競馬騎手トップ5
知っておくべき日本のトップジョッキーとその軌跡。

ジョッキー=競馬騎手の仕事

 

ジョッキ−はジョッキーでも、ディスクジョッキー(DJ)と馬のジョッキーとは明らかに異なります。競馬のジョッキーは、競馬で馬に乗る人、すなわち競馬騎手です。彼らは様々な走行速度で馬を操縦するための、高レベルな体力を持つ優れた選手として知られています。ほとんどの騎手は、騎乗する馬が異なるため馬のトレーナーと協力して仕事をします。

他のスポーツと同様、ほとんどのジョッキーは若年時から訓練を始めます。すべての競馬騎手にはライセンスが必要で、ライセンス無しに競馬レースに出場することはできません。日本を含む一部の国で、ジョッキーは職業として認知されています。

日本において、競馬はレースイベントとして人気の馬術スポーツで、毎年21,000以上のレースが行われています。競馬業界は、日本中央競馬会(JRA)と地方競馬全国協会(NAR)によって組織され、管理されています。

JRAは大都市圏にある10ヶ所の主要競馬場に焦点を当て、NARは日本国内の地方競馬レースを管理しています。

 

2020年のトップジョッキー

JRAによる2020年度人気トップ騎手は次のとおりです。

 

クリストフ・ルメール (Christophe Lemaire)

順位

1位

2位

3位

4位

5位 

着外馬

ステークスレース

獲得賞金

1

95勝

54勝

46勝

29勝

31勝

99

29勝

1,912,419,000円

 

ルメール騎手は、2002年に日本の中央競馬でキャリアをスタートさせたフランス生まれのジョッキーです。毎年印象的な結果を残し、すぐに日本で人気を博しました。 2018年と2019年のジャパンフィリーズ・トリプルクラウンでも優勝しました。

 

川田 将雅

順位

1位

2位

3位

4位

5位  

着外馬

ステークスレース

獲得賞金

2

88勝

55勝

34勝

25勝

22勝

82

33勝

1,457,212,000円

 

川田騎手の祖父と父親は両人とも馬の調教師、そして曾祖父は騎手であり、その血筋から成るべくして騎手になったと言えます。また、JRAの歴史上、以下の5つのクラシックレースのすべてで優勝をなした8人のライダーのひとりです。

  1. 2008年皐月賞(2000ギニーステークス)でキャプテントゥーレに騎乗
  2. 2014年桜花賞(1000ギニーステークス)でハープスターに騎乗
  3. 2016年東京優駿(ダービー)でマカヒキに騎乗
  4. 2012年優駿牝馬(オークス)でジェンティルドンナに騎乗
  5. 2010年菊花賞(日本セントレジャー)でビッグウィークに騎乗

 

順位

1位

2位

3位

4位

5位  

着外馬

ステークスレース

獲得賞金

3

60勝

49勝

3 勝

30勝

38勝

149

24勝

1,222,317,000円

 

武騎手は伝説的な日本の騎手として世界的にも有名です。1987年のデビュー以来、現在までに計7つの記録を保持しています。1シーズンに69勝で最多勝利新人騎手賞を獲得し、また、最年少で100勝を達成した騎手でもあります。

 

松山 弘平 

順位

1位

2位

3位

4位

5位 

着外馬

ステークスレース

獲得賞金

4

59勝

40勝

43勝

33勝

32勝

234

23勝

1,450,093,000円

 

松山騎手と杉山春樹トレーナーが2020年の桜花賞で初優勝。 これは、1,000ギニーに相当します。 また、3回目のG1勝利を達成しました。

 

福永 祐一

順位

1位

2位

3位

4位

5位  

着外馬

ステークスレース

獲得賞金

5

55勝

42勝

42勝

28勝

30勝

144

15勝

1,336,075,000円

 

福永騎手は、国内および国際レースで合計29のG1レースに勝利しました。 天才ジョッキーと称された福永洋一元騎手を父親に持ちます。 福永騎手の叔父である北村隆氏も有名な騎手でした。

 

岩田 望来

順位

1位

2位

3位

4位

5位  

着外馬

ステークスレース

獲得賞金

6

43勝

34勝

39勝

31勝

41勝

236

13勝

1,260,919,000円

 

岩田騎手は、現在わずか20歳の最年少騎手のひとりです。 彼はフラットレースと障害物競走のライセンスを持っています。

 

藤岡 佑介

順位

1位

2位

3位

4位

5位 

着外馬

ステークスレース

獲得賞金

7

40勝

40勝

23勝

20勝

16勝

169

19勝

783,628,000円

藤岡騎手はフラットレースのライセンスを持っている34歳の騎手です。

 

史上最高の騎手たち

 

ウィリー・シューメーカー(Bill Shoemaker) 

国籍

生涯勝利数

獲得賞金

アメリカ

8,883 勝

123,375,524ドル

 

シューメーカー騎手は、41年に渡る競馬人生で生涯勝率21%を達成しました。 彼はまた、参加したほとんどすべてのレースで勝利した騎手としても知られています。 1950年代に、アメリカのジョッキーチャンピオンに5回なり、国立レーシングミュージアムに殿堂入りを果たしました。

 

シューメーカー騎手が騎乗した重要な競走馬をご紹介しましょう。

  1. スワップス
  2. ラウンドテーブル
  3. ノーザンダンサー
  4. バックパサー
  5. アックアック
  6. ファーディナンド
  7. シケイダ
  8. ダマスカス
  9. ギャラントマン
  10. ソードダンサー
  11. フォアゴー
  12. ジャイプール
  13. ジョンヘンリー
  14. スペクタキュラービッド
  15. ゲイムリー
  16. シルキーサリバン
  17. キャンディースポッツ
  18. トムロルフ

 

レスター・ピゴット (Lester Piggott)

国籍

生涯勝利数

ブリティッシュクラシック

英国

4,493勝

30勝

 

ピゴット騎手は11度の英国チャンピオンで、エプソムダービーの歴史上、最も成功したライダーでもあります。 この成功の影響で、意欲的な若い騎手達は皆、彼の競走馬の乗り方をこぞって真似しました。 その負けず嫌いの性格から「ロングフェロー」と呼ばれ、史上最高のフラットレーシングジョッキーのひとりとして知られています。

 

ピゴット騎手の功績の一部を御覧ください。

  1. アスコットゴールドカップで11回優勝
  2. デューハーストステークスで10回優勝
  3. ジュライカップで10回優勝
  4. コロネーションカップで9回優勝

 

ピゴット騎手が騎乗した重要な競走馬をご紹介しましょう。

  1. ネヴァーセイダイ
  2. クレペロ
  3. プチトエトワール
  4. セントパディ
  5. サーアイヴァ
  6. ニジンスキー
  7. ロベルト
  8. エンペリー
  9. ミンストレル
  10. アレッジド
  11. ティーノソ
  12. シャディード
  13. ロイヤル・アカデミー
  14. ロドリゴデトリアーノ

 

ジョン・ヴェラスケス (John R. Velazquez) 

国籍

生涯勝利数 

ブリーダーズカップ

獲得賞金

プエルトリコ 

6,165勝

16勝

415,609,389ドル

ヴェラスケス騎手は2004年と2005年に米国チャンピオンとして有名になったプエルトリコのジョッキーです。また、卓越した騎手に与えられるエクリプス賞を受賞し、2012年には殿堂入りを果しました。

 

ヴェラスケス騎手の功績の一部を御覧ください。

  1. トリプルクラウンレースで4勝
  2. ケンタッキーオークス(グランドステークス)
  3. メトロポリタン・ハンディキャップ(グランドステークス)
  4. ホイットニー・ハンディキャップ(グランドステークス)
  5. ドバイ・ワールドカップ(グランドステークス)
  6. ウッドバインマイル(グランドステークス)

 

ヴェラスケス騎手が騎乗した重要な競走馬をご紹介しましょう。

  1. ダホス
  2. ストームフラッグフライング
  3. レモンドロップキッド
  4. アシャド
  5. キトゥンズジョイ
  6. フラワーアレイ
  7. ローヤーロン
  8. ロージズインメイ
  9. ブルーグラスキャット
  10. サルダーーガルチ
  11. スキャットダディ
  12. ラグズトゥリッチズ
  13. コメンテーター
  14. インディアンブレッシング
  15. アンクルモー
  16. アニマルキングダム
  17. ワイズダン
  18. カラライナ
  19. オールウェイズドリーミング

 

ゴードン・リチャーズ (Sir Gordon Richards) 

国籍

生涯勝利数 

ブリティッシュクラシック

英国

4,870勝

14勝

 

リチャーズ騎手は、世界で最も偉大な騎手として度々評価された大変興味深いジョッキーです。フラットジョッキーとして唯一騎手となったことが記録に残っています。 引退後、彼は競走馬のトレーナーになりました。

そして何と言っても素晴らしいのは、騎士として、国家元首からナイトフッドの名誉称号を与えられた人物です。

 

リチャーズ騎手が騎乗した重要な競走馬をご紹介しましょう。。

  1. ベルオブオール
  2. ビッグゲーム
  3. カメロニアン
  4. ミゴリ
  5. ナスルーラ 
  6. パッシ
  7. ピンザ
  8. リフォーム
  9. サンチャリオット
  10. テューダーミンストレル

 

マイク・スミス (Mike E. Smith)

国籍

生涯勝利数 

ブリーダーズカップ

Earnings

アメリカ

5,559勝

26勝

328,329,509ドル

 

スミス騎手は1990年代初頭以来、アメリカの主要なライダーのひとりとして知られています。 2003年に全米レーシングミュージアムに殿堂入りを果たしました。52歳でトリプルクラウンを獲得した最年長の騎手でもあります。

スミス騎手の功績の一部を御覧ください。

  1. 2016年ブリーダーズカップ・ダートマイルで優勝
  2. 2005年、2018年ケンタッキーオークスで優勝
  3. 2012年、2013年ブリーダーズカップ・ターフスプリントで優勝

 

スミス騎手が騎乗した重要な競走馬をご紹介しましょう。

  1. オーサムアゲイン
  2. アロゲート
  3. アゼリ
  4. ボードマイスター
  5. チェロキーラン
  6. コロナドズクエスト
  7. ドロッセルマイヤー
  8. ジャコモ
  9. ゲームオンデュード
  10. ホーリーブル
  11. ジャスティファイ
  12. ルアー
  13. マデオ
  14. ミズディレクション
  15. パレスマリス
  16. プレイリーバイユー
  17. ロイヤルデルタ
  18. シェアードビリーフ
  19. スキップアウェイ 
  20. スカイビューティ
  21. ソングバード
  22. スターダムバウンド
  23. サンダーガルチ
  24. ティアゴ
  25. アンブライドルズソング
  26. ヴィンディケーション
  27. ウエストコースト
  28. ゼニヤッタ

 

ランフランコ・デットーリ (Frankie Dettori )

国籍

生涯勝利数 

グループ1

Earnings

イタリア

3,000勝+ 

250勝以上

155,000,000ポンド

 

デットーリ騎手は、世界的なサラブレッド競走馬のオペレーターであるゴドルフィンと20年間の関わりを持ち、シェイクモハメッドの懐刀として広く知られています。

デットーリ騎手の人気により、ストラディバリウス、イネーブル、ゴールデンホーン、オーソライズド、シャマルダル、シングスピルなどのブランドとも提携しています。 彼は英国チャンピオンのフラットジョッキーも3回務めています。

デットーリ騎手が騎乗した重要な競走馬をご紹介しましょう。

  1. ゴールデンホーン
  2. グランデラ
  3. シングスピール
  4. デイラミ
  5. スウェイン
  6. バランシーン
  7. ウィルコ
  8. レイヴンズパス
  9. エレクトロキューショニスト
  10. ドバイミレニアム
  11. ジョシュアツリー
  12. ケープヴェルディ
  13. カジア
  14. ブルーバンティング
  15. ファルブラヴ
  16. アイランドサンズ
  17. ドラムタップス
  18. カイフタラ
  19. オーソライズド
  20. ラムタラ
  21. ローマン
  22. アルムタワケル
  23. マリエンバード
  24. リフューズトゥベンド
  25. ホーリング
  26. サキー
  27. スラマニ
  28. ラムタラ
  29. アルジャブル
  30. シャマルダル
  31. スコーピオン
  32. コンデュイット
  33. ラモンティ
  34. オリンピックグローリー
  35. バハミアンバウンティ
  36. シャラー

 

ラフィット・ピンカイ・ジュニア (Laffit Pincay, Jr)

国籍

生涯勝利数

ブリーダーズカップ

Earnings

パナマ

9,530勝

7勝

237,120,625ドル

 

ピンカイ・ジュニア騎手は1970年代初頭に7回の優勝で競馬界を圧倒したチャンピオンジョッキーです。 また、すべてのフラットレースで勝ったジョッキーとしても知られていました。 彼の父親もパナマとバレンズエラのレースで活躍した騎手で、彼の活躍は血筋と言って良いかもしれません。

ピンカイ・ジュニア騎手が騎乗した重要な競走馬をご紹介しましょう。

  1. アファームド
  2. シャム
  3. イズイットトゥルー
  4. ジョンヘンリー
  5. ゲイムリー
  6. デザートヴィクスン
  7. スーザンズガール
  8. ジェニュインリスク
  9. バヤコア
  10. フォーンチャッター
  11. カヴィアト
  12. コンキスタドールシエロ
  13. ペロー
  14. イッツインザエアー
  15. スウェイル
  16. チヌークパス
  17. クーガー2世
  18. オートバイオグラフィ
  19. カポウティ
  20. スカイウォーカー
  21. ランダルース

 

重要な競走馬とは?

重要な競走馬とは、騎乗した騎手を勝利に導いた馬のことです。

 

あなたがあなたが知るべき競馬騎手についてのファクト

世界中で騎手の人気が高まっているため、職業としての騎手について多くの質問が寄せられます。

 

競馬騎手になる方法と、どれくらい稼ぐことができるのか?

騎手になるには、馬の適切な訓練、繁殖、および能力について学ぶ必要があります。 また、解剖学、呼吸、身づくろい、蹄鉄のパターンについても知っておく必要があります。 シューイングは、正しく行わないと馬のパフォーマンスに影響を与え、場合によっては馬を傷つける可能性もあるため、騎手の最も重要な仕事のひとつです。

すべての基本を学んだ後、あなたは見習いとしてプロのジョッキーに付く必要があります。これを行うことにより、レースのルールが実際にどのように機能するかを学びます。 日本にも騎手が免許を取得するための専用機関があります。

各レースに参加する前に、コース、気象条件、および競合に応じて戦略を計画する必要があります。 そのため、ほとんどの騎手は馬のトレーナーと協力して仕事を行います。

プロの騎手の条件として、身長が約5フィート=152.4センチ、体重が約100ポンド=45キロである必要もあります。

ほとんどの騎手には、賞金コミッションに加えて騎乗手当が支払われます。 ほとんどの場合、騎乗料金はレースごとに3,210円から10,697円です。 競馬騎手の年収は約3,209,010円となります。

 

騎手の服装と道具について

競馬の騎手は目印のカラーシルクを身に着けます。これは、服飾と呼ばれレース中に馬と騎手の識別に使用されるカラフルなヘルメットカバーとジャケットのことです。 シルクの特徴はその柔軟性と耐久性です。

また、サドルレザーで足を挟まないように、適切なライディングブーツを着用する必要があります。 つま先を保護する頑丈なつま先と、あぶみから滑り落ちないように特殊なヒールが付いています。

 

騎手が使用する基本的な器材の一部を紹介しましょう。

  1. 馬衣:特に冬、馬を寒さから保護するために使用されます
  2. ブリンカー:馬が正面を向くように、馬の目の側面を覆うために使用されます
  3. 手綱:騎手が指示を与えるために使用する馬の頭に取り付けられた革製の綱
  4. 乗馬用鞭:馬に速く走るよう命令するために使用される革の鞭

 

これらの道具を使うと同時に、あなたが馬と良好な関係を保っていることを常に確認する必要があります。