オンラインカジノについて知っておくべき理由とは
Read More
Keiba Blog
競馬の調教師について知るべき理由
キャッシュとタスクを含んでレーストレーナーになるための究極を発見しましょう! ここで世界のベストに出会いましょう!

競馬調教師(トレーナー)の任務と給料を解説します。そして世界的に有名なトレーナーについても見てゆきましょう。

 

馬のスピード、俊敏性、競馬レースの制御の背後には、馬を調教した誰かがいるはずです。それは、レースで馬を導く騎手であると容易に思いつくかも知れませんが、馬を訓練することは騎手の仕事ではありません。

 

馬の調教師または馬のトレーナーは、馬の世話をし、またコンテスト、イベントのためにしつけを調教する人です。調教師により教えられたことで、成功を収め、有名になった数多くの馬が存在します。

 

日本の調教師は、馬を調教するのにさまざまな方法を用います。そしてその訓練方法は、馬が(飛び馬)(ショージャンプ)、ロデオ、競馬などで使われるかにより変わります。しかし、どの用途で馬が使われるかまたは馬の品種などに関係なく馬が受ける基礎訓練はすべて同じです。

 

調教師が馬を適切に調教するために通過する通常の段階は、以下の通りです。

若い馬の訓練:若い頃に訓練されなかった老馬を訓練することはしばしば難しく、そのため、容易に適応することができる若い頃から訓練されます。

1.基礎訓練:馬は、乗馬される前にサドル(鞍)に慣れるように基礎訓練を受けます。基礎訓練の中にはロンジングと呼ばれる長い調馬索による調教・調整を行うために円を描くように運動するようなものなどがあります。どの馬も、いずれは乗馬されるので、この基礎訓練を受けることは重要です。 


2.馬の乗馬:英語では「Backing the horse (バッキングザホース」)という表現がありますが、これは馬が初めて乗馬されることを指します。ほとんどの馬は訓練の1部と思うので人が乗るのを恐れることはありませんが、中には最初に人に乗られることで神経質になってしまう馬もいます。そのため、徹底的な基礎訓練が必要となります。

 

3.特定の鍛練のための訓練:これは、馬がドレッサージュ(馬場馬術、)、競馬、乗馬などの特定の鍛錬を教えられることです。

 

ただし、馬をレースのために準備し、そしてどのレースに出馬するのかを決定する責任のすべては調教師にあるわけではありません。厳密にいうと調教師は、馬主に代わり、イベントの出馬や健康面を管理する権限を持っています。

 

 

競馬の調教師になるためには?

競馬の調教師になるために正式な学位は必要が無いので容易です。しかし、一部の競馬組合や会社の中には、2次学位を取得した調教師しか受け入れないところもあります。この学位は、動物学や生物学のような馬に関連した学位である必要はありません。もちろん、動物学の学位を取得した馬の調教師も少数います。

 

また、調教師になるためには、プロの調教師に弟子入りする方法もあります。この方法だと調教師という職業について色々なことが容易に学ぶことができます。

 

表彰

 

馬にしつけとさまざまなトリックを教えるには、信じられないほどの技術と忍耐が必要とされます。しかし、調教師としての職業を上手くこなし、偉大な業績を残している人がいることも事実です。そこで、各国の競馬組合などはこれらの調教師を表彰し、その功績を称えます。

 

調教師に与えられる賞には、日本のJRA賞優秀技術調教師、アメリカのエクリプス最優秀調教師賞、カナダのソヴリン最優秀調教師賞があります。

 


JRA賞優秀技術調教師

JRA賞優秀技術調教師は、毎年、最も功績を残した国内の調教師に与えられる賞です。この賞は、その年度中のその調教師の馬の勝利数、平均勝率と獲得賞金が考慮されます。さらに、その調教師が他の調教師よりも優れた最良の技術があるかどうかも考慮されます。

 


エクリプス最優秀調教師賞

エクリプス最優秀調教師賞は、アメリカの賞で毎年、最も活躍したサラブレッドの調教師に与えられるエクリプス賞の1つの賞です。この賞を最も数多く受賞した調教師はトッド・プリーチャー(Todd Pletcher)で、彼は7回もこのこの賞を受賞しました。

 


ソヴリン最優秀調教師賞ソヴリン最優秀調教師賞は、最も功績のあった調教師に授与されるカナダの年次賞です。この賞は、カナダジョッキークラブによって表彰されます。

 

 

給料

 

馬の調教師の給料は、調教師がどの国にいるか、またどこで雇用されるかにより、異なりますが、2019年度の調教師の推定年収は、483万991円で、推定平均時給は、2,323円です。

 

8年以上のシニアレベルの調教師の年収は、574万1千630円だと推測されています。

 

そして調教師は、馬がトーナメントで勝つと一部の賞金を受け取ります。どれくらいの賞金を受け取るのかは、トーナメントで獲得した賞金により異なります。

 

 

有名な競馬の調教師

競馬の歴史の中で多くの調教師が、調教師の分野で重要な貢献をしてきました。その中でも有名な調教師は、藤澤和夫、ビルシューメーカー、そしてサムヒルドレンなどが挙げられます。

 


藤沢 和雄(ふじさわ かずお)

藤沢 和雄は、11度のJRA賞最多勝利調教師賞を獲得した日本のサラブレッド馬の調教師です。彼は、これまで年度のJRA顕彰馬に輝いた3頭の馬を調教しました。これら3頭の馬はタイキシャトル、シンボリクリスエス、ゼンノロブロイ です。

 

藤沢は、2009年の引退時に2008年ピーターパンステークスの勝馬、カジノダイブを訓練しました。

 


ビル・シューメーカー(Bill Shoemaker)

ビルシューメーカーは引退し、調教師になる前まではプロの騎手でした。騎手として彼は714戦中、90勝し、獲得合計賞金は370万米ドルでした。彼は1997年11月2日に調教師を引退しました。

 


サム・ヒルドレン(Sam Hildreth)

サムヒルドレンは、さまざまな名誉あるトレーナー賞を受賞したアメリカのサラブレッド馬の調教師です。彼は、勝利数と獲得賞金によってアメリカの調教師としての多くの賞を受賞するだけでなく、1955年にアメリカ競馬殿堂入りもはたしています。

 

 

続きを読む: 競馬について知っておくべきことは