競馬の馬券とその勝率
馬券の買い方と、日本競馬の歴史に残る名馬ついて詳しくご紹介します

競馬が、国内において人気スポーツのひとつであることはよく知られています。 毎年何千もの競馬イベントが開催されていることからも、それがわかります。 ところで、馬券の買い方には様々な種類があることをご存知でしたか? たとえば「ボックス買い」は、選択した馬が絡むすべての組み合わせを、同じ金額または馬券の種類に応じて購入する賭け方です。 組み合わせにはトリプルも含まれます。

 

競馬馬券の購入方法

 

出馬表で馬に1から4までの番号が付けられてとして、あなたはどれを購入しますか?

馬連では、次の組み合わせの中から選択できます。

  1. 1-2
  2. 1-3
  3. 1-4
  4. 2-3
  5. 2-4
  6. 3-4

馬単(単一のボックス内にある場合)は、次の組み合わせを検討する必要があります。

  1. 1 → 2
  2. 1 → 3
  3. 1 → 4
  4. 2 → 1
  5. 2 →3
  6. 2 →4
  7. 3 → 1
  8. 3 → 2
  9. 3 → 4
  10. 4 → 1
  11. 4 → 2
  12. 4 → 3

 

3連複で馬番1番から4番の馬をボックス買いした場合の買い目は次のとおりです。

  1. 1-2-3 
  2. 1-2-4
  3. 1-3-4
  4. 2-3-4
3連単で馬番1番から3番の馬をボックス買いした場合の買い目は次のとおりです。
  1. 1→ 2→ 3
  2. 1→ 3→ 2
  3. 2→ 1→ 3
  4. 2→ 3→ 1
  5. 3→ 1→ 2
  6. 3→ 2→ 1

ボックス買いをする時、2頭が2位の場合、2頭が3位の場合、3頭が3位の場合を調べる必要があります。 同着がある場合もあります。

馬券の種類は6種類あり、枠連、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単です。 1は白、2は黒、3は赤、4は青であることに注意してください。

 

流し買い

 

流し買いとは、1頭または2頭の馬を軸に配置し、「相手馬」として選択した馬を決定する方法です。

マークカードで流しの馬券を購入する場合、それがすべて青いカードであることを確認する必要があります。 馬連流しや固定流しにすることもできます。

軸として1番を選択した場合、次の組み合わせを検討する必要があります。

  1. 1-2
  2. 1-4
  3. 1-3
  4. 1-5

馬連で軸を1番、相手馬に2番~5番を選択した場合、次の組み合わせは次のとおりです。

  1. 1 → 2
  2. 1 → 4
  3. 1 → 3
  4. 1 → 5

相手馬として2番、3番、4番、5番を選択した場合の組み合わせは次のとおりです。

  1. 2 → 1
  2. 4 → 1
  3. 3 → 1
  4. 5→ 1

3連複で2番、3番、4番、5番が3つの二重軸を持つ相手馬として選択された場合:

  1. 1-2-3
  2. 1-3-4
  3. 1-2-4
  4. 1-3-5
  5. 1-2-5
  6. 1-4-5
3連複の軸2頭で、1番と2番を軸、3~5番を相手馬とした場合
  1. 1-2-3
  2. 1-2-4
  3. 1-2-5
3連単の軸1頭流しで、1番を1着軸、相手馬を2~4番とした場合:
  1. 1→ 2→ 3
  2. 1→ 3→ 2
  3. 1→ 4→ 2
  4. 1→ 2→ 4
  5. 1→ 3→ 4
  6. 1→ 4→ 3
3連単の軸2頭流しで、1番を1着軸、2番を2着軸とし、相手馬に3~5番を選択した場合:
  1. 1→ 2→ 3
  2. 1→ 2→ 4
  3. 1→ 2→ 5
馬単マルチで1番を軸、相手馬に2~4番を選択した場合:
  1. 1→ 2
  2. 1→ 3
  3. 1→ 4
  4. 2→ 1
  5. 3→ 1
  6. 4→ 1

 

流し買い、ボックス買い、どちらが得策? 

 

答えは、あなたが賭けたいレースの種類によると言えるでしょう。ボックス買いは、可能な組み合わせの数を簡単に絞り込むことができます。 一方、流し買いは適切な軸馬を選ぶ必要があります。

 

勝てる確率

 

競馬の賭けに関しては、1位、2位、またはまったく勝てない確率など、考慮すべき確率はたくさんあります。

たとえば、2018年の中央競馬のイベントでは、優勝馬の勝率は31.8%でした。 つまり、ほとんどの観客は勝つと信じた馬に賭けて、その3分の2以上を失ったことになります。 一方、2番目に人気のある馬の勝率は20.5%、3番目に人気のある馬は13.3%、4番目に人気のある馬の勝率は10.1%です。 したがって、馬とその騎手のパフォーマンスに依存するのです。 勝率は、基本的に競走馬が勝つ確率です。

流し買いは、ベテランの馬にも適しています。 しかし、適切な組み合わせを選択することが難しいならば、ボックス買いが最善の策です。

競馬の経験を積んで最も良いことは、どの馬が勝つ可能性が最も高いかを識別する能力を開発できることです。

賭けに関しては制限はありません。 「直感」に応じて、購入するチケットの数を増減できます。

1レースの価格が1,200円の場合、馬券の各ボックスの価格は1ポイントあたり約200円です。 ただし、流し買いのチケットを購入すると、1ポイントにつき400円かかります。

ボックスを購入する時、賭けたい馬の数を制限して、それ以上購入する必要がないようにすることが重要です。 ボックス購入の欠点は、選択する馬が増えるほど、購入しなければならず出費が増えることです。

 

賭ける

 

賭けをする際には、上位の競走馬と勝ちの組み合わせを知ること以外に、さまざまな用語について学ぶ必要があります。 これらの用語の一部は次のとおりです。

 

単勝(ウイン)

最も単純な賭け方です。あなたが選んだ馬が勝った場合、賞金を受け取れます。

 

複勝(プレイス)

あなたの選んだ馬は、少なくとも3位を獲得する必要があります。賞金は少ないかもしれませんが、当たりの幅があります。

 

連勝複式(クイネラ)

2頭の馬から選ぶのに悩んでしまいますか? 馬連では、1位と2位の組合せとして当たっていれば両方を獲得できます。着番は関係ありません。

 

連勝単式(イグザクタ)

連勝複式に似ていますが、1位と2位の馬を着順で選択する必要があります。

 

三連複(トリオ)

それでも選択に苦労していますか? 3連複で賭けると、任意の着順で3頭の馬を選ぶことができます。

 

三連単(トライフェクタ)

3頭の馬を選択できますが、着順で並べる必要があります。

 

枠連

1位と2位の馬の枠番号を任意の着順で選択する必要がある賭け方です。

 

ワイド

3着までに入る2頭の組合せを馬番号で当てる必要があります。

 

ウイン5

「競馬のパワーボール」として知られており、組み合わせが正しければ、100円のチケットで6億円の当りが狙えます。このジャックポット賞金を獲得するには、5つの特別に指定されたレースの勝者を選ぶ必要があります。

 

賭け競馬の歴史

 

競馬を理解するには、その歴史を分析することが重要です。

馬の賭けは1600年代初頭、ジェームズ1世の治世中に初めて導入されました。ここで、観客は馬の最終的な着順に賭けました。 ただし、一部の競馬場でのギャンブルは禁止されていました。

日本に競馬が導入されたのは、8世紀初頭。 最初は皇居での儀式でした。 しかし、人気が高まり、ほぼすべての主要な神社やお寺で競馬が行われるようになりました。

人気のあった根岸競馬場は、1866年に建設され、当初は外国人コミュニティの娯楽施設として作られました。 数年後、1870年に神戸ジョッキークラブが設立されました。

 

賭け手のパラダイス

 

日本が世界的に有名なのはカワイイ文化だけではなく、世界最強競走馬の本拠地としても知られています。日本は馬術スポーツ開催国としても有名です。入場料約100円〜200円で、競走馬のライブ観戦が可能です。

毎年何百もの競馬イベントが開催されており、国内には25の人気競馬場があります。 そのいくつかをご紹介しましょう。

  1. 東京競馬場:巨大なスタジアム、馬のトレーニングアリーナ、博物館、ピクニックスポットも設置されている、世界的に有名な競馬場
  2. 中山競馬場:東京以外の主要な競馬場のひとつとして知られている千葉県にある競馬場
  3. 阪神競馬場:兵庫県宝塚市にある競馬場で、桜花賞、阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)、宝塚記念G1などの主要なイベントを開催
  4. 京都競馬場:1924年に建てられた国内で最も古い競馬場のひとつ。アリーナの中心に湖があり、また、古城の淀城が近くにあるため、国内で最も美しい競馬場としても知られている。

 

3種類の競馬

 

毎年開催される競馬には、以下の3つのタイプがあります。

 

フラットレーシング

フラットレーシングは、騎手のスピード、スタミナ、スキルが試されるタイプのスポーツです。また、馬がフラットトラックを走り、1着を競う最も一般的なタイプの競馬イベントです。

 

障害レース

障害レースは、、途中でさまざまな障害物を克服する馬の能力を際立たせ、スキルとスピードは別として捉えられます。また、他のトラックに比べて馬が長い距離を走る競技でもあります。日本のジャンプレースが他国と違うのは賞金の大きさです。大規模なイベントでは、1億2000万円を超える賞金が贈られる場合があります。

 

ばんえい競馬

ドラフトレースとしても知られ、北海道北島の帯広でのみ開催されます。他のトラックと比較して、馬は短い距離を走りますが、重量が約1,000kgの重いそりを引く必要があります。騎手と馬の耐久性とスキルを試すレースとしても知られています。

 

歴史に残る競走馬たち

 

ディープインパクト

ディープインパクトは14レース中12レースで優勝した、日本で最も成功した馬の一頭です。皐月賞、菊花賞、東京優駿など、日本の三冠レースでも優勝しました。しかし、悲しいことに頸部骨折のため安楽死となり、多くのファンに見送られました。

 

ハクサンムーン

信じられないかもしれませんが、ハクサンムーンは各トーナメントの前にくるくる回わってみせる、実に神秘的な馬です。 G1レースのキャリアで成功しているため、各試合の前にスピンする努力は効果的のようです。

 

ローグバック 

ローグバックは競争相手の男性を倒す強い女性の象徴。最強の牝馬として知られています。ローグバックが日本ダービーに勝つ可能性が高いという噂も多く聞かれます。

 

キズナ 

キズナの父親は世紀の名馬、ディープインパクトです。すごいですよね? 大勝利を治める彼らの血統は疑いようがありません。キズナはすでに最年長馬の一頭と見なされていますが、それでもコース内で良好なパフォーマンスを発揮します。

 

ジェンティルドンナ

ジェンティルドンナは2012年に日本の名馬に選ばれたサラブレッドで、残念ながらすでに引退しています。同じ年に、牝馬三冠でも優勝しました。驚異的なのは、彼女が2012年のジャパンカップで優勝した最初の3歳の牝馬だったことです。また、2014年には2回目のJRA賞年度代表馬を受賞しています。

 

オグリキャップ

言わずと知れたヒーロ。日本中を沸かせた名馬です。1991年に日本競馬協会(JRA)の殿堂入りを果した日本サラブレッド競走馬です。

 

オルフェーヴル

日本のサラブレッド競走馬で、日本の三冠で優勝し、2012年にJRA賞最優秀4歳以上牡馬に選ばれました。すでに引退しています。

過酷なトレーニングとそのスキルに対して賞が用意されるほど、競争馬たちはただの馬とは言えない才能と魅力を秘めています。彼らを賭けの対象として選ぶ時、多くの条件を鑑みなければいけません。最初は混乱するかもしれませんが、賭けを続けていけば、きっと馬を見る目が養われるでしょう。