福島牝馬ステークスについて知っておくべきことすべて:ヴィクトリアマイル前哨戦の地方競馬レースを徹底解説
日本の地方競馬で開催される人気レースに興味がありますか? ならば、ヴィクトリアマイルの前哨戦である福島牝馬ステークスを見逃すわけにはいきませんね。

日本において競馬は、とても人気のあるイベントです。実際、さまざまな日本で行われる競馬レースは、世界中に知られています。そして、日本は競馬を愛する国としても有名です。

 

日本の競馬場では、数え切れないほどの驚くべき瞬間が目撃されてきました。あらゆる出来事を引き起こす可能性のあるイベント、そう、騎手の素晴らしい才能と馬のスピードの見本市である競馬のようなイベントに人々は惹かれるのです。

 

国内で行われるこれらのイベントで息を呑む光景を見逃さぬよう、日本の競馬ファンが競馬カレンダーを頻繁にチェックすることは当然でしょう。そうすることで、競馬ファンは自分の好きなレースがいつ行われるかを知ることができるのです。それでは、国内で最も人気のあるレースのひとつである福島牝馬ステークスについて詳しく見ていきましょう。

 

福島牝馬ステークスとは?

福島牝馬ステークスは、福島競馬場で開催されている最大のレースとして知られ、グレードレースとして毎年開催されています。4歳以上のサラ系4歳以上牝馬を対象としたグレード3の競馬レースです。

 

2004年から毎年4月に福島競馬場の1800m芝コースで開催されています。しかし、2011年のレースは東日本大震災の影響で新潟競馬場での開催となりました。開始以来、このレースはグレード3のステータスを保持しています。

 

外国調教馬がレースに初めて参加したのは2007年でした。その後、2014年以降、このレースの一着馬には、もうひとつの権威ある国内レースであるヴィクトリアマイルの優先出走権が与えられるようになりました。

 

レースの詳細

会場

福島牝馬ステークスは、福島競馬場で開催されます。福島競馬場では、福島牝馬ステークスの他に、七夕賞、ラジオNIKKEI賞、福島記念などの主要なG3レースも開催されます。

 

会場へのアクセス

会場である福島競馬場へは、会場最寄り駅からバスの利用が便利です。会場に一番近いバス停は、競馬場の真正面にある『競馬場前』です。

 

競馬場へ車で行く場合は、JR福島駅からわずか10分、飯坂温泉から30分が走行時間の目安となります。

 

コースの特徴

1800メートルの芝コースで開催されるこのレースは、特定のレースレイアウトに従います。レースレイアウトはホームストレッチの真ん中から始まります。つまり、出場者はスタート地点から最初のコーナーまで約300メートルを走ることになります。その後、経路は最初の2コーナーにかけてなだらかな下り勾配が続き、その後向正面には一転、1.3メートルの上り勾配が設けられています。

 

3コーナーと4コーナーからフラット。平坦部分を挟み、4コーナーから直線にかけて再び緩やかな下り勾配になります。フィニッシュラインに向かって上り坂になる前の直線は、約297.5メートルです。このコースレイアウトでは、馬のスピード、上手さと持久力がしっかりとテストされることになります。

 

その他のレース詳細

  1. 総額賞金:81,880,000円(約712,000米ドル)
  2. 優勝者賞金:38,000,000円(約33万米ドル)
  3. 最大出走馬数:16頭
  4. 負担重量:54 kg
  5. トラック:右周り

優勝馬 

2004年に始まった福島牝馬ステークスは、何年にも渡って印象的なパフォーマンスを見せています。毎年4月に競馬ファンがこのレースに集まることで、このレースが本当に興味深いものであり、驚異的な才能とスピードの見本市と言えることが証明されているでしょう。

 

それでは、この競馬場を優雅に走り、レースを制した勝ち馬たちをご紹介しましょう。さらに馬たちについて知るために、詳細もご覧いただけます。

 

  • 2004年 - オースミコスモ

 

福島牝馬ステークスの初優勝馬であるオースミコスモは、1999年生まれのサラブレッドです。現在まで、37レースで5勝5位を記録している22歳の牝馬。レースキャリアでの総収入は267,986,000円です。

 

馬齢

5歳 

騎手

蛯名 正義

調教師

中尾 正

馬主

山路 秀則

生産牧場

岡本牧場

フジキセキ

タイセイカグラ

記録タイム

1分 46.6 秒

 

  • 2005年 - メイショウオスカル

 

2001年に生まれたサラブレッド牝馬は、このレースでタイトルを獲得し成功した競争馬の1頭です。21回の出走で3勝6位を維持、公式には3-4-2-12のレース記録を保持しています。 また、メイショウオスカルは、彼女のレースキャリアにおいて合計180,457,000円を稼いでいます。

 

馬齢

4歳

騎手

後藤 浩輝

調教師

安達 昭夫

馬主

松本 好雄

生産牧場

日西牧場

フジキセキ

メイショウヤヨイ

記録タイム

1分 49.4 秒

 

  • 2006年 - ロフティーエイム

 

2002年生まれのロフティエイムは、3-6-1-16の記録を持ち、レースキャリアで総額112,087,000円を稼ぎました。 参加した最後のレースは2007年12月の愛知杯でした。

 

馬齢

4歳

騎手

吉田 隼人

調教師

二ノ宮 敬宇

馬主

(有)サンデーレーシング

生産牧場

追分ファーム

サンデーサイレンス(USA)

ウィッチフルシンキング(USA)

記録タイム

1分 48.5 秒

 

  • 2007年 - スプリングドリュー

 

スプリングドリューは2000年に生まれ、現在20歳の牝馬です。レースキャリア中に、48のレースに参加し7回の優勝と7位の記録を残しました。また、合計137,782,000円を稼ぎました。

 

馬齢

7歳

騎手

柴山 雄一 

調教師

堀 宣行

馬主

加藤 春夫 

生産牧場

清水スタッド 

ミシル(USA)

ダイナサフラン

記録タイム

1 分46.6秒

 

  • 2008年 - マイネカンナ 

 

マイネカンナは、 2004年に生まれた牝馬で、福島牝馬ステークスで勝利を獲得した優勝馬の一頭です。28レースに出場し、2つのメジャーレースで優勝、レースキャリア中に合計105,796,000円を獲得しました。

 

馬齢

4歳

騎手

吉田 隼人

調教師

国枝 栄

馬主

(株)サラブレッドクラブ・ラフィアン

生産牧場

ビッグレッドファーム

アグネスタキオン

タカラカンナ

記録タイム

1 分 47.1 秒

 

  • 2009年 - ブラボーデイジー

 

ブラボーデイジーは4つの主要なタイトルを獲得しました。 彼女はまた、レースキャリア中に合計177,620,000円を稼ぎました。この芦毛牝馬は、今年で16歳になりました。

 

馬齢

4歳

騎手

生野 賢一

調教師

音無 秀孝

馬主

松岡 隆雄

生産牧場

ヤナガワ牧場

クロフネ (USA)

ブラボーサンライズ

記録タイム

1 分 53.7秒

 

  • 2010年 - レジネッタ

 

16歳の競走馬であるレジネッタは、国内で人気の馬です。 38回の出走で合計4勝6位を記録した後、レースキャリア中に総額273,904,000円を獲得しました。

 

馬齢

5歳 

騎手

中舘 英二

調教師

浅見 秀一

馬主

(有)社台レースホース

生産牧場

追分ファーム

フレンチデピュティ(USA)

アスペンリーフ

記録タイム

1 分 48.9秒

 

  • 2011年 - フミノイマジン 

 

2006年生まれのフミノイマジンは、8-1-3-19の記録を残した印象的な牝馬です。 また、レースキャリア中に合計290,283,000円を稼いでいます。 2013年5月にビクトリアマイルでの出走を最後に見せてくれました。

 

馬齢

5歳

騎手

太宰 啓介

調教師

本田 優

馬主

谷 二

生産牧場

シンコーファーム

マンハッタンカフェ

シンコウイマージン(USA)

記録タイム

1 分 45.4秒

 

  • 2012年 〜 2013年 - オールザットジャズ

 

オールザットジャズは、福島牝馬ステークスのタイトルを2度獲得した唯一の馬です。 2008年に生まれた13歳の競走馬は、現在6-3-3-13の記録を持ち、合計1億8,250万円を稼いでいます。 2013年12月の愛知杯が最後の出走となりました。

 

馬齢

4歳〜5歳

騎手

藤岡佑介 (2012年)
クリスチャン・デムーロ (2013年)

調教師

角居 勝彦

馬主

市川 義美

生産牧場

フジワラフアーム

タニノギムレット

ダイヤモンドピサ

記録タイム

1 分 46.1 秒 (2012年)
1 分 46.4 秒 (2013年)

 

  • 2014年 -ケイアイエレガント

 

ケイアイエレガントは、日本の人気競走馬であるキングカメハメハの血統から生まれたサラブレッド種の牝馬です。その期待通り、彼女は7-3-2-21の記録を獲得し、キャリアで合計収益が210,135,000円に達した後、繁殖入りし父の遺伝子を受け継ぎました。

 

馬齢

5 歳

騎手

吉田 豊

調教師

尾形 充弘

馬主

亀田 和弘

生産牧場

松田牧場

キングカメハメハ

ポストパレード(USA)

記録タイム

1分 47秒

 

  • 2015年 - スイートサルサ 

 

スイートサルサは2010年生まれの牝馬で、総収入が135,142,000円に相当することを明らかにしました。 5-1-3-10の記録で、2015年の府中牝馬ステークスでの最後のレースまでファンを魅了したことは間違いありません。

 

馬齢

5歳

騎手

田中 勝春

調教師

菊川 正達

馬主

シンボリ牧場

生産牧場

シンボリ牧場

デュランダル

スイートハビタット(IRE)

記録タイム

1分 46秒

 

  • 2016年 - マコトブリジャール

 

マコトブリジャールは現在11歳の牝馬で、7-0-3-18の記録を保持しています。最終レースとなった 2016年のクイーンステークス出走後、その総収入は160,754,000円となりました。

 

馬齢

6歳 

騎手

北村 友一

調教師

鮫島 一歩

馬主

(株)ディアマント

生産牧場

出口 繁夫

ストーミングホーム(GB)

マコトコーラン

記録タイム

1分 47.5秒

 

  • 2017年 - ウキヨノカゼ

 

ウキヨノカゼは現在11歳の黒鹿毛馬で、福島牝馬ステークスにおいて優勝を収めた馬の一頭です。 21戦の出走でホームタイトルを獲得し、総収入は182,638,000円でした。

 

馬齢

7歳

騎手

吉田 隼人

調教師

菊沢 隆徳

馬主

國分 純

生産牧場

ファニーフレンズファーム

オンファイア

アドマイヤダッシュ

記録タイム

1分46.8秒

 

  • 2018年 - キンショーユキヒメ

 

2013年生まれのキンショーユキヒメは、32戦で6-2-2-22という印象的な記録を残してたことで知られています。 2019年、最後の出走をしたこの芦毛牝馬は、現在までに合計139,600,000円を獲得しています。

 

馬齢

5歳

騎手

秋山 真一

調教師

長谷川 浩大

馬主

礒野 日出夫

生産牧場

社台ファーム

メイショウサムソン

アップルティー

記録タイム

1分 46.8秒

 

  • 2019年 - デンコウアンジュ

 

2013年生まれの黒鹿毛馬、デンコウアンジュは、4-1-3-31の記録を保持しています。 まだ8歳ですが、すでに総額225,090,000円を稼いでいます。 彼女の最近のレースは、2021年3月に開催された中山牝馬ステークスです。

 

馬齢

6歳

騎手

柴田 善臣

調教師

荒川 義之

馬主

田中 康弘

生産牧場

磯野牧場

メイショウサムソン

デンコウラッキー 

記録タイム

1分 48.1秒

 

  • 2020年 - フェアリーポルカ

 

福島牝馬ステークスの現在のタイトル保持者は、2016年生まれの牝馬、フェアリーポルカです。5歳馬の時、参加した16レースで既に4回のメジャー優勝を果たしています。近々の出走は今年4月のG3レースとなり、レースキャリア中、これまでに合計142,833,000円を稼いでいます。

 

今のところ、フェアリーポルカが2021シーズンにどれほど活躍し、そしてオールザットジャズのように連続勝利を収めることができるのかは、まだ誰にもわかりません。

 

馬齢

4歳

騎手

和田 竜二

調教師

西村 真幸

馬主

山本 剛士

生産牧場

ノーザンファーム

ルーラーシップ

フェアリーダンス

記録タイム

1分 46.8秒

 

まとめ

福島牝馬ステークスは、驚異的なスピードと才能の見本市と言えます。多くの人びとが、このエキサイティングなイベントの目撃者になりたいと願い、競馬レースカレンダーで福島牝馬ステークスをチェックする理由が理解できます。 競馬レースカレンダーに書き込むことで、最終結果と素晴らしいレースを見逃すことはないはずです。