NHKマイルカップハイライト

5月 7, 2022

毎年、何千もの競馬イベントが開催されており、人気のあるイベントが多いのは間違いありません。その中でも「NHKマイルカップ」は見逃せません。基本的には3歳の牝馬と牡馬を対象としたフラットG1レースです。

このレースのスポンサーは、日本の公共放送局であるNHKです。すなわち、このレースはフジテレビだけでなく、NHK総合テレビでも放送されています。2001年に人気が出るまでは、海外の3歳馬が走る唯一のG1フラットレースでした。外国産競走馬が出走する「日本ダービー」とも呼ばれています。しかし、外国産馬は最大9頭までしか出走できません。

NHKマイルカップは、「東京優駿」や「優駿牝馬」の前哨戦のひとつとされる競馬のG1レースです。東京優駿は日本ダービーとも呼ばれ、3歳のサラブレッドの牡馬と牝馬を対象としたフラット競走のG1です。その一方、オークスとも知られる優駿牝馬は牝馬によるフラット競走のG1レースです。

NHKマイルカップは通常、東京都の東京競馬場で開催されます。総距離は1,600メートルです。

上記のトーナメントでの勝ち馬は以下の通りになります。

馬名 騎手   調教師 馬主 タイム
2021 シュネルマイスター クリストフ・ルメール 手塚貴久 サンデーレーシング 1:31.6
2020 ラウダシオン ミルコ・デムーロ 斉藤崇史 シルクレーシング 1:32.5
2019 アドマイヤマーズ ミルコ・デムーロ 友道康夫 近藤旬子 1:32.4
2018 ケイアイノーテック 藤岡佑介 平田修 亀田和弘 1:32.8
2017 アエロリット 横山典弘 菊沢隆徳 サンデーレーシング 1:32.3

ドイツ産史上初勝利

シュネルマイスターが1位になるとは誰も予想していませんでした。予想時はは二番人気でした。また、ドイツ産のサラブレッドとして初めて、1分31秒6以内のタイムでNHKマイルカップを制覇しました。

ゴールまで残り200メートルでコースの真ん中を走り抜き、ソングラインを追い抜きました。騎手のクリストフ・ルメールとともに、見事に優勝。優勝賞金は1億500万円(967,157ドル)でした。

「ゲートからの飛び出しは良かったが、序盤ではあまりプレッシャーをかけたくなかった。しかし、中盤では速いペースについていくために頑張るしかなかった」とルメールは語っています 。

「本調子になるまで時間がかかったが、最終的には良いリズムになり、重要な局面で力強く反応してくれた」「ホームストレッチではソングラインに後れを取らず攻めることができ、ゴール付近でソングラインを隣り合わせていたときにはもうゴールまであとわずかだった」と付け加えました。

手塚貴久氏も、この結果には驚きをもたなかったと言います。。彼はシュネルマイスターを、騎手の合図でスピードアップする馬だと表現した。また、シュネルマイスターがすでにG1に慣れ始めていると主張しました。ルメール氏は、シュネルマイスターはまだ改良の余地があると強調しています。

実は、ルメール騎手にとってこのレースはNHKマイルカップの2勝目。初勝利は2016年のメジャーエンブレムでした。一方、手塚調教師にとってはJRAのG1で7勝目となりました、す。

レースの総合結果は以下の通りになります。

順位    馬名 調教師   騎手
1 シュネルマスター 手塚貴久 クリストフ・ルメール
2 ソングライン 林徹 池添謙一
3 グレナディアガーズ 中内田充 川田将雅
4 リッケンバッカー 西村真幸 横山武史
5 ロードマックス 藤原英昭 岩田望来
6 タイムトゥヘヴン 戸田博文 ミルコ・デム
7 アナザーリリック 林徹 津村明秀
8 ランドオブリバティ 鹿戸雄一 石橋脩
9 ホウオウアマゾン 矢作芳人 武豊
10 ルークズネスト 浜田多実 幸英明
11 ヴェイルネビュラ 大竹正博 戸崎圭太
12 ピクシーナイト 音無秀孝 福永祐一
13 ショックアクション 大久保龍 田辺裕信
14 シティレインボー 池添兼雄 三浦皇成
15 レイモンドバローズ 上村洋行 浜中俊
16 ゴールドチャリス 武幸四郎 田中勝春
17 グレイイングリーン 池江泰寿 武藤雅

その他の人気馬

シュネルマイスター以外にも、このレースでは他の馬の勝利が期待されています。グレナディアガーズ、ルークズネスト、ホウオウアマゾン、ピクシーナイトなどの競馬界で人気のある馬たちです。

グレナディアガーズ

人気馬フランケルの息子として人気を持ち、日本の2歳馬の中では2020年のトップレベルに位置します。トラックでの卓越したスキルで、朝日杯フューチュリティステークスを含む4つの主要な競馬トーナメントに出場して莫大な賞金を稼ぎました。この大会は、2歳サラブレッドを対象とした芝の1マイルステークスとして親しまれています。

ルークズネスト

ルックスネストは、どの位置からでもうまく走れる万能型の馬です。中京競馬場で行われた2021年のファルコンステークスでは、昨年のチャンピオンであるグレナディアガーズを破って優勝しています。ルックスネストは、日本の年度代表馬モーリスのファーストクロップからの3頭目の優勝馬でもあります。ファルコンステークスは、毎年3月に開催される3歳サラブレッドのG3レースです。

ホウオウアマゾン

残念ながら9位に終わってしまいましたが、多くの人に優勝か準優勝を期待されていた馬です。それは父馬であるキングカメハメハが2004年のNHKマイルカップを制し、母馬のヒカルアマランサスも2010年の京都競馬場で優勝してたからです。京都ヒンバステークスは、4歳以上のサラブレッドの牝馬を対象としたG3レースです。毎年2月に東京競馬場で開催されます。

ピクシーナイト

ピクシーナイトは、2020年のシンザン記念を制したことで、注目の的とされています。シンザン記念は3歳馬のG3レースです。1964年に日本三冠を達成したシンザンを称えるレースでもあります。毎年1月に京都競馬場で開催されます。

その他のNHKマイルカップ優勝馬

この大会が開催されて以来、すでに何頭もの競走馬が優れた成果を示し注目を集めています。記憶に残る馬たちを紹介します。

ラウダシオン

父: リアルインパクト

祖父: ディープインパクト

毛色: 鹿毛

総賞金: ¥199,649,000

ラウダシオンは、2019年の2歳時に4レース中2レース勝利した日本のサラブレッドです。2020年のNHKマイルカップを制する前には、クロッカスステークスを制し、ファルコンステークスで2着になっています。また、小さな白い星と後ろ足の白色模様で人気があります。クロッカスステークスは東京競馬場で行われる3歳馬のレースです。

アドマイヤマーズ

父: ダイワメジャー

祖父: サンデーサイレンス

毛色: 栗毛

総賞金: ¥322,195,000 + HK$16,750,000

アドマイヤマーズは、2018年にJRA賞最優秀2歳牡馬賞を受賞した日本のサラブレッド競走馬です。NHKマイルカップのほか、2019年には香港マイルを制しています。3歳以上を対象としたG1の平地競走で、毎年12月中旬に香港のシャティン競馬場で開催されます。

ケイアイノーテック

父: リアルインパクト

祖父: ディープインパクト

毛色: 鹿毛

総賞金: $1,986,275

2018年のNHKマイルカップを制したほか、2020年の富士ステークスでも3着の記録を持っています。富士ステークスは3歳以上を対象としたG2の競馬レースで、毎年10月に東京競馬場で開催されています。

アエロリット

父: クロフネ

祖父: フレンチデピュティ

毛色: 芦毛

総賞金: $1,469,625

2017年のNHKマイルカップ活躍した他、2018年の中山記念では2着、同年の毎日王冠では1着の成果を出しています。中山記念は4歳以上のサラブレッドを対象としたG2のフラットレースです。中山競馬場で開催され、総距離は1,800メートルです。

NHKマイルカップのステップレースについて

毎日杯

毎日杯は3歳以上のサラブレッドを対象としたG2競馬です。毎年10月に府中の東京競馬場で開催されます。このレースは天皇賞のトライアルレースでもあります。天皇賞は年2回開催されています。

レースの勝ち馬をご覧ください。

馬名 騎手 調教師 タイム 
2021 シャフリヤール 川田将雅 藤原英昭 1:43.9
2020 サトノインプレッサ 武豊 矢作芳人 1:47.9
2019 ランスオブプラーナ 松山弘平 本田優 1:47.2
2018 ブラストワンピース 池添謙一 大竹正博 1:46.5
2017 アルアイン 松山弘平 池江泰寿 1:46.5

マーガレットステークス

マーガレットステークスは総距離1,800mのG3競馬です。阪神競馬場で開催されます。

ニュージーランドトロフィー

3歳のサラブレッドで行われる日本のG2フラットレースです。総距離は1,600メートルで毎年4月に中山競馬場で開催されます。ニュージーランドトロフィーはNHKマイルカップのトライアルレースとしても知られています。

レースの勝ち馬をご覧ください。

馬名 騎手 調教師 タイム 
2021 バスラットレオン 藤岡佑介 矢作芳人 1:33.1
2020 ルフトシュトローム 石橋脩 堀宣行 1:33.0
2019 ワイドファラオ 内田博幸 角居勝彦 1:34.2
2018 カツジ 松山弘平 池添兼雄 1:34.2
2017 ジョーストリクトリ アンドラシュ・.シュタルケ 清水久詞 1:36.0

桜花賞

桜花賞は3歳のサラブレッドの牝馬を対象とした日本のG1フラットレースです。総距離は1,600メートルで兵庫県宝塚市の阪神競馬場で開催されます。桜花賞はイギリスの1,000ギニーステークスに相当するレースとしても知られています。

1,000ギニーステークスはイギリスの3歳牝馬を対象としたG1フラットホースレースです。また、イギリスの5つのクラシック競走のうちふたつ目のレースとして知られています。イギリスの5つのクラシック競走は次の5つになります。

  • 2,000ギニーステークス: 総距離1,609メートルの3歳馬のレース。
  • 1,000ギニーステークス: 総距離1,609メートルの3歳牝馬のレース。
  • エプソム・オークス: 総距離2,423メートルの3歳牝馬のレース。
  • エプソムダービー: 総距離2,423mの3歳馬のレース。
  • セントレジャーステークス: 総距離2,937mの3歳馬のレース。

レースの勝ち馬をご覧ください。

馬名 騎手 調教師 タイム 
2021 ソダシ 吉田隼人 須貝尚介 1:31.1
2020 デアリングタクト 松山弘平 杉山晴紀 1:36.1
2019 グランアレグリア クリストフ・ルメール 藤沢和雄 1:32.7
2018 アーモンドアイ クリストフ・ルメール 国枝栄 1:33.1
2017 レーヌミノル 池添謙一 本田優 1:34.5

皐月賞

3歳馬を対象とした平地競走のG1レースです。毎年4月に千葉県船橋市の中山競馬場で開催され、総距離は2,000メートルです。皐月賞はイギリスでは2,000ギニーに相当し、三冠レースの開幕戦となるG1フラットレースです。

レースの勝ち馬をご覧ください。

馬名 騎手 調教師 タイム 
2021 エフフォーリア 横山武史 鹿戸雄一 2:00.6
2020 コントレイル 福永祐一 矢作芳人 2:00.7
2019 サートゥルナーリア クリストフ・ルメール 角居勝彦 1:58.1
2018 エポカドーロ 戸崎圭太 藤原英昭 2:00.8
2017 アルアイン 松山弘平 池江泰寿 1:57.8

以上が日本で開催されている競馬イベントになります。外国の競馬ファンにとって競馬のG1ステークスが日本を訪れる理由になることは間違いありません。あなたも、これらの興味をそそる大会を直接観戦してみませんか?

Clear