ラッキーライラックをもっと知ろう
ラッキーライラックについてもっと知りましょう。なぜ、ラッキーライラックは象徴的な競走馬の一頭と呼ばれるのか?その理由と詳細をご覧ください。

本当に驚いてしまいますが、ラッキーライラックは阪神ジュベナイルフィリーズやアルテミスステークスなどのイベントにおいて無敗競走馬の1頭でした。彼女は2017年にJRAから最優秀2歳牝馬にも選ばれています。その翌年、ラッキーライラックは、その卓越したスキルでチューリップ賞も受賞しています。

ラッキーライラックは松永幹夫調教師が訓練、北海道のノーザンファームが飼育し、サンデーレーシングが所有する栗毛の牝馬です。

 

2歳馬のシーズン(2017)

 

ラッキーライラックの初陣は2017年の新潟競馬場でした。驚くべきことに、このレースで他のすべての馬を打ち負かしました。その結果、ラッキーライラックはG3アルテミスステークに参加する資格を得たのです。 

ラッキーライラックは連勝し、同じ年にG1阪神ジュベナイルフィリーズに出場する資格を得ました。リリーノーブルと僅差で競り、最後の200メートルでアドバンテージを得て、半馬身差で勝ちました。

 

3歳馬のシーズン(2018

 

2018年、阪神競馬場のG2チューリップ賞で2回目の出場を果たします。以前の勝利の影響でラッキーライラックはすぐに「一番人気」になり、そのレースではリリーノーブルとマウリーに対して2馬身差で勝ちました。

ラッキーライラックは間違いなく強さと能力を発揮したと、松永調教師は語りました。彼は、ラッキーライラックの自然なスピードと卓越したパフォーマンスで、彼女のスキルを別のレベルに引き上げることを計画していました。しかし、ラッキーライラックにあまりプレッシャーをかけたくないことも明らかにしました。

その後、ラッキーライラックは阪神競馬場での第78回桜花賞で初敗を喫してしまいます。彼女は先頭でスタートしますが、アーモンドアイに追い抜かれてしまったのです。優駿牝馬に参戦した時は着実に進歩が見られたものの、ラッキーライラックは、アーモンドアイとリリーノーブルに次ぐ3位でフィニッシュとなりました。

4か月以上欠場した後、 ラッキーライラックは京都競馬場で秋華賞に参加しました。ウォームアップレースの計画がいくつかありましたが、右後肢の負傷のために見送ったとする報告されていました。その状況で、ラッキーライラックの実力は機能せず、17頭の参加馬のうち9着でレースを終わりました。

 

4歳馬のシーズン(2019)

 

ラッキーライラックは、最近の配線にも関わらず、いまだトップ牝馬の1頭としてリストに上がります。彼女は、2019年のG2中山記念で、初めて牝馬の対決に直面しました。彼女はこのレースで、ウィンブライトに接戦で負けてしまいました。

阪神牝馬ステークスでは、ミッキーチャームがチャンピオンになり、ラッキーライラックは8位でフィニッシュしました。連続した敗退にもかかわらず、ラッキーライラックは依然としてファンの人気を得る競走馬の1頭と見なされました。

夏休みから戻ったラッキーライラックは府中牝馬ステークスに参戦しますが、3着でのフィニッシュでした。ラッキーライラックはこの年最後のレースとして、香港ヴァーズで沙田競馬場に出走。力強いスタートを見せたものの、2着でのフィニッシュとなりました。

ラッキーライラックの血統は次のとおりです。

オルフェーヴル

父の父

ステイゴールド

ライラックスアンドレース

母の父

フラワーアレイ

ブリーダー

ノーザンファーム

 

競走成績

 

ラッキーライラックが、歴史上伝説的な馬であることは間違いありません。彼女は、競馬場で卓越したパフォーマンスを見せた象徴的な牝馬と見なされています。そのラッキーライラックが参加した競馬イベントを、次にご紹介しましょう。

 

アルテミスステークス

アルテミスステークスは、2歳のサラブレッド牝馬のためのG3競馬です。距離は1,600メートルの芝の馬場で、東京競馬場で開催されます。ラッキーライラックは、2017年のこのレースで優勝しました。

 

阪神ジュベナイルフィリーズ

阪神ジュベナイルフィーリーズは、2歳サラブレッド牝馬のレースです。1,600メートル、芝の馬場を持つ阪神競馬場で開催されます。ラッキーライラックは、2017年のこのレースで優勝しました。

 

チューリップ賞

チューリップ賞は、1,600メートルの阪神競馬場で開催される、3歳牝馬のための日本のG2フラット競馬です。このレースは、桜花賞の主要トライアルレースとも見なされています。ラッキーライラックは、2018年のこのレースで優勝しました。

 

クイーンエリザベス2世カップ

クイーンエリザベス2世カップは、3歳牝馬と牝馬のための国際的なG1フラットレースです。京都府伏見区の京都競馬場で、総距離2,200メートル、芝の馬場で開催されます。ラッキーライラックは、2019年と2020年のこのレースで優勝しました。

 

大阪杯

大阪杯は、4歳以上の牝馬牡馬を対象としたG1サラブレッドレースです。大阪杯は、産経大阪杯としても知られています。阪神競馬場の総距離2,000メートル、芝の馬場で開催されます。ラッキーライラックは2020年のこの競馬で優勝しました。

 

札幌2歳ステークス

札幌2歳ステークスは、総距離1,800メートルの2歳馬向けG3サラブレッド競馬です。芝の馬場がある札幌競馬場で開催されます。ノームコアが優勝した2020年のレースで、ラッキーライラックは3着でこのレースを終えました。

 

中山記念 

中山記念は、4歳以上のサラブレッドを対象とした日本のG2フラット競馬です。芝の馬場、総距離1,800メートルの中山競馬場で開催されます。2019年のレースでは、ダノンキングリーが優勝し、ラッキーライラックは2位でフィニッシュしました。

 

府中牝馬ステークス

府中牝馬ステークスは、3歳以上のサラブレッド牝馬と牝馬を対象とした日本のG2レースです。総距離1,800メートルの東京競馬場で開催されます。2019年にスカーレットカラーが優勝し、ラッキーライラックは3位でこのレースを終えました。

 

ヴィクトリアマイル

ビクトリアマイルは、4歳以上の牝馬のサラブレッドを対象としたG1日本のフラット競馬です。通常、東京競馬場の総距離1,600メートルで開催されます。2019年のレースでノームコアが優勝し、ラッキーライラックは4位でこのレースを終えました。

 

阪神牝馬ステークス

阪神牝馬ステークスは、4歳のサラブレッド牝馬と牝馬を対象とした日本のG2フラット競馬です。阪神競馬場の総距離1,600メートルで開催されます。ラッキーライラックが8位でフィニッシュした2019年のレースで、優勝したのはミッキーチャームでした。

 

秋華賞

秋華賞は、3歳牝馬のための日本のG1フラット競馬です。総距離2,000メートルの京都競馬場で開催されます。また、日本における三冠の最終戦でもあります。2018年のレースでアーモンドアイが優勝し、ラッキーライラックは9位でフィニッシュしました。

 

優駿牝馬

優駿牝馬は、3歳のサラブレッドを対象とした日本のG1フラット競馬です。また、東京競馬場で開催される総距離2,400メートルの日本のオークスと見なされています。2018年にアーモンドアイが優勝し、ラッキーライラックは3位でレースを終えました。

 

桜花賞

桜花賞は、3歳牝馬のための日本のG1フラット競馬です。阪神競馬場の総距離1,600メートルで開催されます。これは、イギリスの1,000ギニーに相当します。2018年のレースでアーモンドアイが優勝し、ラッキーライラックは2位でフィニッシュしました。

 

香港ヴァーズ

香港ヴァーズは、3歳以上のサラブレッドを対象としたG1フラット競馬です。総距離2,400メートルの沙田競馬場で開催されます。また、4つの香港国際競馬レースのひとつでもあります。ラッキーライラックが4着でフィニッシュした2019年のレースは、グローリーヴェイズが優勝しました。

 

宝塚記念

宝塚記念は、3歳以上のサラブレッドを対象としたG1フラット競馬です。総距離2,200メートルの阪神競馬場で開催されます。2020年のレースでクロノジェネシスが優勝し、ラッキーライラックは6位でフィニッシュしました。

 

なぜ、馬はカテゴライズされるのか?

 

やや複雑ではありますが、馬はクラス、グレード、グループに分けられます。これは、参加者間で公正な競争が行われるようにするためです。このシステムは、競馬当局がトーナメントを計画およびスケジュールするのにも役立ちます。

馬の様々なクラスの公式評価は次のとおりです。

  1. クラス1:公式評価96以上
  2. クラス2:86から100、91から105、および96から110の公式評価。
  3. クラス3:76から90、および81から95の公式評価
  4. クラス4:66から80、および71から85の公式評価
  5. キャス5:56から7、0および61から75の公式評価
  6. クラス6:46から60、および51から65の公式評価
  7. クラス7:0から45の公式評価

フラット競馬も7つのクラスに分かれています。クラスも3つのグループに分類されます。グループ1のレースは、最高レベルのレースと見なされます。また、さまざまな年齢層に開放されています。

グループ2のフラット競馬は最高クラスではありませんが、それでもトップクラスの競走馬が参加します。最下位の馬が参加するのは、グループ3のフラット競馬です。しかし、それは馬がより高いクラスで資格を得るための足がかりになることもあります。

簡単に言えば、グループ1、グループ2、およびグループ3は、フラット競馬グのクラス1に分類されます。一方、クラス2から7のレースはハンデキャップとして知られており、各馬のランクを調整するために使用されます。

ランクは、最近のパフォーマンス、年齢、性別に基づいたハンデキャップによって馬に割り当てられます。フラットレースには以下のように様々な種類があります。

  1. ヘリテージハンデキャップ:トップレベルのハンデキャップレース
  2. ハンデキャップ:馬の斤量が公式のハンディキャッパーによって決定されるレース
  3. コンディションステークス:ウェイトは年齢と性別によって異なります
  4. クラシファイドステークス:競走馬は、少なくとも3回出走するか、最低1回勝利するか、または定められたレーティングを持っている必要があります
  5. ナーサリーハンデキャップ:2歳馬のハンデキャップレース
  6. ノービス:2勝以上の2歳と3歳馬のためのレース
  7. メイデン:のためのレース
  8. セラーズ:このレースの勝者は公開オークションにかけられます
  9. クレーミング競走 :最大重量制限のあるレースで、レース後に馬を買うことができる場所でもあります
  10. オークション:このレースの競走馬は特定の競売で売られます
  11. アプレンティス・ハンデキャップ:見習い騎手が乗る馬に限定
  12. アマチュア:アマチュア騎手が乗る馬に限定

ナショナルハント競走において、クラス1は3つのグループに分けられます。 グループ1のレースでは、最高の馬が出走します。グループ2のレースでは、エリート競走馬が登場します。 グループ1に比べると下位クラスですが、トップクラスの競争力のある馬もたくさんいます。 グループ3のレースは、最下位クラスの馬が参加します。また、主要なハンデキャップレースも含まれています。 ただし、以前のグレードと比べ、より多くの関心を引き付け、より多くの賞金が支払われることがあります。

ナショナルハントのクラス2から6のレースも、ハンデキャップイベントと見なされます。 ただし、下位クラスのレースにはレーティング制限はありません。

  1. クラス2ハンデキャップ:オープンレース
  2. クラス3ハンデキャップ:120または135の評価の馬が対象
  3. クラス4ハンデキャップ:100または115の評価の馬が対象
  4. クラス5ハンデキャップ: 85または95の評価の馬が対象
  5. クラス6:ナショナルハントおよびその他のハンターイベント

クラスは、様々なタイプのナショナルハントにも適用されます。 以下をご覧ください。

  1. リストされたレース:グループクラスのすぐ下のレース
  2. ハンデキャップチェイス:公式の評価に従って斤量が決定されるレース
  3. メイデン・ハードル:未勝利馬のレース
  4. ノービス・ハードル:どの障害レースでも勝てなかった馬のためのレース
  5. ビギナーチェイス:どのチェイスレースでも勝てなかった馬のためのレース
  6. ジュビナイル・ハードル:3歳馬のためのレース
  7. ノービス・ハンデキャップ:今シーズンの初めに勝てなかった馬のためのレース
  8. ハンターチェイス:ハンターのためのレース
  9. コンディショナル・ジョッキー:条件付き騎手に限定したレース
  10. アマチュア:アマチュア騎手に限定したレース
  11. クレーミングステークス:馬の斤量は価格によって決まります

 

様々な種類の競馬、クラス、グレードがあるので、ラッキーライラックと同様に他の競走馬にもスポットライトが当てられることは間違いないはずです。