場のレースコース

大井競馬場のレースコースは、日本で数少ない内回りと外回りの楕円コースがあるレースコースです。そしてレースコース自体は、右回りのダートコースです。つまり、馬は時計回りにレースを走ることを意味します。

大井競馬場でダートコースが使われる理由は、ダートコースは一般的に平地競走で使われているレースコースの一種だからです。日本のダートコースは外国と違い、日本では雨が多いので水はけを良くするために土ではなく砂を使用しています。

大井競馬場のダートコースの外回りの楕円コースの1周の距離は1,600メートルあり、直線は386メートルで、幅は25メートルあります。そしてダートコースの内回りの楕円コースの1周の距離は1,400メートルあり、直線は286メートルで、幅は25メートルあります。

大井競馬場のレース

他の地方競馬とは異なり、大井競馬場で開催される平日と週末の競馬は日中だけでなく夜の間に行われるナイターもあります。そのため、日中でも夜でも時間があれば大井競馬場に行き、競馬のレースを観て、賭け、楽しむことができます。大井競馬場で行われるレースも事前通知なしに開催時刻と日程が変更されることがありますので、こまめに公式ホームページより確認することをおすすめいたします。

2019年度に大井競馬場で観て、賭けることができるレースは次の通りです。

月             日程                  レースのスケジュール   
1月 21日~ 25日 日中
2月 4日~8日 日中
3月 4日~8日 日中
18日~22日 日中
4月 8日~12日 ナイター
22日~26日 ナイター
5月 20日~24日 ナイター
6月 3日~7日 ナイター
24日~28日 ナイター
7月 8日~12日 ナイター
28日~31日 ナイター
8月 1日 ナイター
11日~16日 ナイター
25日~28日 ナイター
9月 16日~20日 ナイター
30日 ナイター
10月 1日~4日 ナイター
14日~18日 ナイター
11月 11日~15日 ナイター
12月 2日~6日 ナイター
25日~27日 ナイター
29日~31日 日中

続きを読む: 世界で最も人気のある競馬場ト

Clear