More Racecourses
騎手について知っておくべき理由
鞍を置いて勝利のジョッキーはアワード、リスク及びモラを伴っています!

騎手になるための条件、リスクや賞金、推定給料などについてわかりやすく徹底的に説明します。

 

スピードと俊敏性が称賛されることから競馬の世界では馬にスポットライトの焦点が当てられます。しかし、馬の技量が重視される一方、見落とされがちな存在があります。その存在こそが馬がレースを完走するまで、馬の上に乗り、馬を操縦する騎手です。一見、馬に乗ることは簡単に見えることかもしれませんが、職業としてのリスクや責任を考慮した場合、馬に乗ることは、見た目以上に非常に難しいことなのです。

 

騎手になるための条件

 

スピードは、競馬で勝つための必要不可欠な要素です。よりスピードを出すために騎手は軽量でなくてはなりません。騎手の体重は出馬する競馬のレースにより制限されますが、大体108~118lb(49〜53.5kg)位です。騎手は自分の体重を常に管理することだけでなく、自分が乗る、およそ1200lb(544.3kg)の体重があり、40mph(時速64.4km)で走る馬を操作する技術も身につけなければなりません。

騎手の身長に対する制限はありませんが、体重による制限があるため、ほとんどの騎手は背が低く平均的な身長は147㎝~168cm位です。

 

職業リスク

競馬は出馬する馬だけでなく、騎手にもさまざまなリスクが伴います。そのリスクの1つとして、高速で走る馬から落馬することで、重い馬に踏まれる可能性があることなどが挙げられます。

その他、乗馬することにより生じうる障害は、馬に踏まれることによる脳震盪、骨折、関節炎、および麻痺があります。さらに騎手にかけられた体重制限のため、騎手の間では、拒食症のような摂食障害などが一般的に見かけられます。

 

騎手になるためには?

騎手としての職業はほとんどの場合、若い頃から始まります。その理由は、ほとんどの騎手は、見習いの騎手になる前に、調教師と一緒に仕事をするからです。

見習騎手は「バグボーイ」とも呼ばれています。見習騎手が従事する師匠は、彼らが仕える調教師です。見習騎手がレースに出場できるまでに最低20のバリア試験があります。さらに、騎手がレースで馬に乗るとき、通常の体重より少ない体重で馬に乗ることができます。これは、通常経験の少ない騎手を採用するときに調教師が考慮すべき誘因です。

騎手は競馬に乗るために特殊なライセンスを取得します。さらに騎手はすべての競馬に賭けることを禁じられています。また、日本では、一人前の騎手になるには、競馬学校に通い、卒業することが必要とされます。

 


表彰

 

最も称賛される騎手は、世界各地で開催される競馬トーナメントの主催者により賞が与えられます。与えられる賞は、勝利レース、平均レース勝利、すべての競馬レースで獲得した賞金額に基づいたものと最優秀新人騎手があります。

 

最も知られている騎手に与えられる賞は次の通りです。スコビー・ブレスリーメダル(Scobie Breasley Medal)、アベリノ・ゴメズ記念賞(Avelino Gomez Memorial Award)、レスター賞(Lester Award)、ジョージ・ウルフ記念騎手賞(George Woolf Memorial Jockey Award)、日本競馬協会最優秀騎手賞(JRA Award for Best Jockey)

 


日本競馬協会最優秀騎手賞

日本国内の競馬イベントの開催と管理をしている日本中央競馬協会(JRA)は、優秀な馬だけでなく、最も優秀な騎手にも賞を与えます。この最優秀騎手賞は総勝利数、勝率、獲得賞金が最も高い騎手に与えられます。


スコビー・ブレスリーメダル (Scobie Breasley Medal)

スコビー・ブレスリーメダルはメルボルン(オーストラリア)のレーストラックで出場した優秀な騎手に毎年与えられる賞です。レース当日に出場した最も優秀な騎手がレースの幹事の投票で決まり、この賞が騎手に与えられます。


アベリノ・ゴメズ記念賞 (Avelino Gomez Memorial Award)

アベリノ・ゴメズ記念賞は、毎年、カナダで最も功績を残した騎手に与えられる賞です。ただし、この賞は、カナダで生まれ、育ち、5年以上カナダに在住していることが条件で、すべての条件を満たさない限り受け取ることができません。

 

レスター賞 (Lester Award)

レスター賞は、毎年、英国で最も優秀な騎手に与えられる賞です。この賞の表彰は12月に行われます。


ジョージ・ウルフ記念騎手賞 (George Woolf Memorial Jockey Award)

ジョージ・ウルフ記念騎手賞は、毎年、カリフォルニア州のアーカーディアのサンタ・アニカパークで優秀な騎手に与えられる賞です。この賞は、あの有名なジョージ・ウルフ選手と彼の愛馬のシービスケットが銅像を前にこの賞が騎手に与えられます。

 

 

給料

 

騎手は、フリーランス契約のような形で雇われます。すなわち、特定の組織などの配下に縛られるようなことはなく、レースに出場することで給料が払われます。また、レースの勝敗に関係なく、騎手は馬に乗ることで給料が払われます。

しかし、騎手は真の所得を競馬の賞金から受け取ります。賞金は、競馬で1着、2着、3着に入賞した馬に与えられます。そして騎手はその一部を受け取ります。例えば、1着の場合、総賞金額の6%を、2着の場合、総賞金額の1%を、3着の場合は、総賞金額の0.5%を受け取ります。

通常、騎手の年収は、325~430万円です。もちろん、与えられる賞金額は毎回異なるため、獲得する賞金額も変わります。

 

 

有名な騎手

 

競馬の世界で有名な騎手は数多くいます。有名な騎手としてはBill Shoemaker, Lafitt Pincay Jr.,および武 豊(たけ ゆたか)などが挙げられます。

 

ビル・シューメーカー(Bill Shoemaker)

ビル・シューメーカーは29年間で世界最多勝鞍数という世界記録を達成したアメリカの騎手です。騎手として彼は、ケンタッキーダービーをはじめ、ピークネスステークス、そしてベルモントステークスなどさまざまな競馬で優勝してきました。ビル・シューメーカーは騎手生活で偉業の8833勝を達成しました。

 

ラフィット・ピンケイ・ジュニア(Lafitt Pincay Jr.)

ラフィット・ピンケイ・ジュニアは、主にアメリカで活躍したアメリカの騎手です。彼はこれまでで最高の平地競走の騎手として活躍しました。サンタアニカのダービーに続き、さまざまな競馬で勝利した騎手です。彼は騎手として驚きの9530勝を達成しました。

 

豊 武 (ゆたか たけ)

豊 武は2005年にディープインパクトで乗馬し、日本ダービーを含む日本のトリプルクラウンを制覇したことで有名になった騎手です。また英国のジュライカップ、香港カップ、フランスのイスパーン賞など国際的な競馬でも優勝した優秀な騎手でもあります。

 

 

続きを読む: 競馬について知っておくべきことは