札幌競馬場について
札幌競馬場で観戦し、賭けることができるレース、札幌競馬場のコースなどにについてわかりやすく徹底的に紹介します。

札幌競馬場は札幌市にある日本国内で最も古い競馬場の1つです。この競馬場は、1907年に日本中央競馬会(JRA)により一般公開されました。

日本中央競馬会は日本国内で行われる数多くの競馬を開催していて、また、賭けることができる競馬や馬の訓練施設などの運営と管理をしている特殊法人です。国内外の競馬の運営と管理をしているため、質の高い外国からの馬も、条件を満たせばこれらの開催される競馬に出馬できることを意味します。

また、当競馬場で開催される競馬は、さまざまな競走と期間にわたり一年中行われております。だから観て、賭けたい競馬イベントがあれば、いつ開催されるのかなどを自分で確かめておきましょう。

札幌競馬場では。毎年5つの競馬イベントしか開催されません。そのうちの4つの競馬イベントはグレード3の競走で、残り1つの競馬イベントはグレード2(サラブレッドのためのハンディキャップ平地競走の札幌記念)です。

札幌競馬場の入場料金は100円です。札幌競馬場にはパカパカドーム、じゃぶじゃぶ池とキッズランドなどの子供と時間を過ごせる施設などがあります。

その他、競馬に賭けてレースを楽しみながら楽しめる屋台やレストランなどがあります。

 

 

札幌競馬場への行き方

 

札幌競馬場は〒060-0016 北海道札幌市中央区北16条西16-1-1にあります。札幌競馬場に行くのにバス、電車、タクシーの3つの選択肢があります。 

 

バス

小樽市から札幌競馬場に行く場合、 まず奥沢口バスターミナルから札幌駅まで行きます。札幌駅までは56分です。そして料金は610円です。札幌駅に着いたら、電車で桑園駅まで行きます。約2分で着き、料金は65円~95円くらいです。そして桑園駅から競馬場まで徒歩で20分です。

千歳町から札幌競馬場に行く場合、まず南千歳バスターミナルから札幌駅までバスで行きます。札幌駅まで約1時間で着き、料金は600円~1,400円です。そして札幌駅から桑園駅まで電車に乗ります。桑園駅までは約2分で、料金は65円~95円です。そして桑園駅から競馬場まで徒歩で20分です。

夕張から札幌競馬場に行く場合、まずタクシーで高速東山上まで行きます。タクシーで52分で料金は1万6千円~2万円です。そこからバスに乗り札幌バス停留所まで行きます。バスで約51分、料金は700円~1,100円です。そして札幌駅で電車に乗り桑園駅まで行きます。桑園駅までは約2分で、料金は65円~95円です。そして桑園駅から競馬場まで徒歩20分で着きます。

また、競馬が開催されている週末には、JR桑園駅と二十四軒駅から札幌競馬場の間を往復している無料のシャトルバスを利用することもできます。シャトルバスは午前9時から午後5時まで運行されています。

 

タクシー

千歳町から札幌競馬場までタクシーへ行く場合、34分で着くことができます。料金は14,000円~18,000円くらいです。

小樽市から札幌競馬場までタクシーへ行く場合、28分で着くことができます。料金は10,000円~12,000円くらいです。

 

電車

小樽市から札幌競馬場まで電車で行く場合、まず南小樽駅から桑園駅まで行きます。桑園駅まで約39分で、料金は、500円~750円です。そして桑園駅から徒歩で20分です。

千歳町から札幌競馬場まで電車で行く場合、まず千歳駅から札幌駅まで行きます。札幌駅まで約30分で、料金は、650円~2,100円です。そして札幌駅から桑園駅まで電車に乗ります。桑園駅までは約2分で、料金は65円~95円です。そして桑園駅から競馬場まで徒歩で20分です。

夕張から札幌競馬場まで電車で行く場合、まず新夕張駅から札幌駅まで行きます。札幌駅まで約1時間で、料金は2,600円~3,200円です。そして札幌駅から桑園駅まで電車に乗ります。桑園駅までは約2分で、料金は65円~95円です。そして桑園駅から競馬場まで徒歩で20分です。

 

札幌競馬場のレースコース

札幌競馬場では、平地競走とハンディキャップの2種類の競馬しか行われません。そのため、これらの競馬を開催するためのメインコースとダートコースの2種類のレースコースがあります。

 

メインコース

札幌競馬場のメインコースは芝コースです。芝コースは平地競走で最も使われているレースコースの1つです。芝コースでは、馬は全速力で走ることができ、コースを疾走します。 

札幌競馬場のメインコースには距離と幅が異なるAコースとBコースの2種類のコースがあります。

 

コース

一周距離

幅員

A コース

1,641 m

25 ~ 27 m

B コース

1,660 m

22 ~ 24 m

 

 

ダートコース

ダートコースはさまざまな平地競走で一般的に使われているコースです。しかし、日本のダートコースはアメリカなどの外国で見るようなダートコースとは異なり、レースコースの表面は土ではなく、砂でできています。このため、慣れない日本のダートコースで競走することは外国の馬にとって難易度が上がります。そして日本の馬にとっては外国の馬と競走する際の 有利な点となります。

そして、一般的に牡馬(スタリオン)の方が、地面を強く蹴り、全速力でレースを走ることができるため、砂面でのレースコースで走ると勝率が高くなります。しかし、これは、馬が克服しなければならないレースでのハンディキャップとしての役割になります。

札幌競馬場のダートコースの1周の距離は1,487メートルあり、そして幅は20メートルあります。

 

札幌競馬場のレース

 

札幌競馬場では、毎年5つの競馬レースしか開催されません。開催されるすべての競馬は、サラブレッド平地競走とハンディキャップの競走です。札幌競馬場で観て、賭けることができるレースは次の通りです。

 

レース

グレード

コースと距離

札幌記念

グレード 2    

芝コース 2000 m

クイーンステークス

グレード 3

芝コース 1800 m

キーンランドステークス

グレード 3

芝コース 1200m

エルムステークス

グレード 3

ダートコース 1700 m

札幌2歳ステークス

グレード 3

芝コース 1800 m

 

 

続きを読む: 世界で最も人気のある競馬場ト