もしも、あなたが騎手ならば:騎手として競馬で成功するためのガイド

大好きな競馬レースを観戦しながら、騎手になりたいと思ったことはありませんか? だれでもそう思いますよね。ご存知のように、日本のトップ騎手を排出することに特化した競馬学校があります。

競馬初心者は、JRA競馬学校に入学することができます。この学校の良いところは、騎手志望者向けの3年コースと厩務員向けの6ヶ月コースがあることです。

この学校で勉強するためには、入学試験に合格しなければなりません。また、毎年履修しなければならない必修科目があります。

必修科目をすべて終了したら、騎手免許試験を受ける必要があります。一方、厩務員はJRAの認定資格を取得する必要があります。

 

出走許可

 

意外と知られていないかもしれませんが、馬にも出走許可が必要です。実は、調教師は特定のレースに出走する馬を宣言する必要があります。例えば、ブリンカーで走ると宣言された馬は、ブリンカーをつけて走らなければなりません。

 

ライセンス

 

調教師と騎手は、ライセンスの面接を受ける必要があります。ライセンスを持っていないと、いかなるレースにも参加できません。

 

スターティングゲート

 

JRAのレースには、スターティングゲートシステムが採用されています。基本的には、レース開始時に自動的にゲートが開く可動式の柵を設置しています。

 

ゲートテスト

基本的には、すべての要件や申告に従うことになります。また、調教師は、馬の状態が良くない場合には、前哨戦後にJRAにその旨を伝える必要があります。

 

ゲートイン

JRAの規則に基づき、奇数番の馬から順にゲートインし、それから偶数番の馬のゲートインとなります。

 

騎手の規則

 

調整ルーム

参戦する騎手は、レース当日の午後9時までに、調整ルームにいなければなりません。これはレースの品位を保つためです。食事や宿泊は、すべてJRAが提供するので心配する必要はありません。

 

体重

レース出場のために、体重の申告は必須です。義務付けられている1キロのプロテクターを含めて申告しなければなりません。例えば、自分の体重が55キロの場合、申告する体重は56キロとなります。

 

安全策

レース中、すべてのジョッキーが着用するプロテクターとヘルメットは、JRA職員による検査を受ける必要があります。

 

尿検査

レース当日に、無作為に尿検査が実施されます。これは、騎手が禁止薬物を摂取していないかどうか確認するためです。覚醒剤や大麻、麻薬、向精神薬などが含まれます。

鞭については、パッド付きの物しか認められていません。鞭の長さが77センチとしたら、パッドは17センチ以下になってはいけません。

 

保険

 

大きなレースであっても、JRAは競走馬の保険については責任を負いません。保険をかけるのは馬主や調教師の責任となります。

 

馬主

 

自分の馬を所有するのであれば、馬主登録料10,000円と服色の登録料3,000円が必要です。

 

最初に支払う13,000円のほか、登録免許税を国に支払う義務があります。

 

馬主の変更 

たくさんの馬を所有したいと思っても、JRAでは、1頭あたりに馬主ひとりしか認めていません。馬の所有者が新しくなった場合は、新旧の馬主はJRAに報告しなければなりません。

 

騎手になるには

 

レースで騎乗しようと思ったら、ライセンスを取得する必要があります。想像を絶する程、騎手になることは簡単なことではありません。体重を管理し、体幹を強化して、馬とコミュニケーションをとる必要があります。

プロの騎手になるには、以下のような段階を踏みます。

 

騎手のトレーニングプログラムや学校に参加する

競馬についての適切な教育を受けることは、独学よりも優れています。そこはあなたが競馬の隅々まで学ぶ場でもあります。

騎手のトレーニングプログラムや学校に参加することは、ライセンスを取得する上で大いに役に立ちます。

 

騎手課程生徒

 

競馬についての正式な教育を受ける時が来たら、競馬学校に入学を申請しましょう。騎手課程生徒になれないと、プロの騎手とレースで対戦できないので非常に重要です。あなたのスキル、知識、身体能力が試されます。

 

騎手課程生徒の条件

騎手課程生徒になったら、与えられた仕事を全てこなしましょう。あながたプロの騎手として通用するかどうか示すことになります。そのいくつかは、厩舎での作業に時間を費やしたり、別の騎手試験に合格したり、体重を管理することかもしれません。

 

騎手免許

騎手課程も終わり、騎手免許を取得する時期になりました。これは、騎手としての仕事を見つけたり、全国で開催される競馬に参加したりするためのものです。

 

成功する騎手の条件

 

軽い体重

騎手のほとんどが小柄であると気づいていましたか?騎手は軽いほうが馬を速く走らせることができるからです。プロの騎手の理想的な体重は50〜52キロとされています。これが、ほとんどの騎手が厳しいダイエット計画を立てている理由です。

 

常に鍛錬

騎乗する時は、体幹の強さが必要です。体幹を鍛えるために定期的に運動をすることをお勧めします。適切に馬を操り、誘導するために柔軟性も必要です。また、心肺能力や体幹の強化も欠かせません。

一部の騎手はフォームを維持するために、パーソナルトレーナーを雇っています。

 

自分で研究する

すでに競馬学校を卒業していたとしても、研究を続けることが大切です。なぜなら、馬のパフォーマンスは騎手や競馬場によって左右されるからです。また、ほかの騎手とコミュニケーションをとったり、競馬のコミュニティに参加するのも良いでしょう。

 

強みを探す

基本を押さえたところで、次は自分の強みを見つけましょう。成功する騎手になるためには、多くの技術と経験が必要です。基本に固執しないでください。積極的に、探求していきましょう。レースに参加するなら、戦略を練ることも重要になってきます。

 

馬の種類

 

競馬の歴史は長いので、様々なレースの種類があります。

 

フラットレース

最も人気でよく見られるタイプのレースです。馬は平らな地面でレースをします。

  1. 2000ギニー:3歳牡馬のレース
  2. 1000ギニー:3歳牝馬のレース
  3. オークス:3歳牝馬の1マイル4ハロンのレース
  4. ダービー:3歳馬の1マイル4ハロンのレース
  5. セントレジャー:3歳場の1マイル6ハロンのレース

 

障害レース

このレースで、馬は障害物を飛び越えなければなりません。このタイプは、アイルランド、カナダ、アメリカ、オーストラリア、フランスでも人気があります。

 

繋駕速歩競走

二輪の繋駕車に乗った騎手を引っ張るレースです。繋駕車を牽引し、ギャロップは禁止されています。

 

耐久レース 

馬の持久力が試されるレースです。信じられていることとは違い、最速の馬が勝つというよりも、耐久力のある馬が勝つ傾向にあります。時間がかかり、騎手と馬に負担があるので人気があるわけではありません。

 

ばんえい競馬

繋駕速歩競走に似た日本の競馬です。違いは、馬が繋駕車の代わりに重いソリを引くということです。

 

競走馬の血統

競馬には様々な種類があるので、それに伴い多くの種類の馬が必要とされます。そのうちのいくつかをご紹介いたします。

 

サラブレッド 

足が長く、背中が短い、胸が深く、鼻の穴が大きく、筋肉質な体躯の種類です。競馬界で最も人気のある理由もこれです。このタイプの馬は、ポロ、ロデオ、ショーハンティング、ショージャンプにも適しています。

 

アラブ種

スタミナと頭の良さで知られている品種です。アラビア半島が原産であることから、この品種のスタミナが高いことが納得できます。サラブレッドに比べて、額が広く、胸が深く、筋肉質な体つきで、まっすぐの尾と鼻の穴が大きいのが特徴です。

 

クォーターホース

時速88キロに達する最古の品種のひとつです。筋肉質な身体、広い胸、丸みを帯びた後頭部、洗練された額などが特徴です。また頭がよく、万能な馬として知られています。

 

スタンダードブレッド 

このタイプの馬は、繋駕速歩競走で最も人気のある品種です、トロッターパッカーとも呼ばれています。他の品種と比べて、長く引き締まった身体、しっかりとした脚、力強い肩が特徴です。またおとなしく、気性に優れていることでも知られています。

このタイプはホースショーや、トレイルライディング、ショージャンプ、ハントシートライディング、牧畜、牽引にも適しています。

 

フレンチトロッター

サラブレッドとノーフォークトロッターの交配種です。鞍やハーネスを着けてレースしやすい馬を作ろうという試みです。

 

アンダルシア種

純粋なスペインの馬の品種で、知的でおとなしく、穏やかなことで知られています。胸が深く、鼻孔が発達しており、筋肉質であることでも知られています。国政的な馬の品種はたくさんありますが、日本の在来種のいくつかをご紹介いたします・

 

北海道和種(道産子) 

日本に現存する8種の在来馬種のうちのひとつ。北海道や青森県に多く見られます。

 

野間馬

愛媛県でよく見られる小型の日本の品種です。ほかの品種に比べて小柄ですが、力強く俊敏です。

 

御崎馬(岬馬)

宮崎県でよく見られる絶滅危惧種の馬です。

 

騎手についての豆知識

 

騎手であることは、犯罪の最高のパートナーを探す方法を見つけるようなものです。同じサイドにいて、お互いを理解しあわなければなりません。ここでは、知っておいたほうが良い興味深い事柄についてお話します。

  1. 騎手は、レースに出走している馬を法的に所有することはできません。その場合、騎手は必要な機材、保険、旅費および代理人の手数料のすべてを負担する必要があります。
  2. 騎手が勝っても取り分は少ないです。
  3. 1923年、フランク・ヘイズはレースの途中に心臓発作を起こし、ゴールした時には亡くなっていました。
  4. 初の女性騎手は、1969年のダイアン・クランプとされていますが、実際はバーバラ・ジョー・ルービンでした。
  5. 騎手の平均体重は49〜53キロ、平均身長は147〜167センチです。
  6. 最も高給取りの騎手は、ジョン・ベラスケス。最盛期には3億ドル以上稼いでいました。

成功する騎手になる方法はわかりましたか? 今度はあなたが夢を追いかける番です。