競馬を楽しみたいあなたのための競走馬調教基本ガイド:競馬が何倍も面白くなる!知っておくべき競走馬トレーニングの基礎
競馬の主役、競走馬。馬たちは明日の勝利を目指して日夜トレーニングを積んでいます。そしてその調教が成功のための大きな鍵を握っています。競走馬の調教について詳しく知ることで、競馬の楽しさは何倍に大きくなります。競馬好きなら絶対に知っておきたい基本的な競走馬の調教のガイドを詳しく見ていきましょう。

あなたがプロの調教師でないならば、恐らく競走馬を調教することは難しいに違いありません。なんといっても、馬に技術を教えることとは別に、馬とコミュニケーションをとる方法を学ぶ必要があるからです。これは、馬にあなたを信頼させる最も簡単な方法でしょう。

調教師が、競馬のイベントに参加していることに気づいていますか?これはアクシデントなどが起きた場合、彼らが「保護者」として機能するためなのです。あなたがG1レースのファンなら、調教師の名前が競馬リストに含まれていることをご存知だと思います。

初心者の場合は、基本を知ることから始めることが重要です。

 

もしも、あなたが調教師になるならば

 

さて、調教師として成功するには、競馬で使用されるすべての用語を学ぶ必要があります。これらは、競馬の世界を完全に理解するために必要です。

知っておく必要のある最も基本的な用語を見てみましょう。

 

フィリー(Filly)

4歳の雌馬を表す名称

 

サイアー(Sire)

父馬のこと

 

ダム(Dam)

母馬のこと

 

メアー(Mare)

5歳以上の雌馬を表す名称

 

コルト(Colt)

4歳の牡馬を表す名称

 

ブラッドメアーダム(Broodmare Dam) 

子孫が繁殖にも使われている雌馬

 

騸馬(せんば:Broodmare)

繁殖に使用される雌馬

 

1歳馬(Yearlings)

1歳の馬または新生児を表す名称

 

馬と絆を築く

 

あなたの馬と、絆を築くことを忘れてはいけません。 これは、馬たちがあなたと一緒にいて快適だと感じさせるためです。 馴染んだ馬はリラックスしているので、訓練するのは難しいことではありません。 信頼を得ることが必須です。

馬と一緒に時間を過ごし、どのようにコミュニケーションするかを学びましょう。 馬は決まった日常を繰り返す生き物なので、スケジュールやルーティーンを設定するのが最善です。

どのようにして、馬と一緒に過ごす時間を作るのかわかりますか? それは馬の手入れをすること、たてがみを編むこと、入浴させること、そして厩舎の周りを散歩することだけでもよいのです。

あなたが一緒に日常生活を続けるにつれて、馬はあなたを群れの一部として見始めます。

ポジティブな雰囲気を作るのも良い策です。 ストレスの少ない活動を考え、トレーニング中は常に前向きな姿勢を示してください。

また、ご褒美を与えて、あなたが彼らの良い仕事を認めたことを知らせることも効果的です。

 

グラウンドワーク

 

グラウンドワークは、馬を訓練するための最良の方法です。一部の人はそれはそれほど重要ではないと考えていますが、実際には重要なステップのひとつです。重要な演習のいくつかを次に紹介しましょう。

 

静止

トレーニング中は、馬が静止しているかどうかを観察してください。馬が静止できない場合、集中できていないか、誰かがパーソナルスペースに侵入しているように感じている可能性があります。

無意識にじっと立っている方法を教えることは、馬があなたの先導に従うことを促します。

これを行うには、静止して引き綱をたるませることだけが必要です。馬が一歩踏み出しているのを見たら、引き綱を振ってください。引き綱を振るということは、馬に後退を求めるということです。

馬がすぐに後退して来ないことがわかった場合は、反応するまでロープを強く振る必要があります。

日常のルーティーンや厩舎の周りを散歩している時に、この訓練をすることを忘れないでください。

 

後肢を動かす

後肢を操作することは、馬を動かすもうひとつの方法です。後肢を止める方法を知ることは、緊急ブレーキの使用方法を知ることに似ています。それはまた、これを行うことによって馬にあなたが主導していることを教えることになります。

 

フレクション

これは、馬に首を左または右に曲げさせる訓練です。目標は、馬が首を回して肩のすぐ後ろに触れるようにすることです。

これを行うには、引き綱に適度な力をかけます。簡単に言えば、首を押されている力に向かって曲げるように馬に頼むのです。

すでに首が手前へ曲がっていても圧力を感じることができる場合は、さらに鼻を下げて圧力が解放されるまで引き綱をしっかりと引きます。

必ず左右両方で行ってください。馬が素晴らしい仕事をしていると伝えるために、ご褒美を与えることを忘れないでください。

 

肩を動かす

後肢を動かしたりリリースしても効果がない場合は、肩を動かすことで後肢を動かすことができます。

これを行うには、馬の前に少し離れて立ってください。積極的に横に踏み出し、手をできるだけ近づけます。

これはあなたが、密接に接触する必要があるという意味ではありません、あなたと馬の間に見えない壁を確立する必要があるだけです。

馬が離れるよう促すために、ランジホイップ(鞭を振ること)を忘れないでください。離れたら、すぐに圧力を解放します。

 

ソフトニング(屈とう)

これは、力が加えられた時に馬が頭を下げることです。馬体を柔軟にする方法を教えることは、危険な状況で役立つことがあります。

たとえば、馬の頭がフェンスに引っかかった場合、馬は圧力に反応し、あなたが救助することを可能にします。

 

適切なリード

簡単に思えるかもしれませんが、多くの人が馬に対してこの点で苦労しています。馬にリードされることを正しく教えるだけでなく、あなたが主導者であることも示します。

正しく馬を導くポジションは、あなたが並んで歩いているように見える位置であるべきです。 馬があなたよりもゆっくり歩く場合は、あなたの後ろに鞭を振ってそれを促してください。

一方、馬があなたの前を歩こうとした場合は、すぐに歩くのをやめてじっとします。 馬が正しく反応するまで、この手順を繰り返します。

 

馬の過敏性を抑える

 

簡単に言うと、これは馬の本質を通常とは異なるものにするプロセスです。 厳しいように聞こえるかもしれませんが、それは馬との間の信頼を築く方法でもあります。

馬は跳躍動物なので、怖いものから本能的に逃げ出したいのです。 調教師として、馬がその恐怖に立ち向かうのを助けるのはあなたの仕事です。 このプロセスにより、彼らは馬場で自信を持つことができます。

信じられないかもしれませんが、馬は過敏で簡単に怖がります。ほとんどの馬が恐れているものを以下で紹介しましょう。

  1. 吠える犬
  2. 大きな音
  3. 大きな音を立てる車、トラック、その他の機械
  4. 馬を取り巻く人々と子供たち
  5. 羽ばたくもの

 

馬が言うことを聞かない理由

 

あなたが馬を訓練し始めると、馬があなたの命令に従わない日を避けることはできません。これが、馬がどのようにコミュニケーションをとるのかを、学ぶことが重要である理由です。コミュニケーションに問題がある場合、それは訓練を難しいものにするでしょう。

馬を怒鳴ることは選択肢にはありません、怒鳴ることは、その信頼を壊すだけです。どんなに難しくても、怒鳴ったり叩いたりしないでください。

突然、命令無視をするもうひとつの理由として、体調が優れない事も考えられます。

 

鞍を使ってトレーニング

 

手遅れになる前に、鞍で馬を訓練することを忘れてはいけません。一部の調教師によると、このステップは大きな課題だそうです。これは、本能的に鞍が嫌いなためです。ですから、何度も何度も馬の背中に鞍を置き続けなくてはいけません。繰り返しが重要であることを忘れないでください。

このトレーニングは、徐々に行うようにしてください。時間をかけて、最終的に馬が鞍に慣れていることを確認することが重要です。

 

荷重する

 

トレーニングを開始したらすぐに、追加される重さに対し馬を慣れさせていきましょう。あなたは愛情を示しながら重さを加えていくだけで、これを行うことができます。腕を上に置いたり、傾けたりしていきます。馬の背中に重みを感じさせます。

 

騎乗する

 

重りを追加して鞍を装着し、馬がようやく快適になったと感じたら、いよいよ騎乗です!

この手順は慎重に行ってください。実行する必要のある簡単な手順は次のとおりです。

  1. あぶみに足を置く
  2. 体重をかけるが、すぐに馬の背に足を振らない
  3. 体重が増えても馬が快適だと感じたら、あぶみの上に立ってみる
  4. 足を振り返して鞍に座る

あなたの馬が一連の動作に慣れるまで、このステップを繰り返してください。

 

あなたのライディング能力

 

調教師として、あなたはライディング能力を向上させる必要があります。これは、優れた乗馬技術が、馬を適切に訓練するための最も重要な鍵のひとつだからです。

まず、助けなしで馬にきちんと座る方法を学ぶ必要があります。秘訣は、あなたの鞍と脚が、あなたの手の動きに影響を与えないようにするということです。それは基本的に、あなたの体のある部分を別の部分から切り離す方法を学ぶということです。

乗馬中の怪我を防ぐために、鞍と脚はふたつの仕事をしなければなりません。これは、馬が高くジャンプしたり、走りが速すぎたりしても、座ったままでいられる様にしておくために重要です。

覚えておく必要のある重要ポイントは以下のとおりです。

  1. 体幹の強度が非常に重要である
  2. 鞍を快適に調整できる必要がある
  3. 体重が重くならないようにに気をつける。これは、ほとんどの騎手が小柄な理由でもある。
  4. 膝をバランスポイントの真上に置く。足が後ろに離れすぎていないことを確認する。これはあなたが前に倒れる可能性があるからである。
  5. 膝を柔らかく保つ必要がある。

 

馬の調教馬具

 

基本的なコツやテクニックの他に、絶対に必要な馬具がいくつかあります。適切な馬具を用意することでトレーニング中の馬のパフォーマンスが向上します。 そのいくつかを見てみましょう。。

 

ロープホルター

ロープホルターは、馬を結び、訓練し、導くために使用されます。これは主にトレーニング中はもちろん、日常的に使用されます。

長いナイロンロープで作られていて、あなたと馬を快適に結びます。馬の顔のプレッシャーポイントの上に置く必要があります。

この用具の一番いいところは、コミュニケーションがしやすいことです。

 

リードロープ

長いロープを選ぶ方が良いです。これは、簡単に操作できるようにするためのものです。リードロープは通常、重いクリップまたはスナップでホルターに取り付けられます。

また、綿、馬の毛、ナイロン、またはその他の合成材料から作ることもできます。

 

ランジホイップ(乗馬鞭)

これは通常、馬を走らせるために使用される長い鞭です。ランジホイップは、馬を訓練するときに最も一般的なツールでもあります。コミュニケーションと過敏性を抑えるために使用します。基本的にあなたの腕の延長として機能します。

映画やテレビシリーズで通常見られるものとは異なり、ランジホイップは馬を罰するために使用されません。あなたの馬を罰するためにそれを使うことは、彼らにあなたへの信頼を失うだけです。  

 

ランジライン

ランジラインは基本的に、馬を突進するために使用できる長いナイロンロープです。ほとんどの場合、長さは30フィート以上です。

ランジラインを馬のホルターとブライドルに取り付けることもできます。

 

サースィングル(上腹帯)

馬の胴回りを包むために使う馬具です。また、これを使用して、ライディング方法を馬に訓練することもできます。

注:胴回りは、馬の中央部で測定されます。

 

キャロットスティック

通常4フィートの長さの棒です。ランジホイップとの違いは、より強くて耐久性があることです。

 

フラッグ

文字通りに、赤または白の旗を購入する必要があるという意味ではありません。それは通常、キャロットスティックの端に結ぶ一片の布です。

フラッグは通常、馬を鈍感にするために使用されます。

 

基本を理解したところで、自信を持って馬を訓練しましょう。また、他の調教師の助けを求めることを恐れないでください。