日本の優秀馬ダノンスマッシュと共に疾走しよう!
日本を代表するサラブレッドの一頭であるのダノンスマッシュについて詳しく知ってその躍進の目撃者になりましょう !

日本には数多くの競馬レースがあり、そのどれもが全国から集まった競走馬たちの運動能力と速さを魅せてくれます。これらのレースは、全国にある競馬場で目にすることができます。競馬を手軽に体験できる環境によって、日本が競馬を愛してやまない国であることを知らしめています。

 

競馬に多大な愛情を注ぐ日本には、日本中央競馬会 (JRA) と地方競馬全国協会 (NAR) という ふたつの競馬運営団体があります。前者は主要なレースを担当し、後者は地方競馬を担当するように組織されました。この2団体の働きで、日本は年間約21,000のレースを開催することができます。

 

競馬ファンは、たくさんの優秀競走馬が飾る日本各地の競馬場からレースを選択できます。最高の調教師と騎手に導かれて、競馬場に現れる馬の中には素晴らしい競走馬の血統を持ってるものがいます。

 

6歳のサラブレッド、ダノンスマッシュは、名を馳せてきた競走馬のなかの一頭です。もし、ダノンスマッシュをあまりご存じないならば、この記事でご紹介する素晴らしいスタリオンに関する興味深い事実に驚くはずです。

 

ダノンスマッシュとはどんな馬か? 

 

ダノンスマッシュは、2015年生まれの日本サラブレッドで、スプリントレースの好成績で特にその名を知られています。 2017年、2歳馬にして印象的な競走馬としてデビュー。その後数年間、優秀な競走馬であり続けています。ダノンスマッシュがトップクラスの競走馬として浮上したのは、2019年のことでした。今日、6歳馬となった今でも見事な競走馬であり続けています。

 

ダノンスマッシュは、額に白星のある牡馬です。2歳で競走馬としてのキャリアをスタートしたダノンスマッシュの馬主は、野田順弘がオーナであるソフトウェア企業株式会社ダノックスで、勝負服の柄は赤と白。キャリア強化のために、レースで一度騎乗したことがある元騎手の安田隆行調教師から徹底的にトレーニングを受けました。そして、KIファームで飼育されました。 

 

血統 

 

ダノンスマッシュの父はロードカナロアで、母はスピニングワイルドキャットです。父であるロードカナロアは、優れたスプリンター・マイラーとして2013年の日本馬オブザイヤーを受賞し、ダノンスマッシュはこのロードカナロアの最初の産駒です。日本の三冠王のアーモンドアイ、サートゥルナーリアやタガロアもロードカナロアの血統です。

 

ダノンスマッシュの母、スピニングワイルドキャットはケンタッキー州で飼育された牝馬で、米国のマイナーレースでの優勝経歴があります。彼女はまた、ブリーダーズカップ・マイルの勝者、ウォーチャントの異母姉妹でもあります。スピニングワイルドキャットの母は、いくつかの有名なレースで優勝した人気競走馬のハリウッドワイルドキャットです。

 

ダノンスマッシュの父の父キングカメハメハで、日本で最も人気のある複数の賞を受賞した馬の一頭であり、優秀な母と父を持っています。また、交配相手、ダノンスマッシュの父の母であるハードスパンは、2007年のケンタッキー ダービーで2位に終わり引退しています。

ダノンスマッシュの血統を知ることで、素晴らしいレースの数々の理由が彼の血の中にあることを人々は知るはずです。

 

レース歴

 

前述のように、ダノンスマッシュは彼のキャリアにおいて既に多くのレースで優勝しています。執筆時点で、彼は23戦11勝 [11-4-1] の驚くべき記録を保持しています。また、キャリアにおいて合計584,353,000円と12,540,000香港ドルを稼いでいます。合計すると、ダノンスマッシュの獲得賞金は合計770,600,500円になります。

 

ダノンスマッシュが参加したすべてのレースを詳しく見てみましょう。

 

2歳(2017年)

  • ダノンスマッシュは、2歳のときに競走馬としてキャリアをスタートさせました。彼は、新馬戦でデビュー戦レースを2着でフィニッシュ。このレースは、9月2日に新潟競馬場の1400メートルコースで行われました。

 

  • デビュー戦から3週間後、阪神競馬場の同距離で行われた初戦で初優勝を飾ります。

 

  • 続く京都競馬場で行われた10月のもみじステークスも3馬身差で快勝しました。

 

  • 12月に行われた朝日杯フューチュリティステークスのG1クラスで彼はで急上昇します。このレースは阪神競馬場で1600メートルの距離で開催されました。このレースでは出遅れが響いて5着に終わりましたが、2歳馬として素晴らしいレースでした。

 

3歳(2018年)

  • 3月17日、ダノンスマッシュは3歳馬になって初のレースに望みました。中京競馬場の1400メートルで開催されたグレード3のファルコンステークスで一番人気としてスタートしました。しかし、レース全般で後方から抜け出せず7着でレースを終えました。

 

  • 4月には、阪神競馬場の1600メートルで行われたアーリントンカップに参加。このレースでは、優勝したタワーオブロンドンに2馬身半遅れ、ダノンスマッシュは5着と振るいませんでした。

 

  • 5月には東京競馬場でG1レースのNHKマイルカップに出場。このレースで、ダノンスマッシュは2番手のポジションでレースを先行しますが、最終的には7着でレースを終えました。

 

  • 7月、ダノンスマッシュは函館競馬場で開催された函館日刊スポーツ杯に出走。スプリント路線に戻ります。

 

  • 翌月、彼は初めて古馬と混ざってのレースに出走します。札幌競馬場で開催されたグレード3のキーンランドカップです。ダノンスマッシュは、このレースで5歳のナックビーナスに次ぐ2着でフィニッシュしました。

 

  • 3歳馬としてのダノンスマッシュ最後のレースは、京都競馬場の1200メートルで行われたグレード3の京阪杯でした。北村祐一騎手がダノンスマッシュの手綱を握りました。先頭集団の後ろに着いてレースをスタートします。その後ストレートでダノンスマッシュがリードし、7歳の古馬から1馬身3/4で勝ちました。

 

4歳(2019)

  • ダノンスマッシュ、4歳馬の最初のレースは、グレード3のシルクロードステークスでした。このレースは1月27日に中京競馬場で1200メートルで開催されました。レースでは、北村騎手が再び騎乗。ダノンスマッシュ と北村騎手は、5位に付けてレースをスタートし鋭く伸びて差し切り勝ちを収めました。2着馬を2馬身1/4離してレースを終了しました。

 

インタビューで安田調教師は、ダノンスマッシュがストレッチになって心配になったと語っています。また、このレースには負けると思ったと正直に話しました。そして、ダノンスマッシュが改善し続けることへの高い期待を表明しました。

 

  • 3月には、中京競馬場での高松宮記念のG1レースに参戦。このレースでは、ダノンスマッシュが本命でしたが、他の候補馬であったミスターメロディ、セイウンコウセイ、そしてショウナンアンセムに続いて4着で終えました。

ダノンスマッシュは、5か月間レースから姿を消しました。復帰した時、川田将雅騎手が次の2レースを引き継ぎました。

 

  • 素晴らしきスタリオンは、8月25日のキーンランドカップへの2回目の挑戦のために戻ってきました。ダノンスマッシュは、6番手に落ち着いた後ストレートでリードし、ライバルのタワーオブロンドンを3/4馬身差で抑えて勝ちました。

 

  • 5週間後、ダノンスマッシュは、中山競馬場のG1スプリンターズステークスの一番人気としてスタートしました。このレースで、彼はリーダーを超える事ができず、タワーオブロンドンとモズスーパーフレアに次ぐ3着でフィニッシュしました。

 

  • ダノンスマッシュ、2019年最後のレースは日本では行われませんでした。香港の沙田競馬場に送られたためです。ダノンスマッシュは、12月9日に香港で行われた香港スプリントに参加しました。12頭立てのこのレースで、ダノンスマッシュは8着でレースを終えました。

 

5歳(2020)

  • 5歳馬での初レースは、3月7日中山競馬場のG3オーシャンステークスでした。4番手と出だしは悪いものの、その後ストレートでリード、2着馬に1.5馬身差をつけて勝ちました。このレースも川田騎手が騎乗しました。

 

  • 次のレースは4月29日に行われました。高松宮記念に出走するのはこれが2度目です。ここでは、彼は3番人気で出走しましたが、期待に答えることはできませんでした。レース終盤、直線で伸びを欠き、クリノガウディーに次ぐ2着でフィニッシュしました。

 

しかし、1着のクリノガウディーが走行妨害のため4着へ降着したため、物議を醸すレースとなりました。結果、2着のモズスーパーフレアが繰り上がり優勝しました。

 

  • 5月に、ダノンスマッシュは東京競馬場で1400メートルG2の京王杯スプリングカップに参加しました。このレースで鞍上を務めたのは、オーストラリア人のダミアン・レーン騎手でした。彼はタワーオブロンドンに次ぐ2番人気でスタートしました。戦術を変えることでリードを取り、ステルヴィオから1.5馬身差で勝ちました。

 

  • ダノンスマッシュ、2020年での次のレースは、6月7日に開催された安田記念の1600メートルでした。彼はレース中にリードを取りましたが、最後の200メートルで疲れていました。その結果、グランアレグリアが優勝、ダノンスマッシュは8位に終わりました。

 

  • ダノンスマッシュは、3か月の夏休みを取りました。休み明け、9月13日に中京競馬場でG2のセントウルステークスのコースに戻りました。ここでの鞍上は、三浦皇成騎手でした。ダノンスマッシュは終盤でアドバンテージを得る前に4番手に落ち着きました。彼はリードを取り、2着メイショーグロッケから1馬身差をつけて勝利、3着はミスターメロディーでした

 

  • 翌月、ダノンスマッシュはスプリンターズステークスで2度目の出場を果たしました。このレースでは、ストレートで良い状態を保ち、2着でフィニッシュ。勝者のグランアレグリアに2馬身差で破れました。。

 

  • ダノンスマッシュにとっての2020年最後のレースは、再び香港スプリントで行われました。このレースの鞍上は、ライアン・ムーア騎手でした。ダノン スマッシュはミドルディビジョンでレースをした後、アウトサイドで急速に追い上げて最後の200メートルでリードを奪いました。

 

安田調教師はインタビューで、コロナ禍の制限により試合を生で見ることができなかったと語りました。それでも、彼は多くのお祝いのメッセージを受け取ったと言い、ダノンスマッシュの勝利を喜びました。

 

6歳(2021年)

  • コロナ禍の影響で、馬でさえ検疫に行かなければなりません。香港スプリントでの勝利の後、ダノンスマッシュは隔離されました。3月28日にトラックに戻って高松宮記念に参加しただけで、準備のレースはまったくありませんでした。この状態で川田騎手が騎乗し、2番人気としてスタートしました。

 

モズスーパーフレアがペースを上げたため、ダノンスマッシュは10番手で外側に位置しました。その後、フィニッシュラインから最後の100メートルで先頭集団に加わります。驚いたことに、ダノンスマッシュはレシステンシアにクビ差をつけて、日本で初のG1のタイトルを獲得しました。

 

  • 翌月、ダノンスマッシュはチェアマンズスプリントプライズのグループ1に参加するため、3 回目の香港訪問を行いました。このレースで勝つチャンスは、ほとんどありませんでした。結果は、4歳馬のウェリントン次ぐ6着でした。

 

まとめ:主な勝利

 

繰り返しになりますが、ダノンスマッシュによって達成された主な勝利を見てみましょう。

 

  • 京阪杯(2018)
  • シルクロードステークス (2019)
  • キーンランドカップ(2019)
  • オーシャンステークス(2020)
  • 京王杯スプリングカップ(2020)
  • セントウルステークス (2020)
  • 香港スプリント(2020)
  • 高松宮記念(2021)

 

ダノンスマッシュの経歴を見ると、この6歳馬はすでに多くのことを成し遂げていると言えます。日本競馬での優勝馬であることに加えて、その潜在能力は国際的にも高く評価され、香港での有名レースへ招待され続けています。

 

ダノンスマッシュの素晴らしい競走馬の血統が影響しているかどうかにかかわらず、彼が名声を上げているということは間違いありません。ですから、競馬ファンの皆さんは、最新のアップデートをしっかりチェックし、今後のレースでダノンスマッシュのキャリアがどこまで躍進するのかを見定めなければいけません。