メルボルンカップとは?
メルボルンカップとは何でしょうか、またこの競馬への参加資格を見てゆきましょう。賞金はいくらでしょうか、また優勝した有名な馬などを学びましょう。

 

メルボルンカップは、1861年に最初に開催されて以来オーストラリアで毎年11月の第1火曜日にフレミントン競馬場で開催されるグループ1の平地競走です。オーストラリア・ロイヤルランドウィック競馬場の芝1200mで行われるジ・エベレスト(エベレスト杯)が2017年に開始されるまで、メルボルンカップは、賞金額が世界で最も高い2マイルのハンデキャップ競走として知られていました。また開催日がメルボルンとビクトリア州の2,3の市の祝日にあたるため、国を止める競走としても知られています。

 

メルボルンカップは、様々な競走でより多くの勝利を収めた馬は、より少ない負担重量が課せられるため、通常のハンデキャップ競走の規則に厳密に従わない品質の高いハンデキャップ競走と考えられています。

 

 

負担重量

 

負担重量は、55,000オーストラリアドル以上の賞金額があるあらゆるハンデキャップ平地競走の優勝馬に課せられるさらなる重量です。この負担重量は、あらゆる国際的な競走で優勝した馬にも課せられます。

この競走は、平地ハンデキャップ競走ですが、馬に掛けることができる重量の最大制限の設定はありません。馬に掛ける最大重量は57㎏以上、また馬に掛けることができる最小重量は50㎏です。

ハンデキャップ重量は、VRCハンデキャッパーであるメルボルンカップの公式ハンデキャッパー(’競馬の結果の計算に基づく賭けの可能性の用意をする人)によって決められます。

3歳以上の馬であれば、トーナメントに参加できる特別な馬の種類の区別はありませんが、メルボルンカップのレース責任者達の決めた資格を満たす必要があります。これらの責任者が競走に参加することができる馬を投票します。

 

レース責任者達はまた、馬が以下の競走で優勝している場合、投票免除することができます。つまり、優先出走権を与えることができます。

  1. レクサスステークス
  2. LKSマッキノンステークス
  3. コックスプレート
  4. コールフィールドカップ
  5. ザバートカミングス
  6. アンドリューラムスデンステークス
  7. ドンカスターカップ
  8. アイリッシュセントレジャー
  9. 春の天皇賞
  10. 産経賞オールカマーズ
  11. アーリントンミリオン
  12. サンフアンカピストラーノハンデキャップ
  13. オーストラリア滞在者チャレンジ

ニュージーランド除いて外国産で調教された馬は、オーストラリアに移動して競走する前に、最低14日前に検疫を受けなければなりません。それらの馬が検疫を受ける施設もまた、オーストラリア政府のスタンダードによって承認されなければなりません。

 

 

メルボルンカップの賞金

 

賞金総額が800万オーストラリアドル(およそ5億9千691万2千円)と高額であるため、メルボルンカップは、世界で最も高額の競走の1つです。

 

 

メルボルンカップの競馬場

 

メルボルンカップは、オーストラリア、ビクトリア州のメルボルンにあるフレミントン競馬場で開催されてきました。馬は、3,200メートル(約2マイル)の左回りの芝生面の競馬場を疾走します。

 

 

メルボルンカップで最も注目すべき馬

 

メルボルンカップは、オーストラリアで最も大きな競馬イベントの1つです。外国の馬も競走に参加でき、日本の天皇賞の優勝馬も招待されたことがありました。この競走で有名になった馬は、以下の馬です。

 

キングストンルール キングストンルールは、1990年に3分16秒30ミリ秒の記録で    メルボルンカップの最速記録を塗り替えたアメリカのサラブレッドの牡馬です。

 

マカイビーディーヴァマカイビーディーヴァは、2003年、2004年、2005年の3回にわたってメルボルンカップで優勝したイギリス生まれの、オーストラリアで調教されたサ ラブレッドの牝馬です。マカイビーディーヴァは、2005年に牝馬として最も重い58㎏の  負担重量が課された記録を保持します。

 

カービンカービンは、1890年メルボルンカップで66㎏の最も重い負担重量を課せられ  て優勝したニュージーランドの牡馬で、南半球史上最高の競走馬の一頭と言われていま  す。

 

 

どこで賭けたら良いでしょうか?

 

メルボルンカップ競走に賭けることができるスポーツベッテングサイトは何千とあります。その中でもベストのスポーツベッテングサイトに賭けたいのであれば、ベストブックメーカーに関するGamble.jpの包括的なレビューを是非、御覧下さい。

 

 

続きを読む: 世界各地で開催される知っておくべき競馬レー