競馬のG1レースについて知っておくべき全てのこと

5月 7, 2022

グループ1またはグレード1の競馬としても知られる競馬G1レースは、スタンダードブレッドおよびサラブレッドの最高レベルの賭け金を表します。

競馬G1の最も一般的なタイプは次の通りです。

フェブラリーステークス

レースタイプ:サラブレッド

馬場:ダート

場所:東京競馬場、東京都府中

特に4歳以上のサラブレッドを対象とした日本でのG1フラットレースです。 総距離は1,600メートルです。

当初、フェブラリーのハンディキャップとして知られていました。 しかし、1994年にフェブラリーステークスに変更され、国内で訓練を受けていない全国競馬協会(NAR)の馬が参加できるようになりました。

また、ドバイワールドカップナイトの資格を得るためのステッピングレースと見なされています。

このレースの最近の勝者は次の通りです。

年   優勝馬 騎手 調教師 馬主
2020 モズアスコット クリストフ・ルメール 矢作 芳人 キャピタル・システム
2019 インティ 武 豊 野中 賢二 武田 茂男
2018 ノンコノユメ 内田 博幸 加藤 征弘 山田 和正
2017 ゴールドドリーム マルコ・デムーロ 平田 修 吉田 勝已

高松宮記念

レースタイプ:サラブレッド

馬場:

場所:中京競馬場

4歳以上のサラブレッドレースです。 総距離は1,200メートルです。 2011年以来、このレースはグローバルスプリントチャレンジシリーズの日本の国際重賞競走になりました。 また、日本中央競馬会(JRA)が率いる唯一のレースであり、4つの主要な競馬場では開催されません。

このレースの最近の勝者は次の通りです。

年  優勝馬 騎手  調教師 馬主
2020 モズスーパーフレア 松若 風馬 音無 秀孝 キャピタル・システム
2019 ミスターメロディ 福永 祐一 藤原 英昭 グリーンフィールズ
2018 ファインニードル 川田 将雅 高橋 義忠 ゴドルフィン
2017 セイウンコウセイ 幸 英明 上原 博之 西山 茂行

大阪杯

レースタイプ:サラブレッド

馬場:

場所:阪神競馬場、兵庫県宝塚

4歳以上のサラブレッド種の牡馬と牝馬を対象としたフラットレースです。 総距離は2,000メートルです。 ステータスが昇格する前は、サンケイ大阪杯と呼ばれていました。

2017年以降、このレースの勝者は、アイリッシュチャンピオンステークスに参加する資格を得ることが保証されています。

このレースの最近の勝者は次の通りです。

優勝馬 騎手 調教師 馬主
2020 ラッキーライラック ミルコ・デムーロ 松永 幹夫 松永 幹夫
2019 アルアイン 北村 友一 池江 泰寿 池江 泰寿
2018 スワーヴリチャード ミルコ・デムーロ 庄野 靖志 庄野 靖志
2017 キタサンブラック 武 豊 清水 久詞 大野商事

桜花賞

レースタイプ:サラブレッド

馬場:

場所:阪神競馬場、兵庫県宝塚

3歳のサラブレッド種馬に限定された日本のG1フラットレースです。 総距離は1,600メートルです。 また、英国の1,000ギニーに相当します。

このレースの勝者は、優駿牝馬と日本の三冠に参加する資格があります。

このレースの最近の勝者は次の通りです。

優勝馬 騎手 調教師 馬主
2020 デアリングタクト 松山 弘平 杉山 晴紀 ノルマンディーサラブレッドレーシング
2019 グランアレグリア クリストフ・ルメール 藤沢 和雄 サンデーレーシング
2018 アーモンドアイ クリストフ・ルメール 国枝 栄 シルクレーシング
2017 レーヌミノル 池添 謙一 本田 優 吉岡 實

皐月賞

レースタイプ:サラブレッド

馬場:

場所:中山競馬場、千葉県船橋

3歳のサラブレッド種の牡馬と牝馬のためのフラットレースです。 総距離は2,000メートルです。 また、英国の2,000ギニーに相当します。

このレースの最近の勝者は次の通りです。

年  優勝馬 騎手 調教師 馬主
2020 コントレイル 福永 祐一 矢作 芳人 前田 晋二
2019 サートゥルナーリア クリストフ・ルメール 角居 勝彦 キャロットファーム
2018 エポカドーロ 戸崎 圭太 藤原 英昭 ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
2017 アルアイン 松山 弘平 池江 泰寿 サンデーレーシング

NHKマイルカップ

レースタイプ:サラブレッド

馬場:

場所:東京競馬場、東京都府中

サラブレッドと牝馬のためのフラットレースです。 総距離は1,600メートルです。 このレースの特色は、日本の公共放送機関が後援していることです。 このため、レースはフジテレビとNHKチャンネルで放送されています。

優駿牝馬や東京優駿の参加馬の準備レースとしても考えられています。

このレースの最近の勝者は次の通りです。

年  優勝馬 騎手 調教師 馬主
2020 ラウダシオン ミルコ・デムーロ 斉藤 崇史 シルクレーシング
2019 アドマイヤマーズ ミルコ・デムーロ 友道 康夫 近藤 利一
2018 ケイアイノーテック 藤岡 佑介 平田 修 亀田 和弘
2017 アエロリット 横山 典弘 菊沢 隆徳 サンデーレーシング

ヴィクトリアマイル

レースタイプ:サラブレッド

馬場:

場所:東京競馬場、東京都府中

4歳以上の牝馬のためのフラットレースです。 総距離は1,600メートルです。

このレースの最近の勝者は次の通りです。

優勝馬 騎手 調教師 馬主
2020 アーモンドアイ クリストフ・ルメール 国枝 栄 シルクレーシング
2019 ノームコア ダミアン・レーン 萩原 清 池谷 誠一
2018 ジュールポレール 幸 英明 西園 正都 G1レーシング
2017 アドマイヤリード クリストフ・ルメール 須貝 尚介 近藤 利一

優駿牝馬

レースタイプ:サラブレッド

馬場:

場所:東京競馬場、東京都府中

3歳のサラブレッド牝馬のためのフラットレースです。 総距離は2,400メートルです。 このレースは、イングランドのエプソムオークスまたはオークスステークスにも相当します。

最も歴史に残るレースは、アパパンとサンテミリオンが同時にフィニッシュラインに到達したレースです。 まさに「デッドヒート」の勝利となりました。

このレースの最近の勝者は次の通りです。

年  優勝馬  騎手 調教師 馬主
2020 デアリングタクト 松山 弘平 杉山 晴紀 ノルマンディーサラブレッドレーシング
2019 ラヴズオンリーユー マルコ・デムーロ 矢作 芳人 DMMドリームクラブ
2018 アーモンドアイ クリストフ・ルメール 国枝 栄 シルクレーシング
2017 ソウルスターリング クリストフ・ルメール 藤沢 和雄 社台レースホース

東京優駿

レースタイプ:サラブレッド

馬場:

場所:東京競馬場、東京都府中

3歳のサラブレッド種の牡馬と牝馬のためのフラットレースです。 総距離は2,400メートルです。 このレースは、イングランドのエプソムダービーにも相当します。

また、皐月賞に先行する日本における三冠の第2戦と見なされています。 他のレースとは異なり、日本は国際競馬統括連合会のICSパートⅠのカテゴリーに含まれているため、国際大会に参加できます。

2001年、JRAは外国産馬の参加を許可することを決定しました。10年後に取り消され、現在は日本の調教馬に限定されました。しかし、現在の規則では外国調教馬は外国産馬を含めて9頭まで許可されています。

このレースの最近の勝者は次の通りです。

優勝馬 騎手 調教師 馬主
2020 コントレイル 福永祐一 矢作 芳人 前田 晋二
2019 ロジャーバローズ 浜中 俊 角居 勝彦 猪熊 広次
2018 ワグネリアン 福永 祐一 友道 康夫 金子 真人
2017 レイデオロ クリストフ・ルメール 藤沢 和雄 キャロットファーム

安田記念

レースタイプ:サラブレッド

馬場:

場所:東京競馬場、東京都府中

3歳馬を対象とした国際G1レースです。 総距離は1,600メートルです。

安田伊左衛門に敬意を表して、以前は安田賞と呼ばれていました。 彼は日本中央競馬会(JRA)の初代会長です。1958年に亡くなった時に名称が安田記念に変更されました。

このレースは、2005年のアジアマイルチャレンジの最終戦とも見なされています。

このレースの最近の勝者は次の通りです。

優勝馬 騎手 調教師 馬主
2020 グランアレグリア 池添 謙一 藤沢 和雄 サンデーレーシング
2019 インディチャンプ 福永 祐一 音無 秀孝 シルクレーシング
2018 モズアスコット クリストフ・ルメール 矢作 芳人 キャピタル・システム
2017 サトノアラジン 川田 将雅 池江 泰寿 里見 治

宝塚記念

レースタイプ:サラブレッド

馬場:

場所:阪神競馬場、兵庫県宝塚

3歳以上のサラブレッドを対象としたフラットレースです。 総距離は2,200メートルです。

このレースの特徴は、日本の競馬の2つのオールスターレースのひとつであるということです。 もうひとつは、通常毎年12月に開催される有馬記念です。

開催地である兵庫県宝塚市にちなんで名付けられました。

このレースの最近の勝者は次の通りです。

年  優勝馬 騎手 調教師 馬主
2020 クロノジェネシス 北村 友一 斉藤 崇史 サンデーレーシング
2019 リスグラシュー ダミアン・レーン 矢作 芳人 キャロットファーム
2018 ミッキーロケット 和田 竜二 音無 秀孝 野田 みづき
2017 サトノクラウン ミルコ・デムーロ 堀 宣行 里見 治

スプリンターズステークス

レースタイプ:サラブレッド

馬場:

場所:中山競馬場、千葉県船橋

3歳以上のサラブレッドを対象としたフラットレースです。 総距離は1,200メートルです。

1990年、このレースは国内のG1認定を取得し、外国産の馬が参加できるようになりました。 このレースは、9レースあるグローバルスプリントチャレンジシリーズのうちの7レースでもあります。

このレースの最近の勝者は次の通りです。

優勝馬 騎手 調教師 馬主
2019 タワーオブロンドン クリストフ・ルメール 藤沢 和雄 ゴドルフィン
2018 ファインニードル 川田 将雅 高橋 義忠調 ゴドルフィン
2017 レッドファルクス ミルコ・デムーロ 尾関 知人 東京ホースレーシン
2016 レッドファルクス ミルコ・デムーロ 尾関 知人 東京ホースレーシン

秋華賞

レースタイプ:サラブレッド

馬場:

場所:京都競馬場、京都府伏見

3歳のサラブレッドの牝馬のためのフラットレースです。 総距離は2,000メートルです。

このレースは、桜花賞と優駿牝馬が先行する日本の三冠の最終戦とも見なされています。

このレースの最近の勝者は次の通りです。

優勝馬 騎手 調教師 馬主 
2019 クロノジェネシス 北村 友一 斉藤 崇史 サンデーレーシング
2018 アーモンドアイ クリストフ・ルメール 国枝 栄 シルクレーシング
2017 ディアドラ クリストフ・ルメール 橋田 満 森田 藤治
2016 ヴィブロス 福永 祐一 友道 康夫 佐々木 主浩

菊花賞

レースタイプ:サラブレッド

馬場:

場所:京都競馬場、京都府伏見

3歳のサラブレッドと牝馬を対象とした日本のフラットレースです。 総距離は3,000メートルです。 このレースは、イギリスのセントレジャーステークスに相当すると見なされています。

このレースの最近の勝者は次の通りです。

年  優勝馬 騎手 調教師 馬主
2019 ワールドプレミア 武 豊 友道 康夫 大塚 亮一
2018 フィエールマン クリストフ・ルメール 手塚 貴久 サンデーレーシング
2017 キセキ ミルコ・デムーロ 角居 勝彦 石川 達絵
2016 サトノダイヤモンド クリストフ・ルメール 池江 泰寿 里見 治

エリザベス女王杯

レースタイプ:サラブレッド

馬場:

場所:京都競馬場、京都府伏見

3歳のサラブレッド種の牡馬と牝馬を対象とした国際的なG1フラットレースです。 総距離は2,200メートルです。

もともとは3歳の牝馬のみを対象としたレースでしたが、1996年に3歳以上の牝馬にも開放されました。また、日本の牡馬の三冠の最終戦に位置づけられています。

イギリスのスノーフェアリーが1999年に日本国外で初優勝したレースでもあります。翌年も優勝し、連勝を果たしています。

このレースの最近の勝者は次の通りです。

年  優勝馬 騎手 調教師 馬主
2019 ラッキーライラック クリストフ・スミヨン 松永 幹夫 サンデーレーシング
2018 リスグラシュー ジョアン・モレイラ 矢作 芳人 キャロットファーム
2017 モズカッチャン ミルコ・デムーロ 鮫島 一歩 キャピタル・システム
2016 クイーンズリング ミルコ・デムーロ 吉村 圭司 吉田 千津

マイルチャンピオンシップ

レースタイプ:サラブレッド

馬場:

場所:京都競馬場、京都府伏見

3歳以上のサラブレッドを対象とした国際的なG1フラットレースです。 総距離は1,600メートルです。

当初、阪神カップが導入される以前は香港マイルのステップレースと見なされていました。 このレースの最も良い点は、勝者と次点者が香港で競い合い、賞金をさらに獲得できることです。

このレースの最近の勝者は次の通りです。

優勝馬  騎手 調教師 馬主
2019 インディチャンプ 池添 謙一 音無 秀孝 シルクレーシング
2018 ステルヴィオ ウィリアム・ビュイック 木村 哲也 サンデーレーシング
2017 ペルシアンナイト ミルコ・デムーロ 池江 泰寿 G1レーシング
2016 ミッキーアイル 浜中 俊 音無 秀孝 野田 みづき

ホープフルステークス

レースタイプ:サラブレッド

馬場:

場所:中山競馬場、千葉県船橋

2歳のサラブレッドを対象としたG1中距離レースです。 当初は、1991年から2000年まではラジオたんぱ杯3歳牝馬ステークス(G3)と呼ばれていました。2001年から2005年までは、ラジオたんぱ杯2歳ステークスとなりました。 その後、2006年から2013年にかけて、ラジオNIKKEI杯2歳ステークスと名付けられました。

このレースは、当時2歳馬の2,000メートルを超える他のグレードのレースが存在しなかったため、最も待望されていたレースのひとつでした。

このレースの最近の勝者は次の通りです。

優勝馬 騎手  調教師 馬主 
2019 コントレイル 福永 祐一 矢作 芳人 前田 晋二
2018 サートゥルナーリア ミルコ・デムーロ 中竹 和也 キャロットファーム
2017 タイムフライヤー クリスチャン・デムーロ 松田 国英 サンデーレーシング
2016 レイデオロ クリストフ・ルメール 藤沢 和雄 キャロットファーム

Clear