障害競走について知るべきこと
ジャンプレースとそのエキサイティングな形を学ぶとき、ワクワクでジャンプします! 異なった奔馬品種に出会いましょう!

障害競走とは何か?また障害競走の形式、障害競走で使われる異なる馬の種類について紹介します。

 

賭けて観戦し、もっと面白い競馬レース競走を探しているならば、障害競走を知る必要があります。障害競走は、その名前自体が物語るように、馬は、障害物、バンパーなどを飛び越えなくてはなりません。しかし、馬は物を飛び越えたりするだけでなく、他のこともしなければならないのです・

この競馬競走では、馬がコースの障害物を乗り越える能力があるだけでなく、スピードも必要とされ、また馬の形態と障害物を飛び越える技術の要点があり、他の競走馬よりも速く障害コースを完走することが求められています。

 

障害競走は、他にもナショナルハントレースとして、ヨーロッパ中のほとんどの国で知られており、この種のレースは馬が障害物を乗り越えるスタミナと能力が試験されます。馬が繊細にかつ正確に飛び越えるのに速さと能力の両方の技術を習得するのにしばらくかかるので、この競走に参加する馬は、平地競走の馬より年齢を重ねていることが多いです。

馬が参加することができる3種類の障害競走があり、それらは、ハードル障害(steeplechaseより小さい障害)、障害、バンパー、そしてハンディキャップです。

 

 

ハードル障害競走

 

ハードル障害競走は、3.5フィートの高さを超える障害物の上を馬が飛び越える競走で、ハードルは、一般的に柔軟なブラシで作られた一連のパネルで、ハードルを飛び越えることができない馬が損傷しないように考慮されています。

ハードル競走の馬は、2マイル(3キロメートル)にわたる距離を完走するのに通常最低8つのハードル障害があります。さらに馬は飛び越えなければならない小さな障害物があり、そのため、ハードル障害競走で競走するのにより速く疾走しなければなりません。

最も技術的に優れているハードル障害の馬または操り手(つまり、騎手)は、ジャンピングで低くかつ効果的なスタイルを取り、馬と騎手がハードル障害の上を飛び越える時に多くの推進力を失わないようにします。

 

 

バンパー障害競走

 

バンパー競走は、障害競走の規則がある平地競走の形の競走です。これは平地競走の経験のない障害競走馬のために作られた競走で、スピードと能力が優先されます。この競走は、平地競走の形を取りますが、バンパー競走は、障害競走の範疇に入ります。

さらに平地競走に参加したことのある馬は、この競走に参加することはできません。この競走は、通常、競馬場の最終レース開催日に行われます。ヨーロッパ諸国では、この競走はまた、ナショナルハント平地競走として知られています。

 

障害ジャンプ競走

障害またはより一般的には障害競走として知られているこの競走は、障害競走の最も一般的な形で、3.2~7.2キロメートル(2~4.5マイル)の範囲の距離でフェンスの上を飛び越えて馬が走ります。

馬が障害の上を飛び越える他の障害物もあり、コースには、水ジャンプ(例えば小川)や馬が通過しなければならない開放溝がある場合もあります。

障害ジャンプ競走のフェンスは、通常約4.5フィート(1.3メートル)の高さで、カンバ材とトウヒ材の混合から作られています。

障害競走に参加する馬は、経験、技術、およびジャンプ能力を習得する時間が必要なので、通常4歳以上の馬が出馬します。

 

ハンディキャップ障害競走

他の形の競走と同様に、この障害競走は、ハンディキャップの形を取ります。これは、より少ない技量のある馬が、より経験と技量のある馬と同等に競走することを可能にします。.

馬は、鞍に負担重量が課せられ、課せられるその重量は馬年齢、以前の障害競走の履歴、コースでの勝利によって異なります。

この種のトーナメントは、競馬に大きな市場がある各国で人気があり、これには日本が含まれ、多くの国内および国際的な障害競走が存在します。最も有名な障害競走のいくつかは、中山グランドジャンプ中山大障害、およびペガサスジャンプステークスです。

  

中山グランドジャンプ

中山グランドジャンプは、日本の障害ジャンプ競走で、毎年4月中旬に中山競馬場で開催されます。この競走に参加する馬は、4歳以上のサラブレッドの馬で、4,250メートルの距離にわたって競走します。

このトーナメントの賞金総額は、2008年に設定されて以来1億5千万円(およそ139万米ドル)で、世界で最も賞金総額の高い障害競走と考えられています。

 

中山大障害

中山大障害は、日本のグレード1の障害ジャンプ競走で、3歳以上のサラブレッドの馬が参加でき、4,100メートルの距離にわたり競走します。

その賞金総額は、1億4千266万円(およそ132万米ドル)です。

 

ペガサスジャンプステークス

ペガサスジャンプステークスは、日本の3つの最も有名な障害競馬競走のうちの1つで、4歳以上のサラブレッドの馬が芝生面の3,350メートルの距離を競走し、参加できる馬の最大頭数は14頭です。

この競争は、毎年中山競馬場で開催され、賞金総額は、3千482万円(およそ32万2千米ドル)です。

 

障害競走のレースコース

障害競馬競走のコースは、平地競走のコースと変わらず、競走を通じてその上を馬が飛び越えなければならない障害物がコースに加えられています。

しかし、障害競走は、他の形態の競馬競走と異なり、競走開始前にスターティングゲートを使用しません。代わりに、馬は、レースコースを横切って延ばされたコム性テープの後ろに待機させられます。一旦テープが除去されると、障害競走馬は、スピードを上げ、障害物を飛び越えます。

 

 

障害競走で使用される一般的な馬の種類

 

障害競走に使用されるさまざまな馬の種類がありますが、障害競走で使用される上位の5つの種類は、サラブレッド、クォーターホース、アラブ種、トラケナー、アパルーサです。

 

サラブレッド

サラブレッド馬は、競馬競走で最も一般的に使用される馬の種類で、スピードと俊敏性の能力で知られています。さらに、サラブレッドは熱血種の馬です。つまり、他の種類と比較して、興奮しやすく、そしてエネルギーに満ちています。

 

クォーターホース

クォーターホース種は、世界で最も頭数が多く、短距離を疾走するその能力のため障害競走でしばしば使われます。これは、障害物の上を飛び越える敏捷性と技術が必要なので重要なことです。

 

アラビア種

アラビア種は、障害競走で使用するのに一番良い種類の1つで、新しい技術に早くかつ良く適応することができる多才な馬の種類です。アラビア種はまた、世界で最も古い馬の種類で、他の種類の馬と交雑するのにしばしば使用されます。

 

トラケナー

トラケナー馬は、温血種で、速くまた他の馬より馬体重が少ないので障害競走に使用するのに一番良い種類の馬の1つです。この馬が上手に調教されると、他の種類よりも高くジャンプし、より速く走ることができます。

 

アパルーサ

アパルーサ種の馬は、ほとんどの障害競走トーナメントで見つけることができる馬の種類で、アラビア種と同様に新しい技術をより早くかつ良く適応することができます。多色な斑点模様の外皮、縞模様の蹄、斑模様の皮膚により簡単に区別することができます。

 

 

どこで賭けたら良いでしょうか?

 

競馬障害レースに賭けることができるさまざまな場所があります。しかし、競馬産業でどこでベストのランドおよびオンラインスポーツベッテングサイトを見つけることができるか迷っているならば、是非Gamble.jpが提供するレビューをご覧ください。ランドカジノとオンラインカジノに関するレビューを提供していますので、自分に似合ったサイトを当サイトからぜひ探してみてください。

 

 

続きを読む: あなたが知っておくべき競馬の種類