競馬に関する日本での課税
日本における競馬に関わる税金について、そして自分自身で税金を計算する方法を学びましょう

競馬は、世界中で最も人気のあるスポーツのひとつです。そして競馬は、ギャンブルとして考慮すると、恐らく最も多くの例外があるスポーツと言えるでしょう。現代においても、多くの人々はまだ馬に賭けるという考えに眉をひそめがちですが、他のスポーツのブックメーカーとは異なり、競馬は多くの国の法律で認められています。

競馬への賭けが、全て合法であると言っているのではありません。競馬への賭けは、税金と年齢制限によって規制されています。これは、アルコールやニコチン製品が依然として「普通」に売買されていることと同じ理由です。競馬以外にも日本で承認されている他の公的なギャンブル活動がありますが、このルールはそれらすべてのレースに当てはまります。競馬以外の公営ギャンブルには競艇、競輪、オートレースなどがあります。

日本中央競馬会(JRA)での史上最高賞金額は、2019年2月に授与された4億7,000万円でした。残念なことに、この勝利者は税金のために賞金全体を受け取ることができませんでした。ここで知っておきたいことは、彼らが支払う必要のある税額と、その税額がどのように計算されていたのかということです。

 

一時所得税

 

競馬チケットの払い戻しや報酬は、所得税の対象となります。平均的な競馬の観客が獲得した賞金は、「一時的な収入」または「雑収入」に分類されます。これは、日本の法律に従って「所得税」に該当します。この種の分類は、競馬愛好家の悩みであり同時に恩恵ともなります。競馬による収入は合法ですが、課税のため通常すべての賞金を自分で受け取ることはできません。

「一時的な収入」とは、定期的に受け取ることが保証されていない収入と定義されます。保険の解約返戻金やその他の賞金も該当します。一方、「その他の収入」は、投資、副業、仮想通貨、手当などからの利益を指します。

 

一時的収入とその他の収入の違い

あなたの収入が分類される時、あなたの支出習慣について厳しく定義されますが、両方の分類には共通点があります。 「一時的」および「その他」の収入は両方とも、年間収入として課税されます。つまり、ブックメーカーにアクセスするたびに税金を支払うことを心配する必要はありません。購入した負けた馬券もカウントされません。あなたの報酬だけが税金の対象として計算されます。

賞金自体は標準的にで「一時的な収入」と見なされ、税金は賭け1回ごとではなく、獲得した賞金の合計から計算されます。 例えば6月に50万円、翌月に25万円を勝ち取った場合、一時収入は75万円になります。税金はこの合計額75万円から計算されます。

ギャンブラーとしての行動が投資家の行動と非常に類似している場合、賞金は「雑収入」と見なされることがあります。競馬は一般的に娯楽の手段であるため、「雑収入」と見なされる可能性はそれほど高くはありません。とはいえ、この結果を回避する最善の方法は、定期的にブックメーカーを訪れないようにすることです。

誰もあなたを監視してはいないので、心配の必要はありません。この分類は、該当年度1年間の税金を計算します。最初の基準は、毎週または毎月の馬券の購入です。 ふたつ目は、馬券ごとに支払う金額です。馬券ごとに一定の範囲内で資金を費やしている場合、政府はこれを趣味ではなく投資行為と見なします。これは、1日に購入する馬券の数にも適用されます。

雑収入を決定する方法の規則は、行動パターンを調査するためのものであるため、意図的に不明確にされます。これを回避する最善の方法は、あなたの費用と賞金に対して真剣になりすぎないことです。競馬はスリル満点の趣味としてのみ扱われるべきであり、エンターテインメントの主な根源ではありません。そのような考え方で遊ぶのがより安全であり、それが政府が維持しようとしていることなのです。

 

年収の計算方法

 

雑収入と一時収入は、どちらも予め定められた計算式で算出されます。賞金がどのように分類されるかは、年末までに支払わなければならない税金の計算に、他のどの収入源が加算または減算するかが影響します。一般的な式は次のようになります。

(収入 − 経費 − 500,000円)÷ 2 =課税額

「収入」とは、競馬で勝った払い戻し報酬の額を指します。これは、価値に関係なくすべての報酬をカウントします。 「経費」とは、馬券の購入に費やした金額のことです。

たとえば、通年で合計1,000,000円を獲得したとします。しかし、異なる日に購入したすべての馬券に20,000円以上を費やしました。 1,000,000円は収入で、20,000円は支出です。 500,000円は、政府が国民に支払うべき税金を減らす控除額です。そしてこの半分が、年間所得税として支払う必要のある税額となります。この例の場合、式は次のようになります。

(1,000,000円 − 20,000円 − 500,000円)÷ 2 =240,000円

この場合、年間の一時所得税として240,000円を支払う必要があります。つまり100万円の収入のうち、760,000円しか受け取れません。まだまだ莫大な受け取り額ではありますが、計算式によってこのように税金が引かれてしまう訳です。

これは、複雑な税率を単純化したものです。一般的な公式で、競馬に限定されるものではありません。 「一時的な収入」に分類されるその他の収入がある場合は、それらの収入と支出も含める必要があります

 

課税控除

 

税金を払わずに済む場合があります。 なぜならば課税される、あなたの収入に対して上限があるからです。

 

課税される最低所得

課税される最低所得は50万円です。 課税所得は、単に収入から支出を差し引いたものです。収入の合計金額が500,000円以下の場合は、税金を支払う必要はありません。 このルールは他の収入にも適用されます。

たとえば、賞金が700,000円になって、馬券の購入に合計200,000円を費やした場合、計算式は次のようになります。

(700,000円 − 200,000円 − 500,000円)  ÷ 2 = 0

「経費」には、年間を通じて購入して外れた馬券も含まれます。 つまり、年末までに獲得した500,000円の賞金をすべて自分のものにできることになります!

報酬を一時的な収入の限度内に押さえたい理由

賞金を「一時的な収入」以下に保つと、500,000円の賞金を課税されることなく受け取れます。競馬の払い戻しが唯一の一時的な収入源である可能性はありますが、通常それが、その他の収入がない唯一の収入源であることは稀でしょう。

政府がギャンブルの習慣を、遊戯ではなく投資行為と認識した場合、他の収入と支出を計算する必要があります。 あなたが運のない投資家であるなら、収入よりも多くの費用を出すことになります。これは、税金を支払う必要がないことを意味しますが、収入の少ない残念な年を過ごしたことも意味します。 この場合、あなたは知らないうちに、定期的な収入を利のない投資に費やしてしまったことになります。とはいえ、生活していく上であなたは、できる限り日本の平均課税所得である年収400万円を稼ごうと思うはずではないでしょうか。

 

最大限の損失を免れる方法

収入が課税額に達するのを避ける方法は多くありません。 収入額を抑えるために、できる限り少ない活動をしたいと思うでしょう。 賭けから離れ、あなたの時間と注意を仕事や友人、家族に集中できるならば、より効果的でしょう。ただし、これはあなたが賭けから離れることを保証するものではありません。 しかし、それらはギャンブルに溺れないようにするための適切な考え方を与えてくれるはずです。

スポーツ観戦は常に楽しいものです。 「競馬を楽しみましょう」というようなスローガンをたくさんのブログで見かけるはずです。この活動をあなたの主な収入源にしないでください。 友人や家族がいたとしても、必ずしも経済的に支援できるわけではありません。 賭けることばかり考え、利益と損失の内訳について毎日心配することは人生の時間を無駄にします。

 

賭けをする際に注意すべきこと

 

ギャンブルは危険なこともあります。 多くの人々は彼らの支出の習慣にルーズになりがちです。そして政府はそれを規制したいと考えます。これは買い物客が陥る危険と同じですが、ギャンブルとの違いは、政府が私たちの生活のためのショッピングに関する行動を規制できないことです。 ショッピングは通常、生活に必要な行為であり、その行為が過剰になるだけだからです。 一方、競馬の賭けは観客を賭けに夢中にし熱狂的にする娯楽です。 以下は、賭けをすることにおいて責任ある市民として避けたいいくつかのことです。

 

中毒性

気晴らしとしての競馬を逸していることに気づかない人がいます。 「良く働き、より良く遊ぶ」という現代のことわざがあります。つまり、自分をサポートするために働くと同時に、人生を楽しむ必要があるという考え方です。しかし、多くの人々は、あまりにもハードにプレイし、仕事を完全に無視してしまいます。

余暇をすべて、エンターテインメントだけに費やしてしまうのも良くないことです。通常、人間は3つのことに時間を割り当てる必要があります。仕事、自己、社会生活です。仕事とは、自分自身と自分の義務をどのようにサポートするかです。自己はあなたの趣味とリラクゼーションについてです。これには競馬の賭けが含まれます。社会生活とは、どちらの形の関係も指します。3つ目の社会生活は、これら3つの中で最も一般的に無視されがちな項目です。前述の3つの側面に賢く時間を割り当てて、健康を維持してください。

 

脱税

脱税はすべての国で大きな犯罪と位置づけられています。もちろん殺人ほどではありませんが、数年間刑務所に入れられ、罰金が科せられます。あなたには国民として、納税することで国を支援する責任があります。国は、国民が脱税を避けて透明性を促進するために、税金を計算できるシステムを採用しています。

税務調査を妨害する行為も罰せられます。脱税の刑期と罰金率は納税者の種類によって異なります。税務監査の妨害は通常、約1年の懲役または50万円の罰金が課されます。

 

自暴自棄

これは、人が人生で落ちる最低の状況です。中毒に陥り、多くの人がこの状況にはまってしまいます。レースの結果が、人生のステータスに大きな影響を与えると人々は信じています。良くも悪くも多くの場合、それは事実です。

必死でギャンブルを始めると、サポートしきれないほどの費用が掛かります。 1週間食いつなぐことが保証されていないお金に投資するよりも、今夜の夕食を購入することを保証するために、そのお金を節約する方が良いはずです。必要なお金は、賭けないでください。賭けるのは、あなたにとって余裕のある資金だけにしてください。

 

競馬を楽しい趣味としておく方法

 

観客としてスポーツを楽しむための最良の方法は、出費や収入を気にしないことです。 馬券を購入する時は、馬や騎手をアスリートとして考えてください。 彼らは、あなたに希望を与えるため過酷な鍛錬を積んだ、定評がある認められたレーサーたちです。 彼らがレースについてどれほど熱心か、そして彼らにどのような差があるのかに焦点を合わせます。 このような考え方は、各アスリートの腕前に投資することになります。 あなたの判断が正しければ、あなたは少なからず利益を得られます!  あなたが間違っているなら、それはそれで嬉しい驚きではないですか!

また、馬券に費やすことができる予算を制限しましょう。 設定した予算に達したら、退場するかレースの残りを静かに観戦します。 このような、ルールを設定すれば、収益を予算に追加させることができます。 勝って、より長くプレイしましょう!