2021年のJRA(日本中央競馬会)競馬イベント
2021年にJRA(日本中央競馬会)が開催するレーストーナメントの公式スケジュールをご覧ください。

波乱の令和2年を終え、JRA(日本中央競馬会)は、2021年度のレースカレンダーを発表しています。この一年には、1月5日から12月28日までの合計288回の大会があります。京都競馬場は、グランドスタンドの改修により 2023年3月まで閉鎖されます。

中京競馬場で22開催、小倉競馬場に10開催、阪神競馬場に5開催が予定されています。京都で通常開催されるG1ステークスと天皇賞は、改修工事の影響により全レースを阪神競馬場で開催します。

阪神競馬場で3,200メートルのレースが行われるのは初めてであるため、天皇賞と日本の三冠の最終戦は今年最も待望されるレースのひとつです。また、菊花賞も阪神競馬場で行われることが報じられています。

 

競馬場

 

競馬場は単に馬が走る場所ではなく、トップの競走馬と騎手が優勝を競い合う場所です。また、競馬の歴史において、多大なる役割を果たしてきました。日本の代表する競馬場をご紹介いたしましょう。

 

中京競馬場

 

愛知県豊明市にある競馬場で、多くのフラット競馬と障害競走が行われます。総収容可能観客数は58,400人で、そのうち8,795の座席数を有します。中京競馬場前駅が、この競馬場に最も近い駅となります。

 

2021年に中京競馬場で開催される予定のレースは次のとおりです。

  1. スポーツニッポン賞京都金杯 (G3)- 1月5日
  2. 愛知杯(G3)- 1月6日 
  3. 日経新春杯 (G2) - 1月 17日 
  4. 東海テレビ杯東海ステークス (G2) - 1月 24日
  5. シルクロードステークス (G3) - 1月 31日 
  6. きさらぎ賞 (NHK 賞) (G3) - 2月7日 
  7. 金鯱賞 (G2) - 3月14日 
  8. 中日スポーツ賞 - 3月20日 
  9. ファルコンステークス (G3) - 3月20日 
  10. 高松宮記念 (G1) - 3月28日 
  11. 京都新聞杯 (G2) - 5月8日 
  12. 都大路ステークス (J-G2) - 5月15日
  13. 平安ステークス (G3) - 5月22日 
  14. 葵ステークス (L) - 5月29日
  15. 鳴尾記念 (G3)- 7月5日   
  16. 産経賞セントウルステークス (G2) - 9月12日 
  17. 阪神ジャンプステークス (J-G3) - 9月18日 
  18. 関西テレビ放送賞 - 9月19日 
  19. ローズステークス (秋華賞トライアル) (G2) - 9月19日
  20. 神戸新聞杯 (セントレジャーステークストライアル) (G2) - 9月26日 
  21. シリウスステークス (G3)-  10月2日 
  22. チャンピオンズカップ (G1) - 12月5日 
  23. 中日新聞杯 (G3) - 12月11日 

 

中山競馬場 

この競馬場は千葉県船橋市にあります。 多くの障害物競走やジャンプ競馬イベントが行われる場所です。 利用可能なジャンプコースの構成が大変多くあり、この点が他のコースとは異なります。また、ふたつの最も難しいジャンプレースを開催することで有名です。残念なことに、あまり使用されていません。

 

2021年に中山競馬場で開催される予定のレースは次のとおりです。

  1. 日刊スポーツ賞中山金杯 (G3) - 1月 5日 
  2. フェアリーステークス (G3) - 1月 11日 
  3. 京成杯 (G3) - 1月 17日 
  4. アメリカジョッキークラブカップ (G2) - 1月 24  日
  5. 中山記念 (G2)- 2月28 日
  6. 夕刊フジ賞オーシャンステークス (G3) - 3月6日 
  7. 報知杯弥生賞ディープインパクト記念 (2,000 ギニートライアル) (G2) - 3月7日 
  8. ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス (G3) - 3月 13日
  9. フラワーカップ (G3) - 3月20日 
  10. フジテレビ賞スプリングステークス (2,000 ギニートライアル) (G2) - 3月 21日
  11. 日経賞 (G2) - 3月27日 
  12. マーチステークス (G3) - 3月28日 
  13. Lダービー卿チャレンジトロフィー (G3)- 4月3日 
  14. ニュージーランドトロフィー (NHK マイルカップトライアル) (G2) - 4月0日 
  15. 農林水産省賞典中山グランドジャンプ (J-G1) - 4月17日 
  16. 皐月賞 (2,000 ギニー) (G1) - 4月8日 
  17. 紫苑ステークス (秋華賞トライアル) (G3) - 9月11日 
  18. 京成杯オータムハンデキャップ (G3)- 9月12日 
  19.  朝日杯セントライト記念 (セントレジャーステークストライアル)(G2) - 9月20日 
  20. 産経賞オールカマー (G2) - 9月26 日
  21. スプリンターズステークス (G1)- 10月3日 
  22. スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス (G2) - 12月4日 
  23. カペラステークス (G3) - 12月12日  
  24. ターコイズステークス (G3) - 12月18日 
  25. 農林水産省賞典中山大障害(J-G1) - 12月25日 
  26. 有馬記念 (グランプリ) (G1) - 12月26日 
  27. ホープフルステークス(G1) - 12月28日 

 

東京競馬場 

東京都府中市にある競馬場です。 総収容可能観客数223,00人、そのうち座席が13,750席を有し、驚くべき巨大さ誇る「日本競馬の”顔”」と評価されています。 また、世界のレースビデオ画像を視聴できる施設もあります。 その名を「富士ビュースタンド」と言います。 

 

2021年に東京競馬場で開催される予定のレースは次のとおりです。

  1. 根岸ステークス (G3) - 1月 31日 
  2. 東京新聞杯  (G3) - 2月7日 
  3. デイリー杯クイーンカップ (G3) - 2月13日 
  4. トキノミノル記念 (G3) - 2月14日 
  5. ダイヤモンドステークス (G3) - 2月20日 
  6. フェブラリーステークス (G1) - 2月21日 
  7. サンケイスポーツ賞フローラステークス (オークストライアル))(G2) - 4月25 日
  8. テレビ東京杯青葉賞 (日本ダービー トライアル) (G2) - 5月1日 
  9. NHKマイルカップ (G1) - 5月9日
  10. 京王杯スプリングカップ (G2) - 5月15日
  11. ヴィクトリアマイル (G1) - 5月16日 
  12. 優駿牝馬(オークス) (G1) - 5月23日 
  13. 東京優駿(日本ダービー)(G1) - 5月30日
  14. 目黒記念 (G2) - 5月30日
  15. 農林水産省賞典安田記念 (G1) - 6月6日
  16. エプソムカップ (G3) - 6月13日
  17. ユニコーンステークス (G3) - 6月20日 
  18. 東京ジャンプステークス (J-G3) - 6月26日 
  19.  毎日王冠 (G2) - 10月10日 
  20. アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス (G2) - 10月16日 
  21. 東京ハイジャンプ (J-G2) - 10月17日 
  22. 富士ステークス (G2) - 10月23日 
  23. アルテミスステークス (G3) - 10月30日 
  24. 天皇賞(秋)(G1) - 10月31日 
  25. 京王杯2歳ステークス (G2) - 11月6日 
  26. アルゼンチン共和国杯 (G2) - 11月7日 
  27. 東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス (G3) - 11月13日
  28. 東京スポーツ杯2歳ステークス (G3) - 11月20日 
  29. ジャパンカップ (国際招待) (G1) - 11月28日  

 

阪神競馬場

兵庫県宝塚市にある競馬場です。歴史を遡るとこの場所は、第二次世界大戦中に戦闘機を製造していた川西航空機会社が所有していました。 しかし、同社は連合国軍最高司令官(SCAP)から閉鎖を命じられました。

閉鎖数年後1949年に、京阪神京阪株式会社が競馬場を建設。その後、1955年にJRAへ所有権が譲渡されました。芝コースはジャンプコースとダートコースのふたつです。

 

2021年に阪神競馬場で開催される予定のレースは次のとおりです。

  1. 農林水産省賞典京都記念 (G2) - 2月14日 
  2. 京都牝馬ステークス (G3) - 2月20日 
  3. 阪急杯(G3) - 2月8日
  4. チューリップ賞 (1,000 ギニートライアル)(G2) - 3月 6日 
  5. 阪神スプリングジャンプ (J-G2) - 3月13日 
  6. 報知杯フィリーズレビュー (1,000 ギニートライアル) (G2) - 3月14日 
  7. 阪神大賞典 (G2) - 3月21日
  8. 毎日杯(G3) - 3月27日 
  9. 大阪杯 (G1) - 4月4日 
  10. サンケイスポーツ杯 - 4月10日 
  11. 阪神牝馬ステークス (G2) - 4月10日 
  12. 桜花賞(1,000 ギニー) (G1) - 4月11日 
  13. アーリントンカップ (NHK マイルカップトライアル) (G3) - 4月17日 
  14. アンタレスステークス (G3) - 4月18日 
  15. 読売マイラーズカップ (G2) - 4月25日 
  16. 天皇賞(春)(G1) - 5月2日 
  17. マーメイドステークス (G3) - 6月20日 
  18. 宝塚記念 (G1) - 6月7日 
  19. 農林水産省賞典京都大賞典 (G2) - 10月10日  
  20. 秋華賞 (G1) - 10月17日
  21.  菊花賞(セントレジャー) (G1) - 10月24日 
  22. 毎日放送賞スワンステークス (G2) - 10月30日 
  23. KBS京都賞ファンタジーステークス (G2) - 11月6日
  24. みやこステークス (G3) - 11月 7日 
  25. 京都ジャンプステークス (J-G-3) - 11月 13日 
  26. デイリー杯2歳ステークス (G2) - 11月 13日 
  27. エリザベス女王杯 (G1) - 11月 14日
  28. マイルチャンピオンシップ (G1) - 11月 21日 
  29. ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス (G3) - 11月 27日 
  30. 京阪杯(G3) - 11月 28日 
  31. チャレンジカップ (G3) - 12月4日
  32. 農林水産省賞典阪神ジュベナイルフィリーズ (G1) - 12月12日 
  33.  朝日杯フューチュリティステークス (G1) - 12月19日
  34. 阪神カップ (G2) - 12月25日

 

函館競馬場 

北海道函館市にある競馬場です。 2008年と2009年にグランドスタンドの改修のため閉鎖されました。 これによりこの2年間は、すべてのレースが札幌競馬場に移されました。 2010年に再び一般公開されました。ダートと芝のコースがあります。

2021年に函館競馬場で開催される予定のレースは次のとおりです。

 

  1. 函館2歳ステークス (G3) - 7月17 日
  2. 農林水産省賞典函館記念 (G3) - 7月18 日
  3. 北海道新聞杯クイーンステークス (G3) - 8月1日
  4. エルムステークス (G3) - 8月8 日

 

小倉競馬場

福岡県北九州市にある競馬場です。 また、多くのサラブレッドおよびフラットレースイベントが開催される場所でもあります。 このコースは、座席数が1,192席で総収容可能観客数は20,000席です。

2021年に小倉競馬場で開催される予定のレースは次のとおりです。

 

  1. 小倉大賞典 (G3) - 2月21日
  2. CBC賞 (G3) - 7月4 日
  3. プロキオンステークス (G3) - 7月11日
  4. トヨタ賞中京記念 (G3) - 7月18日
  5. 農林水産省賞典小倉記念 (G3) - 8月15 日
  6. テレビ西日本賞北九州記念 (G3) - 8月22 日
  7. 小倉サマージャンプ (J-G3) - 8月28日
  8. 小倉2歳ステークス (G3) - 9月5日

 

福島競馬場

福島市にある競馬場です。 また、東北地方でJRAが所有する唯一のダート&芝コースがあります。 この競馬場の素晴らしい点は、岩谷観音山や福島稲荷神社などの人気観光スポットが近くにあることです。 

2021年に福島競馬場で開催される予定のレースは次のとおりです。

  1. 福島牝馬ステークス (G3) - 4月24 日
  2. ラジオNIKKEI賞 (G3) -  7月4 日
  3. 七夕賞 (G3) - 7月11 日
  4. 農林水産省賞典福島記念 (G3) - 11月14 日

 

新潟競馬場

新潟北区にある競馬場で、ふたつの異なる楕円形のダートと芝コースがあります。 総収容可能観客数は75,000人です。 ジャンプレースもすべてフェンスで行われます。

2021年に新潟競馬場で開催される予定のレースは次のとおりです。

  1. 新潟大賞典 (G3) - 5月9 日
  2. アイビスサマーダッシュ (G3) - 7月25日
  3. 新潟ジャンプステークス (J-G3) - 7月31 日
  4. レパードステークス (G3) - 8月8 日
  5. 関屋記念 (G3) - 8月15日
  6. 新潟2歳ステークス (G3) - 8月29日
  7. 農林水産省賞典新潟記念 (G3) - 9月5 日

 

札幌競馬場

北海道札幌市中央区にある競馬場です。 総収容可能観客数は30,000人、座席数は12,000席です。 この競馬場には芝とダートのコースがあります。 

2021年に札幌競馬場で開催される予定のレースは次のとおりです。

  1. キーンランドカップ (G3) - 8月28日
  2. 農林水産省賞典札幌2歳ステークス (G3) - 9月4日
  3. 札幌記念( (G2) - 9月22日

 

史上最高のジャパニーズ・サラブレッドたち

 

競馬イベントは、騎手と競走馬の優勝コンビなしでは語れません。 信じられないかもしれませんが、優勝馬のほとんどはファンクラブを持っています。 実際、競走馬と騎手が一緒に写っている写真のファングッズがたくさん販売されています。 歴史に残る日本のトップサラブレッドをご紹介しましょう。

 

ディープインパクト

2002年生まれ (2019年死去 )

調教師: 池江 泰郎

馬主: 金子真人ホールディングス(株)

ディープインパクトは、日本国内のG1レースで合計7回の優勝を遂げたサラブレッド種の馬です。 また、ディープインパクトはシンボリルドルフ以来21年ぶり最初の国内無敗三冠王者として評価されています。 しかし、その後ハーツクライに敗れて最初の敗北を経験しました。

 

エルコンドルパサー

1995年生まれ (2002年死去 )

調教師:二ノ宮敬

馬主: 渡邊 隆

エルコンドルパサーは、アメリカ育ちですが、日本で訓練を受けたサラブレッドです。 エルコンドルパサーは、1997年に2歳で優勝した後、翌年にはNHKマイルカップとジャパンカップで優勝しました。 ヨーロッパ最高峰の凱旋門賞で2着の成績を残し、日本代表として大きな役割を果たして引退しました。

 

ナリタブライアン

1991年生まれ (1998年死去 )

調教師: 大久保正

馬主: 山路秀則

ナリタブライアンは、その絶大な人気で20世紀の最高競争馬と評価されました。なぜならば、1994年の三冠すべてで優勝したからです。有馬記念では、他の馬を破って阪神大賞典で二勝しました。 彼はまた、2000年にテイエムオペラオーが彼の記録を超えるまで、世界をリードする賞金王でした。

 

オルフェーヴル

2008年生まれ 

調教師: 池江泰寿

馬主: サンデーレーシング

オルフェーヴルは、2011年の三冠で卓越したパフォーマンスを見せ、この年のホース・オブ・ザ・イヤーとして認められたサラブレッド競走馬です。オルフェーヴルは非常に才能のある馬として有名になりましたが、神経質な性格でも知られています。

 

シンボリルドルフ

1981年生まれ (2011年死去 )

調教師: 野平祐二

馬主: シンボリ牧場

シンボリルドルフは、合計6つのG1レースで優勝した80年代中頃のスーパースターでした。 また、1984年に全米無敗の三冠優勝馬としても知られています。シンボリルドルフは日本史上最高馬として認められることに疑いの余地はありません。

 

現在の世界的な状況にもかかわらず、多くのの競馬ニュースサイトが新しくリリースされたJRAのスケジュールをお送りすることが出来ました。お気に入りの競走馬と騎手コンビの活躍をお楽しみに!