日本中央競馬会の概要
日本の競馬スポーツにおいて、主要なイベントの全てを監督する組織である日本中央競馬会について知りましょう。

日本中央競馬会(JRA)は、日本の競馬イベントにおける2つの統治機関のひとつであり、もうひとつは全米競馬会(NAR)です。 JRAは主に、グレード1、2、3のレースなどの主要なイベントに焦点を当てています。これらは、通称「G1、G2、G3」として知られています。

JRAは中央競馬の10トラックを管理しています。 日本だけでなく全世界で最大のイベントの主催者です。 そのため、JRAが授与する競馬賞は大きな栄誉とされています。 3歳牝馬(最低カテゴリー)の平均的なレースでは、少なくとも955万円の賞金が提供されます。 一方、段階的なステークは最低7,460万円です。

 

本部

 

JRAの本部は東京都港区にあり、1954年9月16日に設立されました。現在の理事長は後藤正幸で、2014年9月12日からその役職に就いています。

 

JRAの構造と役割

 

JRAは、行われる競馬イベントが公正であり、競走馬やその他の家畜の繁殖が倫理的であると確証することを目的とした公共団体として設立されました。日本中央競馬会の自由性と責任は、日本の競馬法とJRA自身が作成した規則に基づいています。

JRAは独立した機関ではありません。農林水産省の管轄下にあります。理事会のメンバーを選ぶ際に、理事長は省と協力して活動します。評議会の6人のメンバー全員がそのようにして選ばれます。

理事会は、運営のための重要な項目を設定する任務を持っています。これらは、イベントや施設を管理するJRAのポリシーの基礎です。予算と事業計画の最終決定を決定します。また、JRAの理事長が幹部を任命し監督する方法にも関わっています。

経営委員会は合計14名で構成されています。これらには、次のメンバーが含まれます。

  1. 理事長
  2. 副理事長
  3. 常務理事
  4. 理事
  5. 監事

これらすべての人々は、JRAと理事会によって行われる全ての活動に責任があります。彼らは合計10人のメンバーで構成される経営委員会によって支援されています。この評議会には、理事長が選んだ所有者、トレーナー、騎手、科学専門家が含まれます。それらの包含はまた大臣によって許可されなければなりません。目標は、業界の各メンバーが理事長に洞察を与えて、最善の決定を下すのを助けることです。

競馬審判委員会は、業界内にいる一般の人々の法的慣行を担当しています。これには、馬の所有権の登録の手配、騎手とトレーナーへの免許の付与が含まれます。彼らはまた、レースの決定に対する苦情や要求も処理します。

東京のJRA本部は、10のJRA競馬場と全施設の中心として機能します。また、海外にも38ある場外勝馬投票券販売所である「WINS」も担当しています。競馬に関連する全ての変更事項と活動は、間接的であってもJRAにリンクしています。

JRAは、国庫に売上高の10%と余剰利益の50%を支払っています。この寄付は、法律で定められた方法で使用されます。この合計の四分の三は家畜の繁殖を改善するために使用され、残りは公共および社会福祉に使用されます。

 

日本中央競馬会の施設

 

JRAは日本において大きな存在です。競馬に関するすべての決定事項、イベント、施設の中心です。騎手、トレーナー、スタッフ、そして馬に対し業界の一員としての信頼を与えます。それらの仕事を助けるすべての施設はJRAにあります。

 

競馬場

JRAは全国で合計10の競馬場を扱っています。その中で最も有名なのは、東京、中山、京都、阪神の競馬場です。国内最大の競馬場であるため、「ビッグフォー」として知られています。東京は国内最大の競馬場として知られており、世界で最も有名な競馬場のひとつです。彼らは日本のG1レースのほとんどを主催しています。中京と大井で開催されるものもありますが、これら4つほど大きくはありません。

中京はJRAの傘下にありますが、大井はそうではありません。すでに述べた5ヶ所の競馬場の他に、5ヶ所の競馬場があります。福島、新潟、小倉、札幌、函館はすべて、中京とともにG2およびG3競馬場でJRAによって運営されています

 

トレーニングセンターと病院

JRAには2ヶ所のトレーニングセンターがあります。 ひとつは美浦にあり、もうひとつは栗東にあります。これらの施設は両方とも、馬が競走馬になる資格があるかどうかの評価を担当しています。ここで、彼らはフラットコース、障害物競走、さらにはプールなど、あらゆる種類のレースでトレーニングを受けます。馬がJRAによって手配されたステークまたは段階的レースに参加する前に、トレーニングセンターから承認を得る必要があります。プロの馬は、さらなる訓練のためにこれらの施設に戻ることがあります。

競走馬はアスリートであり、それが彼らが怪我や疲労感を起こしやすい理由です。美浦と栗東の両方のトレーニングセンターには、馬のための最高の病院施設があります。資金が豊富で、スタッフは高度な訓練を受けた獣医です。

これらの施設には次のような共通の目的があります

  1. 馬がトレーニングやレースで受ける病気や怪我を発見して治療すること。つまり、プロの競走馬もこれらの病院の恩恵を受けるということです。
  2. 潜在的な感染症を認識し、感染の可能性を制御すること。つまり、施設全体を消毒する必要があります。馬も定期的にチェックされます。
  3. 個々の競走馬に必要なメンテナンスを継続すること。どの馬でも成長する可能性があると信じられており、それが全ての馬が見捨てられない理由です。しかし、所有者とJRAが手放さなければならない馬たちもいるでしょう。引退した競走馬はまだ売ることができますが、素晴らしい競馬馬は繁殖牝馬種牡馬として飼われることになります。
  4. 日本の競走馬、馬術、調教師、馬主、施設スタッフを支援するより良い実践や設備を調査または作成すること。競馬は芸術であり、将来の革新によってさらに改善することができます。

 

馬事公苑

JRAは東京都世田谷区に馬事公苑を所有してています。地元の人たちは、子供たちにも解りやすい名前として「馬の公園」と呼んでいます。この場所の目的は、乗馬に興味を持ってもらうことです。騎手や馬のトレーニングを含む多くのゲームやイベントを開催しています

この施設は1940年に開苑され、14年後に日本中央競馬会の設立により同会の管轄下に置かれました。当時、それは単に馬と競馬愛好家のための場所でした。今日、それは日本のすべての乗馬イベントの中心となりました。また、1964年のオリンピックや、1991年と1998年にはスペインとフランスの馬術学校公演など、いくつかの国際的なイベントも開催されています。

現在、JRA馬事公苑の広さは18万平方メートルを超えています。厩舎や競技場などの競馬施設が完備されています。スタッフ用のオフィスビルもこのエリアに設置されています。

 

競馬学校

日本中央競馬会競馬学校は1982年に白井市に設立されました。訓練施設とは異なり、JRAは大学と同じように騎手と厩舎のスタッフを育てています。騎手になるためのコースは3年間、厩務員になるためのコースは6か月のトレーニングプログラムです。この施設は、時代の変化に適応するために必要な知識とスキルを備えた、安定したスタッフと騎手を育成することを目的としています。

どちらのプログラムの申請者も試験を受験する必要があります。それは馬と人に関する基本的な生物学と経済学を含みます。意欲的な騎手がコースを完了すると、彼らはプロの騎手になるために免許試験を受けることができます。一方、厩務員は、卒業証書を取得するとJRAの施設で自由に働くことができます。

日本中央競馬会競馬学校は、JRAが運営するイベントに出場したい外国の競走馬の検疫も行っています。これは農林水産省によって指定されています。

 

トレーニングファーム

JRAは2ヶ所のトレーニングファームを所有しています。 ひとつは北海道の日高育成牧場です。 もうひとつは九州の宮崎育成牧場です。 競馬学校が安定したスタッフと騎手を育成するための場所であるとすると、トレーニングファームは1歳馬を競走馬に育てるための場所です。

1歳馬とは1歳以下の馬です。 JRAは、どの農場からいつでも子馬を購入することができます。一度に合計80歳馬が訓練されます。このトレーニングは、2歳の春まで続きます。2〜4歳の馬は、雄の場合はコルト、雌の場合は牝馬と呼ばれます。 5歳になると、雄はスタリオン、雌はメェアと呼ばれます

サラブレッド種の馬の年齢の数え方は共通していますが、日付は北半球と南半球で異なる場合があります。北半球の全サラブレッド馬は、いつ生まれたとしても1月1日に年をとります。それが日本もそれに従っています。南半球の馬たちは8月1日に年をとります。これは、馬の年齢をフォローしやすくするためです。ほとんどの競馬には年齢制限があるので、確認が必要になります。

 

競走馬総合研究所

JRA競走馬総合研究所は、1959年に栃木県下ノ市に設立されました。当時は「競走馬保健研究所」と名付けられ、当時の唯一の目的は日本のすべての競走馬のニーズに応えることでした。これには、競技分野のリソースと安全性が含まれます。今日、彼らはスポーツ科学と感染症に更なる焦点を合わせています。

JRA競走馬総合研究所は競走馬の福祉だけに焦点を当てているわけではありません。彼らはまた、繁殖と飼育のために馬の世話をしています。それらは、美浦と栗東トレーニングセンターの実践と技術の源です。

 

チャリティー

JRAは多くのチャリティーイベントや財団に参加しています。先に述べたように、家畜と社会福祉に携わっています。また、環境を助けるための主導権にも関わっています。 JRAは、国の税金に最も貢献している日本で最も収益性の高い企業のひとつです。

 

家畜開発

JRAは、前述のように、すでに国庫に拠出金を支払っています。しかし、彼らはまた、家畜開発研究に直接的な財政的支援を提供しています。 JRAは、提案を求める公募も主催しています。公募で収集したものを使用して、将来または今直ぐ知識に基づいた意思決定を行います。

 

社会福祉におけるイニシアチブ

JRAは、国庫に寄付する金額の4分の1を、社会福祉貢献へ当てています。 中央競馬馬主社会福祉財団は、馬の所有者やその他の財団に財政的支援を提供しています。これは、全国で行われている社会福祉プロジェクトに役立っています。

 

環境のメンテナンス

JRAは環境のための予算を計上しています。この取り組みに含まれる問題は、交通渋滞と競馬場近くの違法駐車を最小限に抑えることです。これは、JRAが、その地域に競馬場や賭博場が存在することによって、問題が引き起こされる可能性を制限する責任があると考えているためです。これとは別に、地方自治体への寄付も行っています。これらは、道路、歩道、公園、学校を修理するために使用されます。

 

環境についてのイニシアチブ

前の項目では、JRAが地域の保全や改善をどのように支援しようとしているのかについて説明しました。彼らがコミュニティに与える損害の可能性をどのように制限するかについて話します。 JRAは、競馬のイメージが環境に配慮した事業として維持するように、以下の取り組みを実施しています。

  1. あらゆる種類の廃棄物を削減するための取り組み
  2. 炭素排出量を最小限に抑えるための取り組み
  3. 再生可能エネルギーのみを使用するための取り組み

組織としてのJRAは巨大です。日本のほとんどの地域で見かけます。ギャンブルビジネスとして、人々が彼らをどのように見ているかを知っています。日本中央競馬会の努力は、彼らの存在が無害であるだけでなく、彼らが参加しているコミュニティや一般市民、そして世界に対して役立つことを保証しているのです。