馬について知ろう:競馬場の王様について学ぶ
競馬がお好きですか? 競走馬や世界でどんな種類の馬が人気なのか確かめましょう

自動車やほかの乗り物が発明される前、先祖代々支えてきたものは馬でした。およそ5,000年の歴史の中で、馬は戦争中でさえ、私たちの最高の瞬間に共にいました。馬は旅行や戦闘のためだけではなく、美的目的のためにも利用されていました。

アジア、ギリシャ、ローマなどさまざまな神話の中で、馬は神聖な存在あるいは神と見なされていました。馬は、さまざまな地形を何マイルにも渡って走ることから、美しく優美な生き物とされてきました。過去には馬が戦争の褒美として扱われていたことから、馬は権力と富の象徴としても考えられてきました。

馬が家畜化された時、馬の種と私たちの社会に多大な変化をもたらしました。さまざまな種が特定の活動やスポーツを行うために訓練され、繁殖されました。これは今日の世界で見られる馬に繋がっています。

私たちが愛するようになったチャンピオンの競走馬の血統を見てみましょう。

 

競走馬

 

毎年さまざまなレースに出場する競走馬にはいろいろな種類があります。前述したように、ほとんどの品種は、特別な理由や特定のレースのために育成され、訓練されています。このガイドでは、どの種類の馬がどんなレースで活躍しているのか理解し、学ぶことができます。

ほかにも、レースで一般的に使われていない種類の馬がいます。それらについても後でお話します。

 

サラブレッド

ドバイワールドカップ、2000ギニーステークス、ケンタッキーダービーは、サラブレッドのビッグレースのうちの3つでしかありません。以下のイベントでも同様に走っています。

  1. スノージャンプ
  2. 馬場馬術
  3. スノーハンティング
  4. イベント
  5. ロデオ
  6. ポロ

サラブレッドの体高は、157〜173センチほどです。長い首、無駄のない体躯、引き締まった脚が特徴です。また温厚な血統の馬であることもレースに適している理由のひとつです。

レースに統一性と公平性を持たせるために、馬は年齢に応じてクラス分けされています。馬には誕生日がありますが、南北半球では年齢の数え方が異なります。北半球では、1月1日に年を取りますが、南半球では、8月1日に年を取ります。

牝馬と種馬が交配された1600年代から1700年代に繁殖されました。牝馬は自国から牡馬は異国の地から輸入されました。過去に繁殖に使われた主な種牡馬は3種ありました。ゴドルフィンバーブ、ダーリーアラビアン、バイアリータークです。

現在この品種は、祖先からすると全く新しい品種になっています。競争用に飼育されているので、これらの種牡馬を繁殖させる際には、やはり条件や遺伝子が考慮されます。たとえば、素晴らしい成績を残した馬は、レースを引退した後に繁殖に使われることが多くなっています。

馬には、栗、グレー、パロミノなどの色があり、とてもカラフルです。

 

純血馬

サラブレッド=純血馬と思われがちですが、そうでないことのほうが多いのです。あくまで純血馬 の一例にしか過ぎません。純血馬とは、同じ種の馬2頭から繁殖させたものを指します。

純血馬以外(オートレ・ケ・ピュール・サン)

こちらはサラブレッドではありません。レースによっては、オートレ・ケ・ピュール・サン(AQPS)を見かけることがあります。サラブレットなどに鞍馬などの地場種をかけ合わせたもので、フランスのジャンプレースでは主にこのような馬が出走します。

 

有名馬

その土地の最大のレースで出走することが多いため、ほかの馬よりも名声を得ている馬もいます。以下の名前をチェックして、競馬界にとってどのような存在であるか確認してみてください。

  1. シービスケット(Seabiscuit)
  2. シークレタリアット(Secretariat)
  3. アメリカンファラオ(American Pharoah)
  4. ニジンスキー(Nijinsky)
  5. ファーラップ(Phar Lap)
  6. マンオウォー(Man o’ War)
  7. レッドラム(Red Rum)
  8. マキベディーバ(Makybe Diva)

 

アラブ種

時代を越えて最も古い馬の品種のひとつです。アラブ種は、現在生きているほとんどの馬の祖先である可能性があります。その名の通り、アラビア半島を原産地とし、戦時中は鞍馬として輸送されていました。

彼らの長い寿命と耐用年数は、その特性に基づいています。過酷な気候や環境の中で使われ、長距離のトレッキングや重い荷物を運ぶために訓練されました。このことは、今でもレースでの馬のすばらしいスタミナに見ることができます。

競走馬を繁殖させる際には、アラブ種も欠かせない種として選ばれていました。先に説明したように、サラブレッドを繁殖させた三大種牡馬のひとつでもあります。

アラブ種は、その特徴から簡単に見分けられます。頭部はくさびのような形で、額はほかの種に比べて広くなっています。目と鼻腔は広いのですが、マズルは比較的小さいです。また、首がアーチ状になっていて、尾が高くなっているのも特徴です。

スタミナと長距離移動に適していることから、耐久レースやスポーツで走ることが多いのです。また、富と権力の象徴としても見られ、ショーにも登場します。

  1. アラビアンレーシング
  2. ホルター
  3. 馬場馬術
  4. ショー
  5. コンペティティブトレイル
  6. ライド&タイ
  7. 騎乗オリエンテーション

 

スタンダードブレッド

1700年代に北米で開発され、当初は繋駕競走用に飼育されていました。これは、この種が 大きくて強い肩と後ろ脚が特徴であるためです。

ノーフォーク・トロッターズ、カナディアン・パッカーズ、サラブレッド、モーガンズ、ハックニーなどのほかの多くの品種を繁殖に使用しているので、サラブレッドや純血種馬とは一線を画しています。

当初は、筋肉質で大きな体格を求めて飼育されていましたが、スタンダードブレッドも長い体躯をもっています。競馬では、ペーサーとトロッターの2種があり、繋駕競走などの馬術でも使用されています。

  1. 牧畜
  2. ハントシートライド
  3. ショージャンプ
  4. レイニング
  5. ホースショー
  6. プレジャーライディング
  7. トレイルライディング
  8. 馬車

 

アメリカンクォーターホース

多くのスポーツやイベントで見ることができるこの種は、名前の通り、アメリカで最も人気がある馬です。ほかの国ではほかの品種をレースに使用していますが、アメリカにはこの独特の人気馬がいます。実際、アメリカンクォーターホース協会だけでも500万頭の登録馬 がいます。

馬は、3分の4マイルを走るレースで最も人気があります。スタミナはさておいて、敏捷性と短距離でのスピードで適した種です。

アメリカンクォーターホースは、ほかの品種に比べて、頭部が短くなっています。丸くて頑強な後頭部で、非常に筋肉質です。体高は140〜160センチ。またほかの馬とは違い、さまざまな体色があります。

  1. 競馬
  2. ショー
  3. ロデオ
  4. 牧場

 

冷血種と温血種と半血種

 

馬などの哺乳類は科学的にはすべて温血動物です。このため、これらの用語には戸惑うことがあるかもしれません。しかし、馬には気質や由来を表す特殊な用語があります。

 

温血種

東洋から来た馬で、人間に飼いならされ、育てられた馬の最初の種と密接に関係しています。これらの例としては、アカルテーク、アラブ種、バーブ、およびサラブレッドがあります。

「温かい」とされる馬は、気合が入っていて自信を持っていることが多いのです。調教や課題によく反応するので、スピードレースやスポーツで活躍する馬です。

 

冷血種

寒がりな性格とは裏腹に、実はとても穏やかでおとなしい馬です。その性質 から、農作業や物資の運搬などの肉体労働に使われます。現在では、ショーなどにも登場しています。

これらのタイプの馬は、きつい労働をするために飼育されているので、非常に頑健な馬でもあります。後頭部が短く、筋肉質で体が大きいので、優しい巨人とあだ名されています。

このタイプには、クライデスデール、パーチェロン、シャイアなどが含まれています。

 

半血種

「温かい」馬と「寒い」馬を交配させた馬は、両方の資質を備えています。当初はアラブ種やサラブレッドと交配されたドラフト馬を元に作られました。これにより、アスリートでありながら落ち着きのある馬が誕生しました。気性の良さから主にショーやパフォーマンスで使われます。

 

他のタイプの馬

 

現在、世界中に300種類以上の馬が存在しています。ここでは、その中でも有名な馬の種類をご紹介します。以下で挙げた馬は、場所によって特殊なレースで使用されることもありますが、競馬に限ったことではありません。

モーガン

モーガン種は、バーモント州の公式馬種として歓迎されている、美しく引き締まった馬です。この品種はフィギュアという名前の単一の種牡馬、ベイスタリオンから来ています。

強靭な後ろ脚と歩容のこの種は、以前は農地の除伐や手入れに使われていました。また、モーガン種は、馬車の牽引、馬具レース、アメリカの南北戦争の騎兵隊にも使われてきました。

今日では、走馬、騎乗馬として使用されています。岩場や困難な地形でもかなりスムーズに走り、ショーには十分な優美さを発揮します。

 

アパローサ

また別の美しい馬、アパローサは、天然の色の斑点が特徴的です。スノーキャップ、ヒョウ、まだら模様など特定のパターンがあります。その色相は、狩猟や戦闘のために飼育されていることから来ています。サラブレッド、アラブ種、スタンダードブレッドなどレースに使用される主要ないくつかの馬と繁殖した野生馬が由来と言われています。

現在では、牧畜、プレジャーライディング、長距離トレイルなどに使用されています。バレルレースやポールベンディングなどのイングリッシュレースやウェスタンレースが好きな方には、この種のためのイベントも開催されています。

 

ポニー

公式の競馬で走らなくても、ポニーは人気のある種です。例外もありますが、一般的には成馬でも体高142センチにもなりません。

小柄な体型から、子供向けの乗馬に使用されています。

 

ゲートドブレッド

これらの馬は、主にゆったりとした快適な乗り心地で飼育されている馬です。快適さが期待されているのにも関わらず、彼らは少なくとも中間の速度で走るように訓練されています。散歩馬や山馬がいい例です。

この種は、年配の方やスムーズで歩容のある移動手段を探している方の選ばれることが多いです。

 

テネシーウォーカー

4拍子そろった美しい歩き方で知られる散歩馬です。もともとは、輓馬として使われていましたが、なめらかで優雅な足取りで知られるようになりました。

プレジャーライディングやトレイルライディングのほか、ショーやパフォーマンスでもとても人気のある馬です。脚の動きによって、平足馬とパフォーマンス馬の2種類があります。

前者は一般的な平たい蹄鉄で歩き、後者はビッグリックと呼ばれる特徴的な歩き方をします。

 

グレードホース

これらは特定の品種の馬ではありません。そのため、定義されているような血統に属していません。しかし、他の馬と同じく、すてきに、速く、乗り手に忠実に走ります。グレードホースのもうひとつのいいところは、彼らが純血種として馬を繁殖するときに現れてくる持病がないことです。

 

ドラフトブレッド

ドラフトブレッドは冷血種です。これは、非常に穏やかでありながら、大きな血統の馬の気質を指しています。簡単に怯えることはなく、厳しい寒冷地に適しています。競走馬と同じように輓馬にもさまざまな種類があります。

このため、引き締まった筋肉質な体型を目指して飼育されています。レースで走ることはあまりなく、殆どの場合は、農場や輸送のために使用されています。

 

ペルシュロン

この種は、現在、オルヌ、エウレ・エ・ロワール、サルト、ロワール・エ・シェに分かれているフランスの旧ペルシュ県に由来しています。始めは戦争に使用され、その後農業に従事するようになりました。仕事中の賢さと能力で知られています。

 

ブーロンネ 

白大理石の馬としても知られているこの馬は、灰色の馬としても有名です。近代的なタイプに繁殖される前は、さまざまなな色でした。現在でも栗毛と黒の種類があります。

農場、市場、都市での重労働に従事しています。この品種は、食肉用としても飼育されています。