高松宮記念と、その他の格付けステークスレース
高松宮記念などのステークスについて、知っておきたいあれこれをご紹介します。

世界には何千もの競馬イベントがあり、その中でいくつかのトーナメントが際立っています。そのひとつが高松宮記念です。

 

高松宮記念は、4歳馬以上のサラブレッドを対象としたG1フラットレースです。総距離は1,200メートルで、芝の馬場を持つ左回りのコースです。通常、愛知県の中京競馬場で開催されます。

 

1971年、優勝カップのデザインを高松宮宣仁親王がされたことにより、高松宮杯と呼ばれていました。その後、優勝カップデザインが変わった1998年に、名称が高松宮記念と変更されました。

 

G1フラット競馬に分類される前は、総走行距離2,000メートルの国内G2ステータスでした。このレースは、わずか18頭の馬だけが許可され、その申告料は30万円です。

 

現在、総額は281,800,000円、賞金は130,000,000円です。馬主は400万円、調教師は80,000円、騎手、トレーニングアシスタント、馬丁はそれぞれ40,000円を受け取ります。

 

高松宮記念は、春のスプリントチャンピオンを決めるレースです。キンシャサノキセキやロードカナロアなど、何頭かの伝説的な馬が優勝しています。興味深いのは、阪神、京都、中山、東京競馬場の主要な4大競馬場で開催されていない唯一のJRAG1レース競馬ということです。

 

ノミネートされた馬のランキング 

馬の評価は、これまでのレースにおいての全体的なパフォーマンスの質を示す数値指標からされます。 また、今後のレースでのパフォーマンスを予測する分析ツールとしても使用されます。 ただし、すべての評価が同じように作成されるわけではありません。 これは、馬のランキングが、レース中の強さ、着差数値の調整、および体重の調整で構成されているためです。

 

レースの強さは、すべてのレース結果、全体の時間、着差スプレッド、マーケット、直近とピーク時のフォーム、およびセクション分割で構成されます。着差数値調整は、勝ち馬との着差差異の変換量です。 重量値も考察します。 一方、負担重量調整は、馬が運ぶ総重量です。

 

注:通常、馬の体重はレース中に変化します。

ここでは、高松宮記念で最近ノミネートされた馬の評価をご紹介しましょう。

順位    

馬の名前

調教師

性別馬齢          

レース名

2019年の

格付けと

カテゴリー

2020年の

格付けと

カテゴリー

1

アウィルアウェイ

高野友和

F4 

シルクロードステークス 2019

夕刊フジ杯オパールステークス

103S

107S

1

ダイメイプリンセス

森田直行

M7 

TV西日本北九州記念 2019

108S

  •  

1 、3

ダノンスマッシュ

安田隆行

H5

夕刊フジ杯オパールステークス

スプリンターズステークス 2019 

114S

114S

3、1

ダイアトニック

安田隆行

H5

阪急杯

毎日放送賞スワンステークス 2019 

112M

112M

1

ゴールドクイーン

坂口智康

M5

かきつばた記念 2019 

ながつきステークス 2019 

105S,M(D)

  •  

1

グランアレグリア

藤沢和雄

F4 

阪神カップ 2019

117M

  •  


最近の受賞馬 

国内でも有数のレースであるため、多くの馬が参加しています。もちろん、国内トップ人気の競走馬もいます。受賞馬の中から注目の数頭をご紹介しましょう。

モズスーパーフレア

 

父:スペーツタウン

母:クリスティーズトレジャー

受賞年: 2020年

馬齢:

 

モズスーパーフレアはアメリカ生まれのサラブレッドで、2020年のシーズンで松若風馬騎手が騎乗し優勝しました。彼女は音無秀孝調教師の訓練を受け、馬主はキャピタル・システムです。2015年4月1日に生まれた牝馬です。モズスーパーフレアが参加したレースは以下のとおりです。

  • スプリンターズステークス - これは3歳馬以上が参加するG1フラット競馬で、総距離は1,200メートルです。通常、9月下旬または10月上旬に中山競馬場で開催されます。
  • ジャパンブリーディングファームズカップ - 通常、毎年11月3日に異なる競馬場で開催されます。
  • 北九州記念 - 牝馬と牝馬のハンディキャップG3レースです。
  • シルクロードステークス - 4歳馬以上が参加するサラブレッドG3レースです
  • ファンタジーステークス - 通常4月に開催される3歳馬アメリカサラブレッドのためのレースです
  • 小倉2歳ステークス - 総距離1200メートルの2歳馬が参加するサラブレッドG3レースです。

ミスターメロディ

父:スキャットダディ

母:トラスティレディ

受賞年: 2019年

馬齢:

 

ミスターメロディーは、グリーン・フィールズが所有するサラブレッド種の馬で、福永祐一騎手が騎乗し、藤原 英昭調教師の訓練を受けています。ミスターメロディーは、 米国ベルタワーサラブレッドで生まれました。

 

ファインニードル

Sire: Admire Moon 父:アドマイヤムーン

Dam: Needlecraft 母:ニードルクラフト

年: 2018年

馬齢:

 

ファインニードルは、ゴドルフィンが所有、高橋義忠調教師が訓練し、ダーレー・ジャパン・ファームが飼育した馬で、既に引退しています。 2013年4月26日に生まれました。ファインニードルは2018年にスプリンターズステークス、セントウルステークス、ロンジン香港国際競争にも参加しました。

 

中京競馬場

 

中京競馬場は、国内主要4大JRA競馬場のひとつであり、G1競馬が行われる最も有名な競馬場のひとつでもあります。この競馬場で開催される高松宮記念以外の競馬イベントは次のとおりです。

 

チャンピオンズカップ

馬場: ダート

コース: 左回り

 

3歳馬以上が参加するサラブレッドG1レースです。通常、12月に開催され、総距離は1,800メートルです。最新の勝者は、戸崎圭太騎手が騎乗したチュウワウィザードです。大久保龍志調教師によって訓練され、馬主は中西忍氏です。

 

東海ステークス

馬場: ダート

コース: 左回り 

 

4歳馬以上を対象としたサラブレッドG2レースです。通常、毎年1月に開催され、総距離は1,800メートルです。東海ステークスは、フェブラリーステークスのトライアルレースでもあります。川田将雅騎手が騎乗したオーヴェルニュが最近の優勝者となりました。オーヴェルニュは、西村 真幸調教師によって訓練されました。

 

金鯱賞

馬場:

コース: 左回り    

 

4歳馬以上のサラブレッドを対象としたG2レースです。金鯱賞の総距離は2,000メートルで、通常3月に開催されます。このレースの最近の勝者は、クリストフ・ルメール騎手が騎乗したサートゥルナーリアで、角居勝彥調教師によって訓練されました。

 

中京記念

馬場:

コース: 左回り 

 

3歳馬以上のサラブレッドを対象としたG3レースです。通常、1,600メートルの距離を走り、毎年7月に開催されます。このレースの最近の勝者は、酒井学騎手騎乗のメイケイダイハードで、中竹和也調教師によって訓練されました。

 

CBC賞  

馬場:

コース: 左回り 

3歳馬以上を対象としたG3サラブレッドレースです。 CBCの総距離は1,200メートルで、通常6月下旬または7月上旬に開催されます。最近の優勝者は、齋藤 新騎手が騎乗し、森田 直行調教師が訓練したラブカンプーです。

 

プロキオンステークス

馬場: ダート

コース: 左回り 

 

プロキオンステークスは、3歳馬以上のサラブレッドを対象としたG3レースです。通常毎年7月開催で、総距離は1,400メートルです。最新の優勝者は松若風馬騎手が騎乗したサンライズノヴァで、音無 秀孝調教師によって訓練されました。

 

ファルコンステークス

馬場:

コース: 左回り 

 

通常3月に開催されるサラブレッドG3レースです。総距離は1,400メートルです。最近の優勝者は、田辺裕信騎手とシャインガーネットで、栗田徹調教師のトレーニングを受けています。

 

中日新聞杯

馬場:

コース: 左回り 

 

中日新聞杯は、3歳馬以上が参加するサラブレッドフラットG3レースです。このレースは通常毎年12月に開催され、総距離は2,000メートルです。このレースの最近の勝者は、松山弘平騎手とボッケリーニで、池江 泰寿調教師によって訓練されました。

中京競馬場は、家族みんなで楽しめるレジャー施設として知られてます。場内に子供向けの遊具がたくさんあるからです。ポニー乗馬などのアクティビティも用意されています。 

 

セントウルステークス  

セントウルステークスは、高松宮記念が引き継ぐ前の2005年から2010年まで、グローバルスプリントチャレンジシリーズの日本戦でした。基本的には3歳馬以が参加するフラットG2レースです。 総距離は1,200メートルです。 

 

最初のセントウルステークスは1987年に開催されました。興味深いのは、名前のセントウルスがケンタウロスのように見える競馬場の彫像に由来していることです。 このレースの最近の勝者は次のとおりです。

 

年度

競走馬

騎手

調教師

馬主

2020 

ダノンスマッシュ

三浦皇成

安田 隆行  

ダノックス 

2019 

タワーオブロンドン

クリストフ・ルメール

藤沢 和雄

ゴドルフィン

2018 

ファインニードル

川田将雅

高橋義忠

ゴドルフィン

2017 

ファインニードル

ミルコ・デムーロ

高橋義忠

ゴドルフィン

2016

ビッグアーサー

福永祐一

藤岡 健一

中辻 明

 

新しいアメリカンブラッド

先日、モズアスコットが、2021年度日本スタリオンランクの新しいアメリカンブラッド(米種牡馬)になることが発表されました。モズアスコットは2014年3月31日に生まれたアメリカ育ちですが、日本で訓練されたサラブレッドです。

 

モズアスコットは通常、芝でレースをします。 4歳の時に、4つのマイナーレースで勝ちました。しかし、阪急杯、マイラーズカップ、スワンステークスでは2着に終わっています。モズアスコットは、2018年安田記念で1着を獲得しています。

 

モズアスコットは3本の足先が白く、額に白流星を持っていることで知られている栗毛馬です。驚くことに、彼の総収入は411,714,000円です。モズアスコットは矢作芳人調教師がトレーニングを行い、キャピタル・システムが所有しています。

 

2015年、モズアスコットは1歳馬の時に、米国キーンランド競馬場の競売で最低価格の275,000ドルでオークションにかけられました。しかも、この最低価格を満たしませんでした。これにより、モズアスコットは日本に輸出されたのです。

 

モズアスコットは、素晴らしい血統を持っています。父は無敗の競走馬の一頭として知られているフランケルです。一方、母はケンタッキー州で育てられたインディアで、素晴らしいレース能力を持ち総収入は60万ドルを超えています。彼女はまた、2006年のコティリオンステークスなどの6つのレースで優勝しました。

 

3歳のシーズン(2017年)

モズアスコットは、レース経験のない2歳馬と言われていました。彼の最初のレースは3歳馬の時、2017年6月10日でした。2017年の日本サラブレッド公式ランキングに基づくと、モズアスコットのレーティングは107です。これは彼が芝レースにおいて42番目のトップ3歳牡馬で、レイデオロに次ぐ一流の競走馬の一頭であることを意味します。

 

4歳のシーズン(2018年)

2018年シーズンの阪神競馬場では、 クリストフ・ルメール騎手がモズアスコットに騎乗しました。運は彼らの味方をせず、初戦で勝つことができませんでした。

 

6月3日の安田記念において、14.7 / 1のオッズでG1クラスに昇格。東京競馬場の総距離は1600メートルです。モズアスコットは、118の評価を受けて世界で78番目に優れた競走馬となりました。

 

5歳のシーズン(2019年)

 

3回目のキャンペーンでは読売マイラーズカップにおいて、ダノンプレミアムに次ぐ7着でフィニッシュしました。トレーナーの一人である宮内重幸氏によると、興奮しすぎて騒音に驚いてしまっていたそうです。

 

6歳のシーズン(2020年)

モズアスコットにとって、最も挑戦的な季節のひとつでした。キャリアを通して芝のみでレースをしていたモズアスコットが、ダートに切り替えたためです。彼のダート初戦は、1,400メートルの根岸ステークスでした。

 

モズアスコットは、カペラステークス、ユニコーンステークス、武蔵野ステークスにも、ルメール騎手騎乗で参加しました。また、フェブラリーステークスでは、インティ、ノンコノユメ、サンライズノヴァ、アルクトスなど、伝説的なライバルとの最初のG1レースを競いました。

 

モズアスコットは、オーストラリアのドンカスターハンデキャップで走る予定でしたが、コロナ禍の影響で延期されました。このため、モズアスコットは日本に残りました。

 

レースが競馬場だけでなく、騎手や競走馬の成長にも大きな役割を果たしていることを証明しています。これからも年月が経つにつれ、高松宮記念のような一流のイベントにおいて競走馬や騎手が歴史を刻むことは間違いないはずです。