小倉競馬場について
小倉競馬場で行われるレースや小倉競馬場のコースなど小倉競馬場についてわかりやすく徹底的に紹介します。

小倉競馬場は日本で収容スペースの小さい競馬場の1つです。この競馬場では20,000人までしか収容できません。さらに座席は1,192人分しかありません。この競馬場は、一般的にオクラ競馬場として知られています。

小倉競馬場は1931年、日本競馬協会(JRA)により設立されました。日本競馬協会は日本国内で行われる競馬または中央競馬の管理と運営を行っております。日本国内の競馬を管理をしていますが、海外で生まれ育った馬でも特定の基準を満たせば出馬することはできます。

レース当日の小倉競馬場の入場料はわずか100円です。この競馬場には、子供のための遊び場や広場、プラザなどがあり子供にも優しい競馬場です。これらの施設に関する利用詳細等につきましては、直接小倉競馬場のホームページでお確かめください。

また、当競馬場には、ギフトショップ、噴水広場、さまざまなエンタテインメントのイベントが行われるステージなどもあります。そして、競馬を観戦しながら楽しめる屋台やレストランなどもあります。

 

 

小倉競馬場の行き方

 

小倉競馬場は、〒802-0841 福岡県北九州市小倉南区北方4-5-1にあります。競馬場へ行く場合、徒歩、電車、バス、タクシーの4つの選択肢があります。

 

電車

福岡から来られるのであれば、福岡駅からJR新幹線、特急、またはJR九州に乗り、小倉駅でおります。16分以内に着きます。(値段)次に小倉駅から市街路面電車に乗り、福岡駅で降ります。これは、10分以内で着き、240円 ~270円です。そこから競馬場まで歩いて4分です。

広島から来られる場合、新幹線に乗り、46分で小倉駅に着きます。これは、5,500円~8,000円です。次にその小倉駅で路面電車に乗り、10分で福岡競馬場前に着きますので,ここで降ります。240円~270円です。そこから競馬場へは歩いて4分です。

福津から来られる場合、福間駅でJR鹿児島線に乗り、1時間5分で小倉駅に着きますので、そこで降ります。700円~ 2,200円です。次にその小倉駅で路面電車に乗り、10分で福岡競馬場前に着きますので,ここで降ります。240円~270円です。そこから競馬場へは歩いて4分です。

 

バス

福岡から来られる場合、博多バス停留所でバスに乗り、小倉駅で降ります。1時間34分かかり、料金は、1,200円~2,100円です。次にその小倉駅で路面電車に乗り、10分で福岡競馬場前に着きますので,ここで降ります。240円~270円です。そこから競馬場ヘは歩いて4分です・

 

タクシー


福岡から来られる場合、競馬場まで46分で、料金は、17,000 円~21,000円です。

北九州から来られる場合、競馬場まで6分で、料金は、1,900 円~2,300円です。

福津から来られる場合、競馬場まで25分で、料金は、12,000 円~16,000円です。

 

徒歩で

歩いて北九州から来られる場合、競馬場まで52分です

 

小倉競馬場のレースコース

小倉競馬場には、最も一般的な競馬の平地競走、ハンディキャップ、障害競走の3つの異なったレースコースがあります。各レースコースはメインの芝コース、ダートコース、そして障害コースの3つです。

 

メインコース

小倉競馬場のメインコースは、芝コースです。芝コースは、平地競走で最も一般的なレースコースであり、また、ヨーロッパの競馬場でもよく見られるコースでもあります。芝コースでは、馬は自らのスピードと俊敏性を短距離で活かすことができます。

小倉競馬場のメインコースである芝コースは、距離と幅がそれぞれ異なる3つのコースがあります。これは、距離が異なる多くの競馬のイベントを行うことができるように設定するためです。

各コースの距離と幅は以下の通りです。

 

コース

一周距離

幅員

A コース

1,615 m

30 m

B コース

1,633 m

27 m

C コース

1,652 m

24 m

 

 

ダートコース

ダートコースは、平地競走で最も一般的に使われているレースコースの1つです。このコースでは、馬は、地面が平坦なので、最大限のスピードで走ることができます。また、日本のダートコースは土ではなく、砂で出来ているため、馬は、日本のダートコースで競走する場合、より大きな脚力が必要となります。

日本は雨が多く、馬場状態が悪くなりがちになるため、土ではなく水はけの良い砂が使用されます。中央競馬が管理するほとんどのレースコースでは、海砂が使われ、地方競馬などのダートコースでは、川砂が使われます。

小倉競馬場のダートコースの距離は1,445メートルで、幅は24メートルあります。

 

障害競走コース

小倉競馬場の障害競走コースは、メインコースと同じ芝コースです。ただし、障害競走では、さまざまな障害物がコースに配置されています。

小倉競馬場の障害競走コースは、距離が異なる2つのラインのレーストラックからなります。障害コースのラインは、Oライン(周コース)とSライン(襷(タスキ)コース)です。

 

障害競走コース

一周距離      

幅員           

Oライン(周コース)

1,724 m

16~20 m

Sライン、(襷(タスキ)コース)

415 m

16~20 m

 

 

小倉競馬場で行われる競馬レース

小倉競馬場は、競馬の開催が日本で最も少ない競馬場です。年に5つの競馬イベントが開催されます。ほとんどのイベントはハンディキャップの平地競走で、障害競走が1回だけ行われます。

毎年、小倉競馬場で観戦と賭けることができる競馬は次の通りです。

 

レース

グレード

コースと距離

小倉大賞典

グレード 3

芝コース 1800m

小倉記念

グレード 3

芝コース 2000m

北九州記念

グレード 3

芝コース 1200m

小倉2歳ステークス

グレード 3

芝コース 1200m

小倉サマージャンプ

グレード 3 - 障害競走

芝コース 3390m

 

 

続きを読む: 世界で最も人気のある競馬場ト