宝塚記念ってどんなレース?
宝塚記念競走とは何か、またどのような馬が参加できるのか。 そして賞金はいくらなのかなどをレースの詳細を説明します。

宝塚記念は、毎年6月下旬に開催されるグレード1の競走で、日本の2つの「オールスター」平地競走のうちの1つで、他の「オールスター」の有馬記念に先だって開催されます。

宝塚記念は、必要条件を満たせば、国内と外国の3歳以上のサラブレッドが参加することができるサラブレッド種だけの平地競走です。この競争では3歳の馬には53㎏の負担重量が課せられ、4歳以上の馬には58㎏の負担重量が課せられますが、この負担重量はこれまで数多く変更されました。

牝馬には2㎏の負担重量の免除(減量)があります。南半球産の馬は、その馬の生まれた年と月、競技場での走行距離などが考慮され、1~4㎏の負担重量の免除(軽減)があります。

また、宝塚記念に出走する馬の頭数の特別な制限はありませんが、競走する馬の最大頭数は18頭です。

 

出走馬のファン投票は、例えば2019年の場合、5月18日から6月2日の間で、必要条件を満たした馬がファン投票の対象となります。2019年の場合ファン投票の結果、つまり出走馬の最終発表は6月6日に行われました。この競走に出走する馬の登録料は、300,000円(2019年9月時点で約2,788円)です。

 

 

宝塚記念賞

 

宝塚記念の賞金総額は3億2千500万円(2019年9月時点で301万8千米ドル)で、これは日本の平地競走では最高額の1つです。

優勝馬は、1億5千万円(2019年9月時点で139万3千米ドル)を獲得することができます、

 

 

宝塚記念の競馬場

 

宝塚記念競走は、兵庫県宝塚市にある阪神競馬場で毎年開催されます。この競争では、サラブレッドの馬は、2,200メートル(およそ11ハロン、注:1ハロンは201メートル)の芝生面の競馬場を疾走します。

以前この阪神競馬場の距離は、最初に設立された時は1,800メートルでしたが。1961年から1965年の間2,000メートルに変更され、その後現在の2,200メートルに変更されました。

芝表面のレースコースは、一般的にフラットとハンディキャップレースで使用されます。これは、馬がトラックに障害がないため、全速力で走ることを可能にします。

 

宝塚記念でもっとも注目すべき馬

 

最近の宝塚記念を制覇した馬の殆どは5歳馬ですが、アメリカ産のダンツシアトルと国産のリス・グラシューの2頭は、そのフィニシュタイプで知られています。

ダンツシアトル→このサラブレッドの牡馬は、1995年に優勝した時は5歳で、またこの時2分10秒2ミリ秒で完走することができました。

リス・グラシュー→このサラブレッドの牝馬は、2019年に優勝した時は5歳で、またこの時2分10秒8ミリ秒で完走することができました。

 

 

どこで賭けたら良いのでしょうか?

 

この競走に賭けることができるスポーツベッテングサイトは何千とありますが、ベストのスポーツブックのいくつかは、Gamble.jpの詳細なレビューで調べることができます。

 

 

続きを読む: 世界各地で開催される知っておくべき競馬レー