ハーネスレース(繋駕速歩競走、けいがそくほきょうそう)とは?
繋駕速歩競走がこんなにわくわくさせる原因を発見!歩法のタイプを学ぶのを通して、一般的な品種をわかるようにします!

ハーネスレース(繋駕速歩競走)とは何か?ハーネスレースで使われる馬の種類だけでなく、出馬する馬がどのような走り方をするのかなどをわかりやすく解説します。



競馬は世界で最も歴史のあるスポーツの1つです。そのため、さまざまな形式の競馬が何世紀にわたって行われてきました。過去の世界に戻ったような競馬を楽しみたいならば、ハーネスレースは知らなくてはならないレースです。

 

この形式の競馬は、 ばんえい競走とも呼ばれている競馬に非常に似ています。しかし、ハーネスレースはヨーロッパなどで人気がある競馬です。ハーネスレースでは、ジョッキーではなくドライバーと呼ばれる騎手がスルキーまたはバイクと呼ばれる2輪車に乗り、それを馬が引き、走ります。

騎手がドライバーと呼ばれるのは、2輪車に乗り、馬のレースを完走させるように操縦するからです。ハーネスレースは、過去のチャリオットレースにも似ていると言われています。

ハーネスレースは、どちらかと言えばヨーロッパの国々で有名な競馬であるため、日本では行われておりません。しかし、その代わりに日本では、ばんえい競走(ドラフトレース)と呼ばれるレースが人気の競馬として存在します。ばんえい競走では、馬がドライバーと重いものを載せた鉄製のそりを引き、台形の障害が置かれた砂面のレースコースを走ります。

 

ハーネスレースに出馬する馬は一定の歩調でレースを走ります。その歩調には、「トロット」と「ペース」と呼ばれる2種類の歩調があります。もちろん、レースを完走し、1着になることは重要ですが、同時にバランスを保ちながら、ドライバーや重たいスルキーを引かなけばなりません。スピードを上げ過ぎると転倒してしまう恐れがあります。そのため、この歩調で走ることが重要となります。

 


トロット

トロットでは馬は、右の前肢と左の後肢(右斜対肢)、左の前肢と右の後肢(左斜対肢)がペア(対)になってほぼ同時に地面に着き、離れる速歩のことを指します。つまり、右の前脚が前に進むのと同時に左の後脚がほぼ同時に進む走り方です。

 


ペース

一方、ペースでは馬は右の前肢と右の後肢(右側対肢)、左の前肢と左の後肢(左側対肢)が(ペア)(対)になる速歩のことを指します。つまり、右の前脚が前に進むと右の後脚が同時に前に進む走り方です。

ハーネスレースでは、馬は一般的にペース歩調で走ります。これは、ペース歩調の方がバランスを崩さずに、そして歩調を乱さずに早く走ることができるとされているからです。ハーネスレースを観る機会がありましたらこのことを覚えておくことは大切かもしれません。

ハーネスレースに出馬する馬には、一般的に馬の脚の同じ側(右前脚と右後脚が一緒に、そして左前脚が左後脚が一緒)が同時に動くことができるようにストラップが装着されます。このストラップはハブルとも呼ばれ、レースをより容易に走ることができるように馬の歩調を補助する役割があります。


レースコース

ハーネスレースは一般的に平坦な野外レースコースで行われます。そのため、馬がスルキーを引きやすいダートコースで行われます。

その他の形式の競馬と同様に、ハーネスレースではレースが開始する前に馬はスタートゲートの後ろで待機させられます。そしてスタートゲートの後ろでは、テープまたは仮のラインの後ろでレースの合図が鳴るまで待機させられます。合図がなり次第、レースが開始されます。

このスタートラインで馬をいくつかのテープの後ろに待機させることでハンディキャップを設けることができます。通常テープの間には10~20メートルの間隔があけられます。このテープの設定位置のことをスタンディングスタートと呼び、ヨーロッパだけでなく、ニュージーランドやオーストラリアで開催されるハーネスレースでも一般的に用いられます。

 

 

ハーネスレースに出馬する馬の品種について

 

ハーネスレースではさまざまな馬の品種が用いられます。しかし、北アメリカなどでは、ハーネスレースに出馬できる馬はスタンダードブレッドの馬でなくてはならない制限が設けられています。

その他、ハーネスレースで用いられる馬には「フレンチトロッター」と「ロシアントロッター」と呼ばれる品種があります。これらの馬はヨーロッパで一般的に使われている馬です。一方、ロシアでは、オルロフトロッターと呼ばれる品種が別のハーネスレースで使われます。同様に、フィンランド種の馬がフィンランド、ノルウェー、スウェーデンで使われます。

 

スタンダードブレッド

スタンダードブレッドはハーネスレースで最も一般的に使用される品種です。スタンダードブレッドは、筋肉質で強い脚と肩を持ち、トロッターとペースの両方に最適な馬であることでも知られています。

 

フレンチトロッター

フレンチトロッターは、ハーネスレースだけでなく乗馬のために育種された品種です。フレンチトロッターは、主にトロット歩調のハーネスレースで見られる品種です。この種類の馬の毛色は鹿毛と青鹿毛で、傾斜した肩が特徴です。

 

ロシアントロッター

ロシアントロッターは、主にロシアで見られる品種です。この種類の馬は、主にトロットのハーネスレースで用いられます。ロシアアントロッターは、原種のオルロフトロッターとアメリカンスタンダードブレッドを交配した交種です。


オルロフトロッター

オルロフトロッターは、そのスピードとスタミナで知られる品種です。ロシア原産の馬で、トロットのハーネスレースでよく使われます。オルトロフトロッターはその特徴的な灰色で区別することができます。


フィニッシュホース

フィニッシュホースまたはフィンホースとも呼ばれ、冷血種のなかでは最も速く、多用途性の品種とされます。フィンランド原産の馬で、ハーネスレース、乗馬、その他にも利用できるため、現地ではユニバーサル馬「万能馬」として知られています。

また、フィニッシュホースは筋肉質で、強い骨と良いひずめ、鹿毛色を特徴とする馬として知られています。

 

どこで賭けるべき?

 

ハーネスレースに賭けることができる最高のブックメーカーをお探しの方は、Gamble.jpの詳細レビューをご覧ください。競馬だけでなく、ランドカジノのレビューや信頼できるオンラインカジノを紹介し、そのレビューも徹底的に解説しています。

 

 

続きを読む: あなたが知っておくべき競馬の種類